センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2015年(平成27年)センター試験英語第4問A「図表読解」問1


 次の文章はある報告書の一部である。この文章とグラフを読み、下の問いの(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の@〜Cのうちから1つずつ選べ。

 Magnet and Sticky: A study on State-to-State Migration in the US

 Some people live their whole lives near their places of birth, while others move elsewhere. A study conducted by the Pew Research Center looked into the state-to-state moving patterns of Americans. The study examined each state to determine how many of their adult citizens have moved there from other states. States with high percentages of these residents are called "magnet" states in the report. The study also investigated what percent of adults born in each state are still living there. States high in these numbers are called "sticky" states. The study found that some states were both magnet and sticky, while others were neither. There were also states that were only magnet or only sticky.

問1
If a state is magnet, (  ).

@ few adults born there have stayed
A few adults living there were born elsewhere
B many adults born there have stayed
C many adults living there were born elsewhere

【解説】
If a state is magnet, (  ).
「もし州がmagnetなら、(  )。」
magnet は「マグネット」・・・磁石・・・「州が磁石」とはどういうことなのでしょう?

本文では第一段落の中ほどに、こうあります。
States with high percentages of these residents are called "magnet" states in the report.
「これらの居住者が高い率の州はそのリポートでmagnet州と呼ばれます」
では「これらの居住者」とはどういう居住者なのでしょう? these が指す内容ですね。指示語がさす内容は、直前の文にあることが多いです。

The study examined each state to determine how many of their adult citizens have moved there from other states.
「どれだけの成人の市民が他の州からそこに移動することを測定するために、その研究は各州を調査した」
ということで、他の州から移動してきた居住者が多い州が magnet州であると分かります。そこから「マグネット」は磁石だから引き付ける・・・人を引き付ける州のことかなぁ・・・と連想できたら良いですね。

ちなみにto以下は不定詞の副詞的用法です。「〜ために」となりますね。またdetermineは「〜を決心する」という意味ですが、「(意味を)正確に決める・限定する」「(範囲・量・方向などを)測定する」という意味もあります。どちらも根っこの意味は同じですね。

では選択肢を見てみましょう。
@ few adults born there have stayed
「そこで生まれた少しの成人しか滞在していない」
A few adults living there were born elsewhere
「そこに住んでいる少しの成人しか他の場所で生まれていない」
B many adults born there have stayed
「そこで生まれた多くの成人が滞在している」
C many adults living there were born elsewhere
「そこに住んでいる多くの成人が他の場所で生まれた」

人を引き付ける州ですから、Cが正解ですね。ちょっと選択肢の意味がややこしいのですが、@は「多くが他に出て行ってしまう」、Aは「他の州から入ってこない」ということです。どちらにしろ魅力がありませんね。

またBは"sticky" statesの話です。本文の続きにこうあります。
The study also investigated what percent of adults born in each state are still living there. States high in these numbers are called "sticky" states.
「その研究は各州で生まれた成人の何パーセントが、まだそこに住んでいるかも調査しました。これらの数が多い州は sticky州と呼ばれます」
ちなみにstickyは「ねばねばする・粘着質の」の意味です。そこから「捕まえたら逃さない」→「外に出ていかない」という意味で使われています。

選択肢のBでは「他の州に出ていかない」とは言っていますが、「他の州から入ってくる」ことは言っていません。ということで選択肢Bの内容は magnet州ではありませんから、正解にはなりませんね。

【正解】C

センター試験英語過去問トライアル



第4問A「図表読解」問2へ進む
第3問C「要約」問3へ戻る
2015年(平成27年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→