センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2010年(平成22年)センター試験英語第1問A「発音」問1


次の問において、下線部の発音が、ほかの三つの場合と異なるものを、
それぞれ下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。
問1 @boot Agoose Bproof Cwool

【解説】
2010年一発目の問題は、日本でもよく耳にする語が並びましたね。
特に発音の勉強をある程度しっかりした人は、この問題を見た瞬間「あ〜あれだ!」となって
一気に緊張を解くことができたのではないでしょうか。(センター試験出題者の心憎い配慮?)

@はあの履く「ブーツ」ですね。これはこれ以外の発音はしづらいですね。
あるとすれば「ブート」なんて発音しちゃうとか・・・まぁ、大丈夫ですね。

Aはあの有名なマザーグースの「グース」です。「ガチョウ」という意味ですね。そもそもマザーグースってよく耳にするけれど何なのかって良く知らないですよね。どうやらイギリスで昔から伝わる童謡の総称らしいですね。その中に「Old Mother Goose(マザーグースのおばさん)」という歌があるということなんですって。へぇ〜。

Bの意味は「証拠・証明・検査」という意味ですね。この単語がわからないという人がいたかも・・・

Cが例のヤツですね。もちろん「毛糸」という意味ですが、日本語として「ウール」とかしてしまうとアウトです。正しくは「ウル」です。伸ばして発音しないのがポイントですね。振り返ってみると1993本試験にも出題されていました。センター試験は過去問を再利用すると自ら言っていますので、やはり過去問題はチェックしておくべきですね。

@ACがわかればCだけが違うので、正解がそれとわかりますね。
もちろんBを知らなくていいわけではないですが、知らなくても解けますよね。

もし知らない単語が出てきたとしても、この単語どうやって発音するんだろう???
なんて考え込まずに、次の単語に移りましょう。これも時間短縮のテクニックの一つです。


【正解】C

ちなみにこれまでセンター試験に出てきた発音に関する[-oo]の単語は
mood / flood / floor / shoot / hood / blood / smooth / choose
などがあります。この際なので調べておくといいかも・・・

センター試験英語過去問トライアル




第1問A「発音」問2へ進む
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→