センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2014年(平成26年)センター試験英語第1問B「アクセント」問3


次の問いにおいて、第一アクセント(第一強勢)の位置がほかの三つと異なるものを、それぞれ下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。

問3 @ atmosphere   A domestic   B equipment   C reluctant

【解説】
@ atmosphere は「アトモスフェアー」で「大気」の意味です。アクセントは第一音節[a]にあります。1998年の追試にも出題がありましたよ。地球温暖化の関係で入試問題には頻出の単語ですが、アクセントに関しては何度も口に出して慣れておいた方が良い単語ですね。

A domestic は「ドメスティック」で「家庭の」の意味です。[-ic]は直前にアクセントというアクセントルールにより、アクセントは第二音節の[e]とわかりますね。ちなみに[DV / domestic violence]という言葉があります。夫や恋人という親しい関係にある男性から女性に対してふるわれる暴力のことですが、近ごろはその逆パターンもあるそうで…

B equipment は「イクウィップメント」で「準備」の意味です。[-ment]は動詞について名詞をつくる働きをしますが、そのアクセントは元の動詞のままになります。[equip / 装備する・準備する]と同様に、アクセントは第二音節[i]にあるということです。

C reluctant は「リラクタント」で「いやいやながらの・しぶしぶの」の意味ですね。[-ant]は1つか2つ前にアクセントがある・・・のですが、それだとどっちやねん! となりますよね。とりあえずは[ant]自体にアクセントがないことだけは確認しておきましょう。後は口でモゴモゴ言ってみると、「ラクタント」より「リクタント」の方がしっくりきますよね。

【正解】@

センター試験英語過去問トライアル



第1問B「アクセント」問4に進む
第1問B「アクセント」問2に戻る
2014年(平成26年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「不要文選択」問1
第3問B「不要文選択」問2
第3問B「不要文選択」問3
第3問C「要約」問1
第3問C「要約」問2
第3問C「要約」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問A「図表読解」問4
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「日記と手紙」問1
第5問「日記と手紙」問2
第5問「日記と手紙」問3
第5問「日記と手紙」問4
第5問「日記と手紙」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→