センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2013年(平成25年)センター試験英語第1問B「アクセント」問2


次の問いにおいて、第一アクセント(第一強勢)の位置がほかの三つと異なるものを、それぞれ下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。

問2 @ energy   A essential   B photograph   C relative

【解説】
@ energy 「エナジー」で「エネルギー」の意味です。アクセントは「エ」にあります。1991追試験、1997本試験にも出題がありますね。

A essential 「エッセンシャル」で「重要な、本質的な」の意味です。「セ」の部分にアクセントです。語尾の[-al]は基本的には直前の音節にアクセントがあります。しかし、[-ical]や[-cial]のように「母音・子音・al」「子音・母音・al」の場合は、それらをひとまとめにしてその直前にアクセントがあります。今回で言えば、[-tial]でひとまとまりと考えて、その前にアクセントがあるということです。問4にも同じアクセントルールの問題が出題されています。

B photogtaph は「フォトグラフ」で「写真」という意味です。2006年にも出題されています。アクセントは「フォ」の部分になります。
ちなみに1994本試験では photographer の出題がありましたが、このアクセントは[to]の部分になります。ややこしいですね。

C relative は「レレティブ」で「相対的な」の意味です。語末の[母音字+tive]の部分にはアクセントはありませんので、[re]の部分にアクセントがあるとわかります。
relation や relationship になると[la]の部分アクセントがありますので、そこで混同してしまう人もいたかもしれませんね。

【正解】A

センター試験英語過去問トライアル



2013年(平成25年)センター試験英語
第1問A「発音」問1
第1問A「発音」問2
第1問A「発音」問3
第1問B「アクセント」問1
第1問B「アクセント」問2
第1問B「アクセント」問3
第1問B「アクセント」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問1
第2問A「文法・語彙・語法」問2
第2問A「文法・語彙・語法」問3
第2問A「文法・語彙・語法」問4
第2問A「文法・語彙・語法」問5
第2問A「文法・語彙・語法」問6
第2問A「文法・語彙・語法」問7
第2問A「文法・語彙・語法」問8
第2問A「文法・語彙・語法」問9
第2問A「文法・語彙・語法」問10
第2問B「対話文」問1
第2問B「対話文」問2
第2問B「対話文」問3
第2問C「語句整序」問1
第2問C「語句整序」問2
第2問C「語句整序」問3
第3問A「意味類推」問1
第3問A「意味類推」問2
第3問B「要約」問1
第3問B「要約」問2
第3問B「要約」問3
第3問C「空所補充」問1
第3問C「空所補充」問2
第3問C「空所補充」問3
第4問A「図表読解」問1
第4問A「図表読解」問2
第4問A「図表読解」問3
第4問B「広告」問1
第4問B「広告」問2
第4問B「広告」問3
第5問「映画レビュー」問1
第5問「映画レビュー」問2
第5問「映画レビュー」問3
第5問「映画レビュー」問4
第5問「映画レビュー」問5
第6問A「長文読解(論説文)」問1
第6問A「長文読解(論説文)」問2
第6問A「長文読解(論説文)」問3
第6問A「長文読解(論説文)」問4
第6問A「長文読解(論説文)」問5
第6問B「長文読解(論説文)」
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→