センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2009年(平成21年)センター試験第6問「長文読解」問2


次の文章を読み、下の問の(   )に入れるのに最も適当なものを、下の@〜Cのうちから一つ選べ。

(2) When I started to learn English at the age of ten, I wanted to pick up as much basic vocabulary as possible and created what might be called a simple bilingual "dictionary" for myself. This consisted of English words and their equivalents in Japanese written on cards. I would put the English word on one side of a card and the Japanese equivalent on the other. I found this to be a convenient tool for memorizing basic everyday words.
(3) In high school I was assigned linger texts which had a larger vocabulary, so I started to use a standard English-Japanese bilingual dictionary. Such dictionaries contain a large number of commonly used English words. Each item comes with a pronunciation guide, its equivalents in Japanese, a note on its grammatical functions, and examples of how it is used.
(4) For those working as professional translators and interpreters, there are more specialized bilingual dictionaries. My aunt often translates articles submitted to international medical journals, so she used a bilingual dictionary devoted to medicine. Such dictionaries, available in various fields, tend to omit words like "come" or "go" used in an everyday sense; on the other hand, they contain highly specialized terms not found in standard bilingual dictionaries. For example, in a bilingual medical dictionary, one can find a term like "basal body temperature," which is unfamiliar to most people - an expression referring to the temperature when the body is at rest.


問2
The type of dictionary described in paragraph (3) is different from
those explained in paragraphs (2) and (4) in that it (   ).


@ includes a lot of information about ordinary words and their usage
A is more convenient for those just beginning to learn a language
B is too advanced for most language learners to use effectively
C lists highly specialised terns used by language professionals

【解説】
この問題文を見ただけで、(2)(3)(4)段落は辞書の説明をしていて、
しかもそれぞれの段落で説明しているのは違う「type / タイプ」の辞書であることがわかりますね。
聞かれているのは(3)段落の辞書は(2)(4)段落の辞書と何が違うのか? ですね。
こういうことを事前に頭に入れて置くことで、本文をスムーズに読み進めることができます。

ではザーッと本文を読んでいきましょう。

まずは(2)段落から
10歳のときに辞書を自分で作ったとあります。
それはカードの表裏に英語と日本語の意味を書いたやつ(単語カード)のようですね。

次は(3)段落
高校のときの話ですね。standard English-Japanese bilingual dictionary とあります。
要するに「普通の英和辞典」ということですね。
その後に色々書いてありますが、それはこの辞書の具体例なので、
少々意味がわからなくても普段自分が使っている辞書のことを想像しておけば良いでしょう。

最後に(4)段落
次は professional translators and interpreters とあります。
「プロの翻訳家・通訳」ということですね。
specialized bilingual dictionaries とあります。なにやら「スペシャル」な感じがしますね。
その後に色々書いてありますが、これもこの辞書の具体例なので、
少々意味がわからなくても、なにやら「スペシャル」な辞書なんだろうなぁ、でいいでしょう。

では選択肢を確認していきましょう。

@ includes a lot of information about ordinary words and their usage
A is more convenient for those just beginning to learn a language
B is too advanced for most language learners to use effectively
C lists highly specialised terns used by language professionals

@はひとまず置いといて
まずはAを見ていきますが、just beginning とありますね。
勉強を始めたばっかりということですから、段落で言うと(2)のことのようですね。

Bは advanced とあります。そういえば「ゲームボーイアドバンス」というものもありましたね。
advance は「進歩」とか「進歩する(させる)」という意味になります。
それに too がついているのだから、
for most language learners / ほとんどの言語学習者にとって」
「進みすぎている」という感じですね。これは段落で言うと(4)のようですね。

Cは specialisedprofessionals があるので、もうそのままですね。
段落(4)の話です。

ということで正解は@なのですが、念のため見ておきましょう。
@ includes a lot of information about ordinary words and their usage
ordinary は「普通の」なので、
普通の単語やそれらの用法についてたくさん情報が載っているということです。

(1)の辞書ではカードの表裏なので、「たくさん」の情報を書くことはできませんよね。
(4)には come や go のような単語を omit すると書いてあります。
omit は「オウミット(発音注意)」と発音し、「〜を省く」の意味です。
come や go といった単語を省いている辞書と、選択肢@の内容とは合いませんね。

(3)を詳しく見るまでもなく、普段使っている辞書のことを想像すれば
選択肢@の内容がそうであるとわかるかと思いますが、ついでに確認してみましょう。

そこで、(3)を見ていくとa large number of commonly used English words とあります。
a large number of は a lot of と同じで「たくさん」の意味です(なんとなく想像つきますね)。
commonly は「普通に」の意味なので、「普通に使う英語単語がたくさん」あるわけですね。

さらに(3)の最後には how it is used とあります。
how it is used は間接疑問文というやつで、「それの使い方」という意味になります。
選択肢@の their usage と被っていますね。

【正解】@

センター試験英語過去問トライアル




第6問「長文読解」問3へ進む
第6問「長文読解」問1へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→