センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2011年(平成23年)センター試験英語第3問B「要約」問1


次の英文は、3人の俳優による座談会での議論の一部である。(  )に入れるのに最も適当なものを、下の@〜Cのうちから選べ。

問1
Moderator:  Today, we welcome three actors, Fernando Costa, Nina Pavlova, and Manuel Dupond, to our round-table talk. Today's topic is playing different kinds of roles. Would you start, Fernando?
Fernando:  Sure. As an actor, I like being a different person on stage. I'm basically a hoppy person. I always enjoy talking with friends and telling jokes. But when I act, I like playing tragic roles. A playwright creates a situation which draws the audience into another world, and I can also enter that world. For example, I take pleasure in playing Hamlet or Othello, who both experience great misfortune. I can't easily imagine such drama in my daily life, so I prefer performing serious roles like that.
Nina:  I like to play tragic roles, too, but for somewhat different reasons from yours, Fernando. You seem to like act out what (  ), don't you?

@ the audience expects you to do on stage
A writers themselves don't want to do on stage
B you don't usually experience in real life
C you have experienced in your daily life

【解説】
話者の主張を手早く見つけたいなら、話し始めと終わりをチェックです。
As an actor, I like being a different person on stage.
『役者として、私はステージで違った人になれるのが好きです』

being をどのように訳するかがチョット戸惑うかもしれません。
be動詞は「〜です」「〜がある」「〜になる」のいずれかに当てはめると案外うまく行きます。
今回は「〜になる」のパターンでしたね。


I can't easily imagine such drama in my daily life, so I prefer performing serious roles like that.
『私は日常でそんなドラマを簡単に想像できないので、私はそのようなシリアスな役を演じることを好みます』

so は「それで/〜ので」と訳し、前に「理由」後ろに「結果」がきます。
似たような単語で because がありますが、これは前に「結果」後ろに「理由」がきます。
【例文】
It is getting late, so I must go home.
I must go home because it is getting late.
暗くなってきたので、私は家に帰らなくてはならない。

また such drama とありますが、どんなドラマかと言いますとそれは直前の発言にあります。
great misfortune がそれですね。「すごい不運」で、
具体的には更に前にある Hamlet or Othello です。
(ハムレットやオセロ・・・読んだことあります? ロミオとジュリエットなら・・・筋くらいは・・・)


では選択肢を確認してみましょう。
@ the audience expects you to do on stage
観客が期待する・・・役を演じるのが好き
A writers themselves don't want to do on stage
作家自身がしたくない・・・役を演じるのが好き
B you don't usually experience in real life
実生活で経験しない・・・役を演じるのが好き
C you have experienced in your daily life
日常経験している・・・役を演じるのが好き

まさに最初と最後の発言だけで答えが分かりますね。
正解はBでしたね。

【正解】B

最後の Nina の発言は次の問題のヒントにもなっていますので、
少しだけ触れておきましょう。
I like to play tragic roles, too, but for somewhat different reasons from yours, Fernando.
『私も悲劇的な役を演じるのが好きです。しかしフェルナンド、あなたとは理由が違うわね』

フェルナンドと理由が違う・・・「実生活で経験しないから」という点が違うんですよね。
これを頭の片隅に入れておきながら、次の問2へ進みましょう。

センター試験英語過去問トライアル




第3問B「要約」問2へ進む
第3問A「意味類推」問2へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→