センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2011年(平成23年)センター試験英語第6問「長文読解」問1


次の文章を読み、下の問いの(   )に入れるのに最も適当なものを、下の@〜Cのうちから一つ選べ。なお、文章の左にある(1)〜(6)は段落の番号を表している。

(1) Rats, mice, hamsters, and squirrels belong to a large group of animals called rodents. It is estimated that there are about 2,000 species of rodent, and they are believed to be one of the most successful group of animals we know. They are considered successful because the rodent group accounts for over 40% of all mammal species on earth. Of all the rodent the mouse-like rodents, such as those mentioned above, are probably the most successful, and it has been suggested that what makes them so is their teeth.
(2) Rodent' teeth enable them to eat a wide range of food, such as leaves, roots, nuts, and seeds. All rodents have four very sharp teeth at the front of their mouths−two at the top and two at the bottom. These teeth are called incisors, but unlike the incisors of most other mammals, they never stop growing. So whatever their age, rodents will always have fresh, sharp teeth to eat with. In addition, they also have extremely strong muscles around their mouths, which enables them to bite through the shells of nuts and seeds. Many other mammals and birds cannot do this, so the seeds they eat pass through their bodies undigested, and the nutrition within them is unused.

問1
Paragraph (2) states that (   ).
@ most birds and mammals can also digest the seeds they eat
A mouse-like rodents are not as successful as other animals
B mouse-like rodents cannot bite into the center of nuts and seeds
C rodents have four incisors and powerful muscles around their mouths


【解説】
『(2)段落は(   )と述べている』
ということで(2)を読めば良いんだね、と(2)から読み始めて
いきなり Rodent なんて英単語がでてきたため、気持ちを折られてしまった人が多かったかもしれません。単語力があるひとなら、そのやり方で大丈夫ですが、普通の人はやはり最初から目を通すのが無難でしょう。
Rats, mice, hamsters, and squirrels belong to a large group of animals called rodents.
『ラット、マウス、ハムスター、そしてリスは rodents と呼ばれる動物の大きなグループに属しています』

squirrel が「リス」と知っている人は少ないかもしれませんし、rat が何なのかわからない人がいるかもしれません。。また micemouse の複数形だと気付けないかもしれません。しかし hamster が「ハムスター」なのはわかりますね。まずはそれさえ分かればOKです。つまり「ハムスターとかあとなんか色々が rodents というグループに属している」ということが分かればいいでしょう。

ちなみに「ラット」と「マウス」の違いは大きさだそうで、ネコが追っかけるのは「マウス」なんだそうです。
では「ラット」は何に追っかけられるのかというと、「犬」なんだそうです。(参照→ラット

では(2)に進みましょう。
Rodent' teeth enable them to eat a wide range of food, such as leaves, roots, nuts, and seeds.
Rodent の歯によって、彼らは広い範囲の食べ物を食べることができる。leaves(葉)、roots(根)、 nuts(木の実)、そして seeds(種)』
(主語が無生物主語なので、訳し方を少し工夫してみました→無生物主語の訳し方

All rodents have four very sharp teeth at the front of their mouths−two at the top and two at the bottom.
『すべての rodents には4つのシャープな歯が口の前にある。2つは上に2つは下に』
大丈夫とは思いますが、この文で出てくる mouth は「口」であって「mouse / ねずみ」ではありませんよ。

These teeth are called incisors, but unlike the incisors of most other mammals, they never stop growing.
『これらの歯は incisors と呼ばれます。しかし、他のほとんどの哺乳類の incisors とは違い、それらは成長することを決してやめません』
incisors という英単語が分からない人が多いと思いますが、何を指すのかはその前の文から理解できますね。簡単に言えば「前歯」ですし、難しい言い方だと「門歯」ですね。

So whatever their age, rodents will always have fresh, sharp teeth to eat with.
『それで何歳になっても、rodents はいつもフレッシュでシャープな歯を持つのでしょう。そしてそれを使って食べます』
will は「主語の意志」と「話者の予測」です。ここでは will は「話者の予測」として意味をとらえるのが分かりやすいでしょう。「will=未来」というのは中学レベルの話で、大学入試のことを考えるとそれは卒業すべきですね。

In addition, they also have extremely strong muscles around their mouths, which enables them to bite through the shells of nuts and seeds.
『加えて、彼らには口の周りに特に強い筋肉があり、それのおかげで木の実や種の殻を噛み通すことができます』
, which ということで、関係代名詞の非制限用法が使われていますね。
これは説明の付け加えになりますので、関係詞の前までの説明で理解できればその後は読む必要はないということです。特にこういう長文問題では時間との戦いですから、削れる部分はどんどん削っていく工夫も必要でしょう。

Many other mammals and birds cannot do this, so the seeds they eat pass through their bodies undigested, and the nutrition within them is unused.
『多くの他の哺乳類と鳥類にはこれができません。それで彼らが食べた種は消化されずに体を通って、そしてそれらの中の栄養は使われません』

では選択肢を見てみましょう。
@ most birds and mammals can also digest the seeds they eat
『ほとんどの鳥類と哺乳類もまた彼らが食べる種を消化することができる』
(2)の一番最後の文に undigest とありますね。digest の意味が分からなくても、そこからこの選択肢は違うと分かるかな?

A mouse-like rodents are not as successful as other animals
『ねずみのような rodents は他の動物ほど成功していない』
うーん・・・内容が違うのは当然として・・・これは(1)に書かれていることですね。
その点でもこの選択肢はダメ!

B mouse-like rodents cannot bite into the center of nuts and seeds
『ねずみのような rodents は木の実や種の中心までかむことができない』
常識で考えてもハムスターなんかはヒマワリの種を食べていますから、この選択肢は違うと分かりますね。本文ではbite through the shells となっていますが、これがその言い換え表現です。

C rodents have four incisors and powerful muscles around their mouths
rodents は4つの incisors と口の周りにパワフルな筋肉がある』
これは書かれてあります。正解の選択肢の中に rodentsincisors という知らない人が多そうな英単語を紛れ込ませているあたりに、センター試験問題作成者の悪意(?)が見え隠れしますね。こういうことからも「英問英答」問題の選択肢は、本文より先に読んではいけない、という解き方の手順が有効なのです。

【正解】C

センター試験英語過去問トライアル




第6問「長文読解」問2へ進む
第5問「状況説明」問5へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→