センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第6問「長文読解」問4


次の文章を読み、下の問いに答えよ。なお、文章の左にある(1)〜(6)は段落の番号を表している。

(5) Even after the equipment is bought, the advances in audio technology sometimes continue to take consumers' attention away from the music itself. The convenience of portable systems lets people listen to music while doing something else, like jogging in the park or commuting to work. In these setting, music may be partly lost in background noise, making it hard for the listener to concentrate on it. In another case, audiophiles may spend a considerable amount of time and energy testing and adjusting their combination of components to achieve the highest standard of fidelity.


問4
Based on paragraph (5), which of the following is true? (  )

@ Background noise often helps people concentrate on music.
A Portable audio systems tend to create background noise.
B Setting up a hi-fi system can take a great amount of effort.
C The busier people are, the more they appreciate music.


【解説】
Based on paragraph (5), which of the following is true? (  )
「第五段落に基づくと、正しいのは次のどれ?」

@ Background noise often helps people concentrate on music.
「背景のノイズはしばしば人々が音楽に集中するのを助ける」

Background noise といえば、本文に
music may be partly lost in background noise
「音楽は一部背景の騒音の中に消されるかもしれない」とありますが、選択肢@の内容とは違います。

A Portable audio systems tend to create background noise.
携帯オーディオシステムは背景のノイズを生み出す傾向がある

これも background noise に注目して考えると、先ほど選択肢@で確認した本文の
music may be partly lost in background noise
「音楽は一部背景の騒音の中に消されるかもしれない」に関係しています。しかし本文で言っているのは、ジョギングをしながら音楽を聴くと周りの騒音で音楽が聞こえないことがある、ということです。選択肢はオーディオシステム自体がノイズを作ると言っていますので、本文とは内容が違います。よって選択肢Aもダメです。

B Setting up a hi-fi system can take a great amount of effort.
「ハイファイシステムをセッティングすることは、ものすごい量の努力が必要なこともある」

第三段落最終文にこうあります。
In another case, audiophiles may spend a considerable amount of time and energy testing and adjusting their combination of components to achieve the highest standard of fidelity.
「別の場合では、オーディオ愛好家は真実性の標準を最も高く達成するために、相当な量の時間とエネルギーをテストしたりコンポの構成を調節したりすることに費やすかもしれない」

ハイファイシステムというのがどういうシステムだったかが頭に入っていれば、この選択肢で間違いないとわかるかと思いますが、そうでないと少し難しいですかね。この選択肢は保留にして次の選択肢に進むのが実践的ではないかと思います。

C The busier people are, the more they appreciate music.
「人々は忙しければ忙しいほど、ますます音楽を聴くようになる」
【構文】 The 比較級〜, the 比較級・・・. / 〜すればするほど・・・

本文にこのような記述があります。
The convenience of portable systems lets people listen to music while doing something else, like jogging in the park or commuting to work.
ジョギングするときや通勤途中に音楽を聴くという話ですが、これは忙しいから音楽を聴くのではありません。携帯機器の使い勝手が良いので何かしながら音楽を聴くことができるのですね。ということで、この選択肢も違います。

ということで選択肢Bが正解になります。この問題は、選択肢@ACが違うので残ったBが正解というように、消去法で選択肢を絞っていくのが実践的なやり方だと思います。

【正解】B

センター試験英語過去問トライアル



第6問A「長文読解(論説文)」問5へ進む
第6問A「長文読解(論説文)」問3へ戻る
2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→