センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第3問B「不要文選択」問1


 次の問いのパラグラフ(段落)には、まとまりをよくするために取り除いた方がよい文が一つある。取り除く文として最も適当なものを、下線部@〜Cのうちから一つ選べ。

問1
 
Children between the ages of three and five begin to ask many questions. @The average weight of children around these ages is more than 12 kilograms. AThe way parents handle their children's questions is important. BSome parents may be proud of their children's development and happily answer all their questions. CThis encourages children to use their imagination and become more creative. On the other hand, if parents are not patient enough to answer questions, children might feel that they shouldn't be curious about things. As a result, they may begin to feel nervous about trying new activities.

【解説】
新傾向の問題です。問題文にパラグラフという言葉が出てきました。パラグラフといえばパラグラフリーディング。パラグラフといえばトピックセンテンスです。何のことかわからない人は「トピックセンテンスを見つける」を確認してください。

一言でいうなら、このパラグラフの中心となる話題は、第一文にあることが多いということです。今回の問題ではこの文章がそれに当たります。
Children between the ages of three and five begin to ask many questions. / 三歳から五歳にかけて、子供はたくさんの質問をし始める。

何のことかわかりますか。「何で空は青いの?」「何で海は塩からいの?」「キリンは何で首が長いの?」などなど。子供が親にそういう質問を浴びせる光景を見かけたことありますよね。今回の文章はそれについての話なのです。

それを踏まえて選択肢の文を見ていきましょう。
@The average weight of children around these ages is more than 12 kilograms.
「これらの年齢の子供の平均体重は12kg以上です」

AThe way parents handle their children's questions is important.
「両親が子供たちの質問を操る方法は重要です」
The way (in which) parents handle ・・・のように、関係詞の in which が省略されている形です。

BSome parents may be proud of their children's development and happily answer all their questions.
「ある両親は子供たちの成長を誇りに思い、幸せそうに全ての質問に答えるかもしれない」
・be proud of 〜 / 〜を誇りに思う

CThis encourages children to use their imagination and become more creative.
「これは子供たちが想像力を使い、よりクリエイティブになるのを後押しする」

選択肢ABは第一文の「子供の質問」というテーマに沿った文なので、取り除くのは良くないですね。また選択肢Cですが、その直後に On the other hand, があります。これは「他方・もう一方」の意味で、「同じ物の中の異なる要素、特にその善し悪しを比較するときに使う」のだそうです。

それを踏まえてその見てみると、こうあります。
On the other hand, if parents are not patient enough to answer questions, children might feel that they shouldn't be curious about things.
「他方では、親が質問に答えるのには十分に忍耐強くなければ、子どもは彼らが物事について興味を持つべきでないと思うかもしれません」
これはまさに選択肢Cの内容と比較対照される内容になります。よって選択肢Cも必要。

選択肢@ですが、「子供の平均体重」は今回のパラグラフになくても構わないですよね。むしろ話がぶれてしまうので取り除いた方がよい文となるわけです。

【正解】@

センター試験英語過去問トライアル



第3問B「不要文選択」問2へ進む
第3問A「意味類推」問2へ戻る
2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→