センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2008年(平成20年)センター試験英語第3問B「要約」問2


次の英文は、学校新聞に載った、服装規定についての記事である。
意見の要約として最も適当なものを、それぞれ下の@〜Cのうちから一つ選べ。

 Our next opinion was submitted by Kishan Santha, an eleventh grader, who says:

 Students should be free to choose what they want to wear to school. Granted, there are some shirts that have offensive writing on them but the majority of messages are not offensive. Most messages do not negatively affect our learning and attention in class. If we have a dress code at all, it should state that students cannot wear clothes with insulting words on them. But, that is it. I'm sure that whether there is a dress code or not, my friends will wear what they know is fine and appropriate in school. Teachers should trust us to be able to determine whether or not the clothes we decide to wear are appropriate.

@ A dress code cannot prevent students from wearing clothing with offensive messages.
A In most cases, students can determine what clothing is acceptable to wear to school.
B Teachers can be trust to make a dress code that students will accept.
C Students should be encouraged to make a school dress code for themselves.

【正解】
問題文中の But に注目しましょう。

but は逆接の接続詞で、その前後で逆の意味のものがくるが、
後ろの内容がより重要になることに注意です。

But, that is it. I'm sure that whether there is a dress code or not, my friends will wear what they know is fine and appropriate in school.
「しかし、それはそうだが、服装規定があろうがなかろうが、
私の友達たちは、きれいで学校に適した物を(ちゃんと分かって)着ると私は思う」
(what の後ろの they know は、省略しても意味が通じるということは挿入句?)

選択肢の意味は
@服装規定は生徒たちが気分を害するメッセージのある服を着るのをやめさせられない。
Aほとんどの場合、学生は学校へ着ていくのにどんな服が適しているかを決められる。
B学生が受け入れられる服装規定を、つくることについて先生たちを信用することができる。
C学生たちは自分自身で学校の服装規定をつくるよう奨励されるべきだ。

【正解】A

センター試験英語過去問トライアル




第3問B「要約」問3へ進む
第3問B「要約」問1へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→