センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第6問「長文読解」問1


次の文章を読み、下の問いに答えよ。なお、文章の左にある(1)〜(6)は段落の番号を表している。

Listening Convenience and Sound Quality: Is There Another Priority?

(1) In 1877, Thomas Edison invented the phonograph, a new device that could record and play back sound. For the first time, people could enjoy the musical performance of a full orchestra in the convenience of their own homes. A few years later, Bell Laboratories developed a new phonograph that offered better sound quality; voices and instruments sounded clearer and more true-to-life. These early products represent two major focuses in the development of audio technology─making listening easier and improving the sound quality of the music we hear. The advances over the years have been significant in both areas, but it is important not to let the music itself get lost in all the technology.


問1
According to paragraph (1), Bell Laboratories' phonograph could (  ) than Thomas Edison's.

@ be built more quickly and cheaply
A be operated with less difficulty
B play more musical instruments
C reproduce sound more realistically


【解説】
According to paragraph (1), Bell Laboratories' phonograph could (  ) than Thomas Edison's.
「第一段落によると、ベル研究所の蓄音機はエジソンの研究所のものよりも(  )ことができた」

まず phonograph とは何かがですが、本文に
「a new device that could record and play back sound. / 音を記録し聞きかえすことができる新しい装置」とあります。いわゆるレコーダーですね。当時の言い方だと「蓄音機」とするのがいいのかな?

そのあとこのような文があります。
A few years later, Bell Laboratories developed a new phonograph that offered better sound quality; voices and instruments sounded clearer and more true-to-life.
「数年後、ベル研究所はより良い音質の新しい蓄音機を開発した。声や楽器はよりクリアにそしてより実物どおりに聞こえた」

ここが問題の該当部分になります。
true-to-life の部分がビンと来ない人がいたかもしれませんが、まぁなんとなく雰囲気はわかりますかね。仮にわからないとしても、そこは飛ばして clear の部分だけで考えればよいです。

では選択肢です。
@ be built more quickly and cheaply
「より速くそして安く作る」
A be operated with less difficulty
「より簡単に操作する」
B play more musical instruments
「より多くの楽器を演奏する」
C reproduce sound more realistically
「より現実のように再生する」

ということで正解はCです。問題文に「第一段落によると」とありますので、本文の第一段落を読み終わったらこの問題に取り掛かると良いでしょう。くれぐれも本文を全部読み終わってから問題文に取り掛かるなんてことはしないようにしてください。そうするとまず内容は忘れてしまいますからね。

【正解】C

センター試験英語過去問トライアル



第6問A「長文読解(論説文)」問2へ進む
第5問「日記と手紙」問5へ戻る
2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→