センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2013年(平成25年)センター試験英語第3問C「空所補充」問1


次の文章の(  )に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。

問1
 The United Stares is a vast country. From the East Coast to the West Coast, there are four different time zones. In addition, many parts of the country observe daylight saving time (DST) as well. In areas that adopt DST, the clock is moves one hour forward for the summer. Thus, the local time varies across different areas of the country, depending on which time zone the area is in and whether DST is adopted.
 The state of Indiana, shown in the map below, is known for its (  ). For decades, both the Eastern Time Zone and Central Time Zone have existed within the state. Many areas in the state have switches back and forth between Eastern Time and Central Time. Furthermore, until very recently, policy concerning DST differed from one place to another. Most areas in the Eastern Time Zone did not adopt DST, and the time stayed the same throughout the year, while in other areas, where DST was adopted, the clock was moved forward by one hour for the summer. In 2006, however, the entire state started to observe DST.



@ complex time system that has been changed many times over the years
A convenient time system that has attracted new businesses to the state
B flexible time system that allows workers to choose their own working hours
C traditional time system that is a good model for the rest of the country

【解説】
まずは(  )を含む文を確認してみましょう。
The state of Indiana, shown in the map below, is known for its (  ).
「インディアナ州は、下の地図で示されたものですが、その(  )で知られています」

以下の文に具体例があります。まずはそこに使われている接続詞に注目してみましょう。
・・・・・・ Furthermore(さらに)───
これは「累加」の接続詞です。簡単に言えば「付け加え」ですね。
・・・・・・ while(一方)───
これは「対比」の接続詞です。「・・・・・・」と「───」を対比しています。つまり「・・・・・・」と「───」の内容が違うことを表し、後半の「───」の部分の方が重要な内容であることが多いです。逆接と似ていますね。
・・・・・・ however(しかしながら)───
これは「・・・・・・」と「───」が逆の内容を表します。逆接の接続詞ですね。これも後半に重要な内容が置かれることが多いです。

まず本文の Furthermore の前後の部分を見ていきましょう。まずは前の部分からです。
For decades, both the Eastern Time Zone and Central Time Zone have existed within the state. Many areas in the state have switches back and forth between Eastern Time and Central Time.
「数十年間、東部標準時間ゾーンおよび中部標準時ゾーンの両方がその州に存在しています。その州の多くのエリアが、東部標準時間と中部標準時を切り替えています」

次に Furthermore の後の部分を見てみましょう。付け加えの部分ですね。
until very recently, policy concerning DST differed from one place to another.
「ごく最近まで、DSTに関する政策は場所によって異なっていました」
from one 〜 to another / 〜によって

「DSTに関する政策は場所によって異なっていた」とのことですが、どのように異なっていたのでしょう? それの説明が続きにあります。
Most areas in the Eastern Time Zone did not adopt DST, and the time stayed the same throughout the year,
「東部標準時間ゾーンでのほとんどのエリアはDSTを採用しませんでした。そしてその時間は年間を通じて変わりませんでした」

そして while が出てきました。先ほどが「DSTを採用していないエリア」の話でしたので、while の後ろは「DSTを採用しているエリア」の話なのでしょう。
while in other areas, where DST was adopted, the clock was moved forward by one hour for the summer.
「一方、他のエリア(DSTは採用された)では、夏の間時計は1時間進めさせられました」

最後に however が出てきます。先の話と逆の話が来るのでしょう。
In 2006, however, the entire state started to observe DST.
「2006年には、しかしながら、州全体がDSTをし始めました」

どうでしょうか? DSTなどという耳慣れないものについての話でしたので、少し想像しづらいかもしれません。ですが、接続詞を確認することで文章の流れが大まかに分かりますよね。極端なことを言えば最後の文の意味さえ分かれば、その前の部分でどういう話がなされているかも分かります。however という逆接の接続詞を挟んでいるのですから、「2006年に州全体がDSTをし始めた」の反対、つまり「以前は州全体ではDSTをしていなかった」という話があったと予想できるのです。

そういうことを踏まえて選択肢を確認しましょう。
@ complex time system / 複雑な時間システム
A convenient time system / 便利な時間システム
B flexible time system / 柔軟性のある時間システム
C traditional time system / 伝統的な時間システム

選択肢の頭の部分だけ抜き出してみましたが、この時点でAは消すことができるでしょう。「便利な時間システム」であれば、2006年に変わることはありませんよね。Bも同様でしょうか。
Cの「伝統的な時間システム」に関しては、そんなこと本文に書いてありましたっけ? というよりも、正直この本文を読んでどう思いましたか? 「ややこしいなぁ・・・」と思いませんでした? その感想通り@の「複雑な時間システム」を選んだらよいということですね。

【正解】@

センター試験英語過去問トライアル



2013年(平成25年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「要約」問1
第3問B「要約」問2
第3問B「要約」問3
第3問C「空所補充」問1
第3問C「空所補充」問2
第3問C「空所補充」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「映画レビュー」問1
第5問「映画レビュー」問2
第5問「映画レビュー」問3
第5問「映画レビュー」問4
第5問「映画レビュー」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→