センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2009年(平成21年)センター試験第2問C「語句整序」問1


次の問において、それぞれ下の@〜Eの語句を並びかえて空所を補い、文を完成させよ。

問1
You should be careful about what you eat now,
because it is often said that you are what you eat, which means:


Everything (   ) (   ) (   ) (   ) (   ) (   ) in the future.

   @eat  Aon  Bsome effect  Cyou  Dyour body  Ewill have

【解説】
語句整序問題ではまず動詞をチェックする。
@eat と Ewill have の2つがあって接続詞がないのだから、
関係詞の省略パターンだと想像できる。

文頭の Everything 以外で主語になりそうなのはCyou なので
Cyou→@eat か Cyou→Ewill have のどちらかになるが、
Everything eat は状況としてありえないのでCyou→@eatの語順となり、
同時にEwill have の主語は Everything とわかる。

Bsome effect と Dyour body だがどちらも@eat の目的語になるには不適当。
つまりどちらかがEwill have の目的語になるのではないかと想像できる。

Aon と選択肢を見回してみると「effect on 〜 / 〜への影響」から、
Bsome effect→Aon がわかる。

影響するのは何かを考えるとDyour body しかないので、
Bsome effect→Aon→Dyour body となる。

するとEwill have の目的語はBsome effect しか残らないので
Ewill have→Bsome effect→Aon→Dyour body

ということは
Everything Cyou→@eat→Ewill have→Bsome effect→Aon→Dyour body in the future. か
Everything Ewill have→Bsome effect→Aon→Dyour body→Cyou→@eat in the future. の
どちらかだが、Ewill have の主語は Everything ということ、
@eat に目的語がない(まぁ、自動詞の用法もあるけど・・・)ことから
Everything とCyou の間に関係代名詞の that(which) が省略されていると考え
Everything Cyou→@eat→Ewill have→Bsome effect→Aon→Dyour body in the future. となる。

【正解】C@EBAD

センター試験英語過去問トライアル




第2問C「語句整序」問2へ進む
第2問B「対話文」問3へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→