センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2015年(平成27年)センター試験英語第2問A「文法・語彙・語法」問1


次の問いの(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の@〜Cのうちから一つ選べ。

問1
Did you make your grandfather angry again? You should (  ) that.
   @ know better than     A know less than
   B make do with        C make up with

【解説】
「おじいちゃんをまた怒らせたの? あなたはそれを(  )すべきです」

@の know better than は「〜しないだけの分別がある」です。頻出イディオムですね。「それ(おじいちゃんを怒らせること)をしないだけの分別を持つべきです」→「怒らしちゃだめだよ」みたいな感じですかね。この選択肢が正解です。

Aの know less than は「〜よりも少ししかわからない」となります・・・が、この選択肢はもしかすると「no less than / 〜と同様に、〜に劣らず」というイディオムと勘違いさせようとしているのかもしれません。no less than は no more than と一緒に、比較の単元では定期テストで必ず出題されるイディオムです。耳馴染みはありますよね。意味は分からないけれど、何か聞いたことがあるなぁ・・・と選んでしまった人がいたかもしれません。

Bの make do with は「〜で間に合わせる」の意味です。ちなみに make do without なら「〜なしで済ます」になります。つまり make do で「なんとかやっていく」という意味になりますね。

Cの make up with は「〜と仲直りする」の意味です。文のつながりから考えて、この選択肢を選んだ人がいたかもしれません。(  )の後ろが him だったら、この選択肢が正解でしたね。ですが、まさか that が「おじいちゃん」を指すわけはありませんから、この選択肢は間違いになります。


【正解】@

2013年(平成25年)センター試験英語第2問チェック問題
センター試験英語過去問トライアル



第2問A「文法・語彙・語法」問2に進む
第1問B「アクセント」問4に戻る
2015年(平成27年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→