センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第6問「長文読解」B


次の文章を読み、下の問いに答えよ。なお、文章の左にある(1)〜(6)は段落の番号を表している。

Listening Convenience and Sound Quality: Is There Another Priority?

(1) In 1877, Thomas Edison invented the phonograph, a new device that could record and play back sound. For the first time, people could enjoy the musical performance of a full orchestra in the convenience of their own homes. A few years later, Bell Laboratories developed a new phonograph that offered better sound quality; voices and instruments sounded clearer and more true-to-life. These early products represent two major focuses in the development of audio technology─making listening easier and improving the sound quality of the music we hear. The advances over the years have been significant in both areas, but it is important not to let the music itself get lost in all the technology.

(2) Although the phonograph made listening to music much more convenient, it was just the beginning. The introduction of the car radio in the 1920s meant that music could be enjoyed on the road as well. Interest in portable audio really started to take off in the 1980s with the development of personal music players that allowed listeners to enjoy music through headphones while walking outside. These days, we are able to carry around hundreds of albums on small digital players and listen to them with tiny earphones.
(3) Another factor affecting our enjoyment of music is its sound quality. In the 1950s, the term "high fidelity," or "hi-fi" for short, was commonly used by companies to advertise recordings and audio equipment providing the highest possible quality of sound reproduction. Fidelity, meaning truthfulness, refers to recording and reproducing music that is as close as possible to the original performance. Ideally, if we listen to a recorded symphony with our eyes closed, we feel as if we were in a concert hall. Technological advances since the 1950s have resulted in modern recording techniques and playback equipment that allow listeners to come very close to the goals of high fidelity.

(4) Walking into an electronics store today, consumers are faced with an amazing variety of audio technology. Someone looking for a portable system can choose from hundreds of different earphones, headphones, and digital players that come in a range of colors, shapes, and sizes. For audiophiles─music fans who see high fidelity as a priority─a different section of the store features a range of large speakers and heavy components, such as CD players and amplifiers, that often come at high prices. Faced with all this technology and so many choices, music fans often spend at great deal of time researching and making decisions about the right equipment for their listening needs.

(5) Even after the equipment is bought, the advances in audio technology sometimes continue to take consumers' attention away from the music itself. The convenience of portable systems lets people listen to music while doing something else, like jogging in the park or commuting to work. In these setting, music may be partly lost in background noise, making it hard for the listener to concentrate on it. In another case, audiophiles may spend a considerable amount of time and energy testing and adjusting their combination of components to achieve the highest standard of fidelity.

(6) With so much technology available, actually listening to music can sometimes feel like a secondary issue. We are lucky to be able to take our favorite recordings with us on the train to work, but if we listen to music while our attention is focused elsewhere, we miss much of its power. Like wise, although it is good to have access to high-quality equipment, if we worry too much about achieving perfect fidelity, technology itself comes between us and the music. Music is an amazing and powerful art form, and perhaps what is most important is to make time to sit and appreciate what we hear. Thanks to the genius of Edison and other inventors, the beauty of music is now more accessible than ever. It's up to us to stop and truly listen.


B
次の表は、本文の段落と内容をまとめたものである。(  )に入れるのに最も適当なものを、下の@〜Cのうちから一つずつ選び、表を完成させよ。ただし、同じものを繰り返しえらんではいけない。

 Paragraph  Content
(1)  Two goals of audio technology 
(2) (   )
(3) The idea of high fidelity
(4) (   )
(5) (   )
(6) (   )

@ Advances in music listening convenience
A Concerns about the focus of music listeners
B The value of giving music your full attention
C The wide selection of audio products for sale


【解説】
段落ごとのテーマを選ぶ問題です。2012年から同じ形式が続いていますね。基本的には各段落の第一文を確認するとよいです。

まずは選択肢を確認してみましょう。
@ Advances in music listening convenience
「音楽を聴く利便性の進歩」
A Concerns about the focus of music listeners
「音楽を聴く人の興味の中心についての懸念」
B The value of giving music your full attention
「音楽にすべての注意を与える価値」
C The wide selection of audio products for sale
「売っているオーディオ製品の幅広い選択肢」


まずは第二段落の最初の文を確認してみましょう。
Although the phonograph made listening to music much more convenient, it was just the beginning.
「蓄音機は音楽を聴くことをとても便利にしたが、それは始まりに過ぎなかった」
本文の convenient という単語に注目すれば、convenience がある @ Advances in music listening convenience が、この第二段落の Content とわかるかもしれません。念のため続きを見てみましょう。

The introduction of the car radio in the 1920s meant that music could be enjoyed on the road as well.
「 1920年代のカーラジオの導入は道路でも音楽を楽しめることを意味した」
そしてこの後、個人用音楽プレーヤーやデジタルプレーヤー(ipodみたいなもの)の話につながっていきます。便利になってきたという話ですから、やはり選択肢@が第二段落の内容になりますね。

次は第四段落の第一文を確認してみましょう。
Walking into an electronics store today, consumers are faced with an amazing variety of audio technology.
「今日電気店の中を歩くと、客はすごい種類のオーディオ技術に直面する」
本文の an amazing variety に注目すると、同じような意味の The wide selection がある C The wide selection of audio products for sale がこの第四段落の Content とわかりますね。

次は第五段落です。第一文に
Even after the equipment is bought, the advances in audio technology sometimes continue to take consumers' attention away from the music itself.
attention がありますので、
B The value of giving music your full attention が第五段落の内容かと思ってしまうかもしれません。しかしこれが罠です。

本文の訳は「設備が買われた後さえ、オーディオ技術における進歩は時々音楽自体から消費者の注意を奪い続けます」です。選択肢Bの訳は「音楽にすべての注意を与える価値」で、微妙にかみ合っていない気がします。こういう時は次の段落に進んでしまうのがよいでしょう。

第六段落です。まずは第一文を確認します。
With so much technology available, actually listening to music can sometimes feel like a secondary issue.
「多くの技術が利用可能だったら、音楽を実際に聞くことは時々第2の問題のように感じるかもしれません」
少し意味が取りづらい文ですが、要は「いろんな技術に気を取られて、実際に音楽を聴くことが二の次に思えてしまう」ということです。

ここだけ読んでも選択肢AかBか、決めることは難しいです。そこでさらに第六段落を確認していくと、「what is most important is / 最も重要なことは〜です」とあります。ということはこの続きが、この第六段落で(さらに言えばこの文章全体で)筆者が最も言いたいことになるはずです。
Music is an amazing and powerful art form, and perhaps what is most important is to make time to sit and appreciate what we hear.
「音楽は素晴らしくパワフルな芸術形式で、そしておそらく最も重要なことは、座って私たちが聴いたものを鑑賞する時間を作ることだ」

この部分と選択肢A・Bを比べてみます。
A Concerns about the focus of music listeners
「音楽を聴く人の興味の中心についての懸念」
B The value of giving music your full attention
「音楽にすべての注意を与える価値」
となるとこの第六段落は「音楽に集中して聴きましょう。それだけの価値が音楽にはあるんだよ」ということですから、選択肢Bがふさわしいでしょう。

選択肢Aについては concern という単語がポイントでしょうか。concern には「関心事」という意味がありますが、「心配・懸念」という意味もあります。単に関心があるのではなく、「大丈夫かな? まずいことはないかな?」といった気にかけ方ですね。

第五段落では
music may be partly lost in background noise, making it hard for the listener to concentrate on it.
audiophiles may spend a considerable amount of time and energy testing and adjusting their combination of components to achieve the highest standard of fidelity. のように、

「外で音楽を聴くと、周りの騒音で音楽の一部が聞こえない」とか、
「音質にこだわるあまり、機器のセッティングに時間とエネルギーをかけてしまう」という問題点が挙げられています。これが選択肢Aの Concerns にあたると考えられます。よって第五段落が選択肢Aとなります。

【正解】(2)→@ (4)→C (5)→A (6)→B 

この形式の問題は、各段落の第一文で判断するのが基本でしたが、特に第五段落と第六段落はそれでは解けません。むしろ第一文で判断するやり方に頼り切ってしまうと間違えるという結果になります。これはテクニックだけでは解けないように、センター試験出題者があえてしたのでしょう。この傾向はだんだん強まっているように感じますので、注意ですね。もちろん第一文がその段落のトピックセンテンスであることは多いのですが、それだけに頼らないようにすることが大切です。

センター試験英語過去問トライアル



2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→