センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第2問A「文法・語彙・語法」問6


次の問いの(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の@〜Cのうちから一つ選べ。

問6
Could you (  ) me who is planning Dan's birthday party?
   @ say to   A talk to   B teach   C tell

【解説】
「誰がダンの誕生パーティーを計画しているのか、私に(  )くれませんか」

普通に考えると「私に( 教えて )くれませんか」となりますよね。「教える」なら teach だ、とBを選んだ人がいるかもしれません。しかし、teach は「teacher / 先生」という言葉からもわかるように、「指導する」を意味する「教える」です。「誰がダンの誕生パーティーを計画しているのか、私に( 指導して )くれませんか」とすると、ここに teach を選ぶおかしさがわかるかと思います。

残る選択肢は「言う」系の定番動詞ですね。それぞれの使い分けを確認しましょう。まずはAのtalk からです。女の子が集まってのおしゃべりを「ガールズトーク」と言いますよね。ですから talk は「しゃべる(喋る)」と考えるとしっくりするパターンが多いです。
また talk は基本的には自動詞で使い、「〜についてしゃべる」なら「talk about 〜」、「(人)としゃべる」なら「talk with (人)」、そして今回の選択肢のように「talk to 人 / 人にしゃべりかける」のように、直接「名詞」が置かれるのではなく「前置詞+名詞」の形となります。
「しゃべりかける」というのも意味的に合いませんが、なにより who 以下の間接疑問文が、前置詞なしに置かれているところがおかしいですね。

残るは@ say to とA tell です。この二つの選択肢を見た瞬間に、「直接話法」と「間接話法」の書き換え問題を思い出せればしめたものです。
【例 直接話法から間接話法への書き換え】
Tom said to me, "I bought this bike." (直接話法)
→ Tom told me that he had bought that bike. (間接話法)
このように、 tell は[ tell+A(人)+B(内容) ]の形で「AにBを言う」という意味になります。つまり tell は二重目的語をとることができるということです。上の例で言えば methat he had bought that bike のthat節という二つの目的語を tell はとることができるのです。
同様に問題文も
Could you (  ) me who is planning Dan's birthday party?
のように、mewho is planning Dan's birthday party という間接疑問文の節の二つの目的語(句)がありますから、二重目的語をとる動詞が(  )に入るのではないかと考えられるのです。tell はその条件にぴったりですね。

say についても上の書き換え問題の例を確認すると、ある特徴が見えてきます。それは実際に言っている言葉が後ろに来ているということです。内容ではなく、言葉なのですね。ですから say は「発言する」と考えるとしっくりするパターンが多いです。それを踏まえて問題文の(  )に say to を入れるとどうなるのか考えてみましょう。
「誰がダンの誕生パーティーを計画しているか」と、私に発言してくれませんか・・・といった意味合いになり、この選択肢は間違いだと判断できるのです。
また上の書き換え問題の例で示したように、
→× Tom said to me that he had bought that bike. と、しないことにも注目です。つまり said to 人 の後ろに「節」が来るのは受験英語においては好ましくないようです。(実際には使用されることもあるようですが・・・)そういうことからもこの選択肢は好ましくないと判断ができると思います。

繰り返しになりますが、「tell は二重目的語をとることができる」は超重要。逆に言えば他の「言う」系の動詞は二重目的語を取ることができないのです。これを知っているだけで解ける問題もちょくちょく出ますよ。

【正解】C

2013年(平成25年)センター試験英語第2問チェック問題
センター試験英語過去問トライアル



第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問5
2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→