センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第6問「長文読解」問5


次の文章を読み、下の問いに答えよ。なお、文章の左にある(1)〜(6)は段落の番号を表している。

(6) With so much technology available, actually listening to music can sometimes feel like a secondary issue. We are lucky to be able to take our favorite recordings with us on the train to work, but if we listen to music while our attention is focused elsewhere, we miss much of its power. Like wise, although it is good to have access to high-quality equipment, if we worry too much about achieving perfect fidelity, technology itself comes between us and the music. Music is an amazing and powerful art form, and perhaps what is most important is to make time to sit and appreciate what we hear. Thanks to the genius of Edison and other inventors, the beauty of music is now more accessible than ever. It's up to us to stop and truly listen.


問5
The author's main point in paragraph (6) is that (  ).

@ audiophiles tend to enjoy listening to music on portable devices
A convenience is an important factor in buying audio equipment
B music is the primary consideration, regardless of technology
C portable equipment will likely replace high-fidelity equipment


【解説】
The author's main point in paragraph (6) is that (  ).
「第六段落で、筆者の主要な論旨は(  )」

選択肢を確認してみましょう。
@ audiophiles tend to enjoy listening to music on portable devices
「オーディオ好きは携帯機器で音楽を聴くのを楽しむ傾向がある」

本文に
We are lucky to be able to take our favorite recordings with us on the train to work,
「私たちは幸運にもお気に入りの曲を通勤電車に持っていくことができる」とあります。しかし
この we という代名詞は、世間一般の人々を指しており、audiophiles を指しているわけではありません。

A convenience is an important factor in buying audio equipment
「オーディオ機器を買うときに便利さは重要な要因だ」

先ほど選択肢@の時に確認した本文の内容で、「曲を持っていくことができる」とあります。これは便利ということに関係しているでしょう。しかしその後の文ではこうあります。
but if we listen to music while our attention is focused elsewhere, we miss much of its power.
「しかし私たちの注意がどこかほかに向きながら音楽を聴くなら、音楽の力のほとんどを失ってしまう」
ということで、筆者は便利さに関してあまり肯定的ではないようです。

B music is the primary consideration, regardless of technology
「音楽は技術に関係なく、一番に考えることである」

Music is an amazing and powerful art form, and perhaps what is most important is to make time to sit and appreciate what we hear.
「音楽は素晴らしくパワフルな芸術形式だ。そしておそらくもっとも重要なことは、座って聞いたものを鑑賞する時間を作ることだ」
その前の文にはこうあります。
Like wise, although it is good to have access to high-quality equipment, if we worry too much about achieving perfect fidelity, technology itself comes between us and the music.
「同様に、高品質の機器を利用するのは良いが、もし私たちが完璧な真実性を達成することに悩みすぎると、技術自体が私たちと音楽の間に来る」

少し意味が取りづらい文ですが、要するに「音楽を聴くのに技術を気にしすぎるのは良くないよね」ということですね。問題文・本文ともにやや意味が取りづらいですが、この選択肢が正解となります。

C portable equipment will likely replace high-fidelity equipment
「携帯機器はハイファイ機器に取って代わりそうだ」

これに関しては第二段落に
Interest in portable audio really started to take off in the 1980s with the development of personal music players that allowed listeners to enjoy music through headphones while walking outside.
「携帯型オーディオに対する関心は、外部で歩く間もヘッドホーンによってリスナーが音楽を楽しむことを可能にした個人の音楽プレーヤーの開発とともに1980年代に高まった」とあります。
しかしその後の話からすると、ハイファイ機器は音質にこだわる人に対してニーズがあり、発達したことが描かれてあります。といいますか、これは第二段落の話ですし、問題文にある第六段落にはそのような話は一切書かれてありませんね。

ということで正解は選択肢Bです。しかしこれは@Aは違う。Cは書かれていない。だからBが正解かな? と消去法で選ぶのが実践的でしょう。特にこの問題は、なかなか選択肢B自体が正解だと自信を持って見抜くのは難しそうです。

【正解】B

センター試験英語過去問トライアル



第6問B「長文読解(論説文)」へ進む
第6問A「長文読解(論説文)」問4へ戻る
2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→