センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2011年(平成23年)センター試験英語第1問A「発音」問2


次の問いにおいて、下線部の発音がほかの三つの場合と異なるものを、
それぞれ下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。

問2 @ format   A instance   B manage   C passion

【解説】
@は「フォーマット」で「体裁」とかそういう意味です。
機械に強い人なら、DVDとかをフォーマットしたりするでしょうから耳なじみですよね。

Aは「インスタンス」で「実例」とかそういう意味です。
プログラミングなどをする人にとってはおなじみの言葉(?)ですね。
[example] もに多様な言葉ですが、こちらは「具体例」で、
[instance] は「代表例」ということ・・・だそうですが・・・うーん・・・難しいっすなぁ〜。

Bは [manager] から考えると意味は分かりやすいですね。
「マネージャー・支配人・経営者」→「〜を運営(操縦)する」という意味です・・・が、
そこから考えると発音的にはチョイまずいかも・・・
「マネージャ」ではなく「マニジャー」見たいな感じになります。
ああ・・・でも、今回の問題の下線部は最初の [a] だから関係ないか・・・

Cは「パッション」でパッションといえば「パッション屋良」ですね。
最近あまりテレビで見かけなくなってしまいましたね。
彼はもっと評価されてもいい・・・とは思わないけれど、私は好きです。


そんなことより問題でした。えっと・・・うーん・・・全部「ア」ですよね。
日本人が苦手な発音の一つである「ア」の発音の区別ですね。さぁ、どうしたものか・・・

結論から言うと@BCは「ア」と「エ」が混じったような「ア」で、
Aはあいまいな「ア」で、「ウ」や「エ」や「オ」とあいまいに言っても同じなんですね。
普段から意識しておくしかないんですかねぇ・・・ヤレヤレ

【正解】A

センター試験英語過去問トライアル




第1問A「発音」問3へ進む
第1問A「発音」問1へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→