センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2010年(平成22年)センター試験第3問B「要約」問2


次の英文は、地域の公開討論会で行われた高齢者問題についての議論の一部である。(   )に入れるのに最も適当なものを、下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。

問2
Chair: What do you think, Dr. McDonald?
Dr. McDonald: Well, as doctors, we have to be considerate when we talk to patients. We should adjust how we communicate with older people to make sure they understand what we say. Often, they can't hear well, so it's important to speak to them slowly and clearly. They need to understand us, so they can respond to questions we may have. I'm sure they're grateful when they're addressed in this manner. I feel that when you meet a person who appears to be old, you should always show consideration by speaking in such a manner.
Chair: OK. Dr. McDonald, with his professional experience, thinks that (  ). What are your thoughts on this point, Ms. West?

@ age has nothing to do with speech style
A more intelligent words should be used
B special attention should be paid to the elderly
C the elderly should speak more slowly and clearly

【解説】
話者の主張は話し始めと終わりにあることが多い。
まずは最初の文から確認していきましょう。
Well, as doctors, we have to be considerate when we talk to patients.
「えーっと、医者として、私たちは患者と話しするときは思いやりを持つべきです」

そこからざーっといろいろ話をして・・・最後の文を見てみましょう。
I feel that when you meet a person who appears to be old, you should always show consideration by speaking in such a manner.
「お年をめされているように見える人に会ったら、いつもそのようなやり方で話すことにより思いやりを示すべきだと、私は思うのです。」
気になる代名詞がでてきましたね。直前の文で確認してみましょう。
I'm sure they're grateful when they're addressed in this manner.
このやり方で話しかけられたら彼らは感謝すると、私は確信します」
また代名詞がでてきましたね。さらに直前の文で確認してみましょう。
They need to understand us, so they can respond to questions we may have.
「彼らは私たちを理解する必要があります。それで彼らは私たちの質問に返答でするのです」
ん? やり方がここに書かれていませんね。確かに代名詞は直前にあることが多いのですが、そうでない場合ももちろんあるのです。さらに直前の文章を確認してみましょう。
Often, they can't hear well, so it's important to speak to them slowly and clearly.
「しばしば、彼らは良く聞こえません。それで彼らにゆっくり明瞭に話すことは大切なのです」
これですね。such a manner=to speak to them slowly and clearly ということです。ちなみにこの文中に important があります。「重要な」という意味ですが、やはり言葉の意味どおりこの単語があるということは重要なことがそこで言われている可能性が高いですね。


さぁ選択肢を確認してみましょう。
@ age has nothing to do with speech style
「年齢は話し方に関係ない」
そんなことは書かれていないですね。この議論のテーマはお年寄りに対してのはなし方ですから。

A more intelligent words should be used
「より知的な言葉が使われるべき」
そんなことは書かれていないですね。まぁ、お年寄りは長く生きているからその分賢いので・・・ってことですか? 前問で「子供に対して話すような話し方」みたいな話題がありましたから、その流れの選択肢なんでしょうか?

B special attention should be paid to the elderly
「特別な注意がお年寄りには払われるべき」
一番最後の文章がこれに当たりますね。正直言うと such が何を指すのかなんてわからなくても、この選択肢を選ぶことができそうでしたね。

C the elderly should speak more slowly and clearly
「お年寄りはよりゆっくり明瞭に話すべき」
逆ですね。上の選択肢では受動態が使われているものがあったりしたので、そういう意味でヒッカケにきたのかもしれません。気をつけましょう。


【正解】B

センター試験英語過去問トライアル




第3問B「要約」問3へ進む
第3問B「要約」問1へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→