センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2010年(平成22年)センター試験第2問B「対話文」問2


次の問いの会話の(   )に入れるのに最も適当なものを、下の@〜Cのうちから一つ選べ。

問2
Mr. Zhang: Mr. Koshino is leaving our section the day after tomorrow.
Mr. Ota: Really? That's a bit sudden. Why?
Mr. Zhang Well, (  ) I heard he will become the new security chief.
Mr. Ota: I see. My lips are sealed.

@ he's just paying lip service.
A I'll see what I can do.
B just between you and me,
C more haste, less speed,

【解説】
最後のオオタの発言にある My lips are sealed. が面白い表現ですね。
日本語的に言うと「お口にチャック」って感じでしょうか?
唇にシールをしておくよ → 内緒にしておくよ ということですね。

チャン「コシノさんが明後日にこの部署を離れることになった」
オオタ「本当? そりゃえらい急だね。なんで?」
チャン「えーっと、(  )彼は新しいセキュリティチーフになるそうだよ」
オオタ「わかった。内緒にしておくよ」

選択肢は
@ he's just paying lip service.
「彼は単にリップサービスをしているだけだよ」
さっきの My lips are sealed. にかけているんでしょうね。この文の意味がわからなかった人がここで引っかかってしまうのでしょうか・・・ センター試験出題者の罠ですね。

A I'll see what I can do.
「何ができるのか、わかるつもりだよ」
なんか意気込みはすごいけど、コシノが張り切るならともかく、チャンが張り切ってもしょうがないですね。(  )の次の文中に will があるので、それとの兼ね合いでこの選択肢に will があるんでしょうか・・・ これまたセンター試験出題者の罠かも・・・

B just between you and me,
「あなたと私の間だけということで、」
ここだけの話ということで・・・ という感じですね。これはなんとなく雰囲気がつかめますね。
次のオオタの[My lips are sealed.]という発言から、正解はこれですね。

C more haste, less speed,
「急げば急ぐほどスピードは落ちる」
こ・これは・・・ことわざの「急がば回れ」ではありませんか・・・ そう、1994年〜1996年のわずか3年の間、センター試験には集中して「ことわざ」が出題された時期があったのです。そして14年の時を経てよみがえったのか・・・ とはいえ、正解には関係していないしあまり気にしなくてもいいですかね。
ちなみに1994年本試験では[Slow and steady wins the race. / ゆっくり着実がレースに勝つ=急がば回れ]なんてのが出ていました。


【正解】B

センター試験英語過去問トライアル




第2問B「対話文」問3へ進む
第2問B「対話文」問1へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→