センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2011年(平成23年)センター試験英語第2問C「語句整序」問3


次の問いにおいて、下の@〜Eの語句を並びかえて空所を補い、文を完成させよ。

問3
Doing a homestay with a family in another country (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) (  ) skills.

 @communication  Adevelop  Bhelp  Cwould  Dyou  Eyour

【解説】
並び替え問題は、選択肢の動詞数をチェックするのが鉄則。
今回の問題では、AdevelopBhelp 二つの動詞が見つかりました。
一つの英文中に動詞は一つなのが原則ですから、動詞が二つなのには理由があるはずです。
よくあるのは「関係詞」「接続詞」ですが、今回はBhelp に注目すれば予想がつくでしょうか。

「知覚動詞」と「使役動詞」には「原形不定詞(原型不定詞ではない!)」を用いるのは、
おそらく参考書などで何度も目にしたことでしょう。
それに付随して help のことがこっそりと書かれていませんでしたか?(参考原形不定詞
書かれてありましたね。そうです。help も原形不定詞を取るのです。

そこに気付ければ「help+人+動詞の原形」より
BhelpDyouAdevelop の流れができます。

また「助動詞+動詞の原形」より
CwouldBhelp
「所有格+名詞」より
Eyour@communicationskills

こうなれば後はくっつけるだけです。
CwouldBhelpDyouAdevelopEyour@communicationskills
これで出来上がりですね。

【正解】CBDAE@

センター試験英語過去問トライアル




第3問A「意味類推」問1へ進む
第2問C「語句整序」問2へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→