センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2009年(平成21年)センター試験英語第1問B「アクセント」問1


次の問において、与えられた語と第1アクセントの位置が同じ語を、
それぞれ下の@〜Cのうちから1つ選べ。

問1 accustom
   @calender Aimpression Boperate Cpopular

【解説】
@calender は「レンダー」になります。
日本語からすると「カンダー」としがちですが、そこが日本語英語の落とし穴です。

Aimpression は語尾が ion なのでアクセントルールより1つ前にアクセント。
「イン・プレッ・ション」です。

Boperate も語尾が ate なのでアクセントルールにより2つ前にアクセント。
・ペ・レイト」です。
日本語につられて「オペレイト」なんてしないようにね。

Cpopular は「ピュラー」です。
これは英語の発音が日本語と同じなので問題ないですかね(逆にひっかかるかな?)。

選択肢のアクセントの位置がそれぞれ
@第1音節 A第2音節 B第1音節 C第1音節 なのでそれだけで答はAだとわかりますね。
本番ではそのように選択肢だけ見て解答するということも時間短縮の手段ではあります。
(といっても、数秒のことですが・・・)

一応 accustom を見てみると「ア・ス・タム」と第2音節にアクセントがありますね。

【正解】A

センター試験英語過去問トライアル




第1問B「アクセント」問2へ進む
第1問A「発音」問3へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→