センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2009年(平成21年)センター試験英語第1問A「発音」問2


次の問において、下線部の発音がほかの三つの場合と異なるものを、
それぞれ下の@〜Cのうちから一つずつ選べ。
問2 @debt Adoubt Bsubtitle Csubtle

【解説】
よく見る英単語はAdoubt 「ダウト」とBsubtitle 「サブタイトル」でしょうか?
「サブタイトル」はまぁ問題ないでしょう。

doubt は「〜を疑う」の意味ですが、「〜を疑う」には suspect もあります。
doubt は『〜ではないと疑う』なのに対し、suspect は『〜だろうと疑う』という違いです。

トランプゲームで「ダウト」というものがありますが、
その人の言った数字と出したカードの数字が『同じではない』と疑うとき
「ダウト!」と言ってそのカードを見ることができます。
そのとき言った数字とトランプの数字が同じであれば失敗で、
場に出ているトランプを全て引き取らなくてはならず、
しかし、言った数字とトランプの数字が違っていたら成功で、
その嘘のトランプを出した人が場のカードを全て引き取らなくてはなりません。
そんなこんなしていくうちに、手持ちのカードが全てなくなれば勝ちというゲームです。
(ちなみに大阪では「ダウト」というゲームのことを「座布団」と言って、座布団の上にカードを出します。
 「ダウト」→「ダーウート」→「ザーブートン」→「ザブトン」って感じ?)

話がだいぶそれてしまった感じがしますが、「ダウト」と「サブタイトル」を比べてわかるとおり、
この問題は、b を発音するのか発音しないのかという問題なのです。

@debt「デット」は「借金」という意味。b は発音しない。
(こんな英単語を覚えなくてもいいような人生を過ごしたいものですね)

Csubtle「サトゥル」で「微妙な・巧妙な」という意味。b は発音しない。
まさに微妙な英単語ですね。こんな英単語知らんわ〜、という人もいたかもしれないですね。
Aによく似た subtitle という英単語があり、その[b]は発音することから、
subtle の[b]は発音しないと予想するのもひとつの手でしょうかねぇ〜♪

実際に字があるのに読まないものを「黙字」といいます。
ちょくちょくセンター試験で狙われますので整理しておくと良いでしょう。
ちなみに[b]が黙字の単語は、その他にこのようなものがあります。
bomb(爆弾) / climb(登る) / dumb(口がきけない)


【正解】B

センター試験英語過去問トライアル




第1問A「発音」問3へ進む
第1問A「発音」問1へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→