センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第3問B「不要文選択」問3


 次の問いのパラグラフ(段落)には、まとまりをよくするために取り除いた方がよい文が一つある。取り除く文として最も適当なものを、下線部@〜Cのうちから一つ選べ。

問3
 
With a little bit of care, your goldfish can live much longer than you might expect. First, choose the largest possible tank you can afford and decorate it with objects such as small rocks and plants. @However, be careful not to put sharp objects in the tank that could harm your fish. Second, feed them only as much as they can eat in a few minutes and immediately remove any leftover food. AYou can soon teach them to eat from your hand. BThe most important thing is to clean the tank and change the water at least once every two weeks. CTo make it easier for the fish to adjust to new water, partial water changes are much better than complete water changes. By doing all these things, you can be sure your fish will survive into their "golden years."

【解説】
まずは第一文を確認します。この第一文の内容が、このパラグラフの中心話題になります。
With a little bit of care, your goldfish can live much longer than you might expect.
「ごく少しの注意があれば、あなたの金魚はあなたが期待するかもしれないよりはるかに長く生きることができる」・・・どうやら金魚の飼いかたの話のようですね。

@However, be careful not to put sharp objects in the tank that could harm your fish.
「しかしながら、魚を傷つける可能性かあるとがったものを水槽に入れないよう気をつけなさい」
that は関係代名詞ですが、先行詞は sharp objects です。関係詞と先行詞の間が空いていますので、少し注意が必要ですね。


文頭に however という逆接の接続副詞があります。この前後の文は逆の内容がきます。ではその前の文を確認してみましょう。
First, choose the largest possible tank you can afford and decorate it with objects such as small rocks and plants.
「最初に、あなたが(金銭的・空間的に)持つ余裕があるできるだけ大きな水槽を選んで、小さな岩や水草のような物でそれを飾ってください」
「岩とかで飾るけどとがったものはダメですよ」ということで、前後のつながりは問題ありませんね。

ちなみに choose the largest possible tank (that) you can afford
you の前に関係代名詞が省略されています。afford は通常 can とともに用いられ「〜の余裕がある」の意味です。今回で言えば(金銭的・空間的に)持つ余裕がある水槽、ということです。

AYou can soon teach them to eat from your hand.
「あなたはそれら(金魚)に手から餌を食べることを教えるでしょう」
BThe most important thing is to clean the tank and change the water at least once every two weeks.
「一番重要なことは水槽を掃除する、そして少なくとも2週間ごとに一度は水を替えることです」
CTo make it easier for the fish to adjust to new water, partial water changes are much better than complete water changes.
「魚を新しい水に合わせるのをより簡単にするために、部分的な水替えの方が完全な水替えよりも良い」

どれも金魚の飼いかたの話ですが、もう一度第一文を思い返してみましょう。
your goldfish can live much longer / 金魚がより長く生きることができる
とありますね。金魚を長生きさせるための話ということを考えると、選択肢Aの手から餌をあげるとかそういうことはどうでももいいですよね。ということで選択肢Aが不要な文ということです。

【正解】A

センター試験英語過去問トライアル



第3問C「要約」問1へ進む
第3問B「不要文選択」問2へ戻る
2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→