センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2009年(平成21年)センター試験英語第1問A「発音」問3


次の問において、下線部の発音が、ほかの三つの場合と異なるものを、
それぞれ下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。
問3 @eager Afragile Bginger Curgent

【解説】
@eager 「イーガー」・・・eager for で「〜を熱望して」
anxious も似たような意味だが、
そこには「だめかもしれないが・・・」という不安な気持ちが混じっている。

Afragile 「フラジール」はEvery Little Thing の曲でおなじみ(本当?)の英単語ですね。
なんてことを言うと年齢がばれてしまうんだよなぁ・・・でも名曲♪

Bginger 「ジンジャー」は「しょうが」の意味。「ジンジャーエール」の「ジンジャー」ですね。
しかし、ジンジャーエールが生姜の飲み物というのは、結構衝撃的じゃないですか?

Curgent 「アージェント」は urge 「アージュ/ 主張する」という動詞の方から推測するといいかも。
いやそんなこと考えなくても、gent のつづりで「ジェント」以外の発音の例が思いつかないが・・・

g は「グッ」の音が普通に感じますが、「ズッ」の音もあるので注意が必要ですね。

よくよく選択肢を見れば、@Bで ger となっていますよね。
とするとどちらの発音が違うのかなぁ、なんてずるい推測も可能かな?
センター試験は時間との戦いですから、そういうものもテクニックとして使うべきかも・・・

【正解】@

センター試験英語過去問トライアル




第1問B「アクセント」問1へ進む
第1問A「発音」問2へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→