センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2010年(平成22年)センター試験第2問A「文法・語彙・語法」問1


次の問いの(   )に入れるのに最も適当なものを、下の@〜Cのうちから一つ選べ。

問1
"Have you handed in the English assignment?"
"No, but I'm halfway (  ) it."


   @across Aaround Bover Cthrough

【解説】
hand in / 〜を提出する
これを知っていればかなり楽になるかな? 手渡しする感じですね。
なんとなく文脈から想像できるかな?

assignment / 宿題・課題
assign は「割り当てる」という意味。sign という「しるしをつける」という単語が含まれていることからなんとなくイメージできる・・・わけないか・・・ で、assignment はその assign の名詞形です。

上記の二つのうち、どちらかを知っていればこの英文が何を意味するのかわかるでしょう。
「英語の課題もう出した?」
「ううん、まだ、でも半分まできたよ」 という会話の内容ですね。

つまり下の文の I'm halfway (  ) it. は、
その課題の完成への道のりがあって「半分まで来た」ということですね。
そこからイメージできる前置詞ですが、さぁどれでしょう?

@across だと、完成への道を「横断」しちゃうので、違うっぽいですよね。
Aaround は完成の「周辺」をうろちょろする感じなので、これも違いますね。
Bover は完成の上を「覆う」感じなので、これも違う。
Cthrough だと、完成への道(トンネル?)が通っている感じがしますよね。

halfway through 〜 / 〜の途中で
という熟語を知っていれば解けます的な解説が見受けられますが、
まぁ、そりゃそうでしょうけど・・・ねぇ・・・
【正解】C

2010年(平成22年)センター試験第2問チェック問題
センター試験英語過去問トライアル




第2問A「文法・語彙・語法」問2へ進む
第1問B「アクセント」問3へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→