センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2009年(平成21年)センター試験第2問A「文法・語彙・語法」問5


次の問いの(   )に入れるのに最も適当なものを、下の@〜Cのうちから一つ選べ。

問5
You've got (   ) on your tie. Did you have fried eggs for breakfast?


   @a few eggs  Aan egg  Bsome egg  Csome eggs

【解説】
選択肢を見ると全て「たまご」なので、(   )に「たまご」を当てはめて考えると
たまごをゲットしたということになります。しかも tie(ネクタイ)の上に・・・さてどういうことでしょうか?

@は「少しの(2・3個の)たまご」
Aは「1つのたまご」
Cは「何個かのたまご」・・・です。ここまでは大丈夫だと思います。
たまごを1つもしくは複数個、ネクタイの上にゲット・・・大道芸でもしているのでしょうか?

さてBは some があるのに egg に複数のs がありません。さてなぜでしょう?
それは egg が数えられない名詞として使われているからです。
つまり卵の殻がない状態・・・もう少し正確に言えば今回の問題では fried eggs(目玉焼き)なので
その目玉焼きの黄身の部分が半熟でトロっとしていて、それがネクタイに付着(ゲット)しているのです。

当然トロっとしているたまごは数えられませんから複数にはなりません。
たまごが食べたくなる問題でしたね。

【正解】B

2009年(平成21年)センター試験第2問チェック問題
センター試験英語過去問トライアル




第2問A「文法・語彙・語法」問6へ進む
第2問A「文法・語彙・語法」問4へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→