センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第4問A「図表読解」問2


 次の文章はある報告書の一部である。この文章とグラフを読み、下の問いの(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の@〜Cのうちから1つずつ選べ。

 There other extreme examples also appear in Figures 1 and 2. The first is Nevada, where the high proportion of adult residents born out of state makes this state America's top magnet. New York is at the opposite end of the magnet scale, even though it is attractive to immigrants from other nations. The third extreme example is Texas, at the opposite end of the sticky scale from Alaska. Although it is a fairly weak magnet, Texas is the nation's stickiest state.

2014年センター試験第4問A

問2
Which three states are represented in Figures 1 and 2 as (A), (B), and (C)?

@ (A) Nevada
A (A) Nevada
B (A) New York
C (A) New York
  (B) New York
  (B) Texas
  (B) Nevada
  (B) Texas
  (C) Texas
  (C) New York
  (C) Texas
  (C) Nevada

【解説】
図1、2の(A)(B)(C)はどの国を表すか? という問題ですね。
これは第三段落に書かれてあります。

The first is Nevada, where the high proportion of adult residents born out of state makes this state America's top magnet.
「最初はネバダ州で、他の州で生まれた成人の居住者の高い割合によって、この州がアメリカのtop magnetとなっています」
Nevadatop magnetなのですから、表1のトップである(A)はNevadaですね。したがってこの時点で、選択肢の@とAに絞ることができます。

New York is at the opposite end of the magnet scale, even though it is attractive to immigrants from other nations.
「たとえそれが他国の移民に魅力的でも、ニューヨークはmagnet scaleの反対です」
ということは、
(C)がNew Yorkなのでしょうか。念のため続きも見てみましょう。

The third extreme example is Texas, at the opposite end of the sticky scale from Alaska. Although it is a fairly weak magnet, Texas is the nation's stickiest state.
「3番目の極端な例はテキサスです。それはsticky scaleのアラスカの反対側です。
かなり弱いmagnetですが、テキサスは国の最もstickyな州です」
ということでstickyがアラスカの反対側で、一番上にあるTexasが(B)となります。

ということで正解はAです。本文の3つの部分のうち2つを読めば正解を導くことができますね。あるいは読んでいて多少意味が分からなくても、他の部分で補うことができるとも言えます。ここは時間をかけずにいきたい問題でしたね。

【正解】A

センター試験英語過去問トライアル



第4問A「図表読解」問3に進む
第4問A「図表読解」問1に戻る
2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→