センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2010年(平成22年)センター試験第3問C「空所補充」問1


次の文章の(  )に入れるのに最も適当なものを、
それぞれ下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。

 Vinegar is a very familiar household product, which has long played an extremely important part in cooking all over the world. But what exactly is vinegar and what are its uses besides cooking?
 (  ) In Japan, rice is used to make vinegar, which is a necessary ingredient in making some traditional Japanese dishes. In Korea, they use another native crop, persimmons; in the U.S., apples; and in the Philippines, sugar cane. It is clear that there is a variety of vinegars worldwide.


(  )
@ Local vinegar is unimportant elements in traditional dishes.
A People in different places make vinegar out of their local products.
B Rice vinegar has been made and used by people for a long time.
C The word "vinegar" is from an old French word meaning "sour wine."

【解説】
本文の第1段落に目を通しましょう。この第1段落には(  )がありませんのでそれほど気を入れて読む必要はありません。大体の流れがつかめればそれで良いです。少々わからない単語があっても考え込まないようにしましょう。こういう段落はスラッシュリーディングなどを使って素早く読み取ることを心がけます。
この第1段落では vinegar なるものがでてきました。料理をする人なら「ビネガー=酢」とわかるのでしょうけれど、そうでない人はどうでしょうか? 「ビネガー」という言葉はたまに耳にするけれど、それが何かといわれたら「?」となる人もいるかもしれません。そういう人は cooking という単語が2箇所出てきましたので、「料理に使うものなのかなぁ」程度の理解があればいいでしょう。

第2段落の最初にいきなり(  )が出てきました。この(  )を見た瞬間に選択肢を読み始めるのはあせりすぎです。この「空所補充問題」では(  )の前後関係から選択肢を選ぶのが、正解を導く正しい方法になります。つまり本文を読み進めていて(  )に出くわしたときは、さらにもう一文読んでから選択に行くということです。さらに言えばそのとき読むもう一文は解答するに当たり非常に大切ですので、しっかり意味を取る必要があります。では実際に見てみましょう。
In Japan, rice is used to make vinegar, which is a necessary ingredient in making some traditional Japanese dishes.
「日本ではビネガーを作るために米が使われます。それは日本の伝統的な料理を作るのに必要な材料です」
ちなみにこの文を読んだとき、さらにその次の文の最初がチラッと目に入りましたね。そう In Korea, です。ということは次の文では韓国での話があるわけです。

以上のことを踏まえて選択肢をチェックしましょう。
@ Local vinegar is unimportant elements in traditional dishes.
「その土地のビネガーは伝統的料理の重要な要素ではない」
(  )直後の文に necessary だと言っていますから、これは違いますね。

A People in different places make vinegar out of their local products.
「異なる場所の人々はその土地の作物でビネガーを作る」
これはどうなんでしょう? 日本は「米」で作っていましたよね。そういえば先ほど見た(  )の続きの文のさらに続きに、In Korea, とありましたよね。おそらく続きに韓国のビネガーの材料が書かれてあるんでしょう。チョット確認してみましょうか。
In Korea, they use another native crop, persimmons;
「韓国では、彼らは別の原産作物であるパーシモンを使います」
韓国ではパーシモンを使うそうですね。それもそうですが、この文の続きにアメリカのことが書いてあるのがチラッと目に入りませんでした? 気になるので確認してみましょうか。
in the U.S., apples;
「アメリカは、リンゴ」
もうこれでこの選択肢が正解っぽいのはわかりましたね。でもさらに続きにフィリピンのことが・・・一応チェック・・・
and in the Philippines, sugar cane.
「そしてフィリピンでは、サトウキビ」
これでもう確定ですね。本来これで続きの選択肢を読まないのが、時間短縮のためのテクニックなのですが、ここでは念のため(?)に続きの選択肢も見ていくことにします。

B Rice vinegar has been made and used by people for a long time.
「ライスビネガー(米酢)は長い間人々作られ、使われてきた」
そうかもしれないですけれど、(  )の続きの文は国によって原料が違うことを言っているのですから、チョット会話がかみ合わないような気持ち悪い感じがしますね。もしかすると(  )の続きの文中にある traditional という単語に引っ掛けてきたのかもしれないです。

C The word "vinegar" is from an old French word meaning "sour wine."
「ビネガーという言葉は古いフランスのサワーワインを意味する言葉から来ている」
これはそうなのかどうなのかわかりませんが、やはり続きの文とのつながりがしっくりきませんね。これが入ってもまぁ悪くはないでしょうけれど、これよりは断然「選択肢A」の方が適していますね。


【正解】A

センター試験英語過去問トライアル




第3問C「空所文補充」問2へ進む
第3問B「要約」問3へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→