センター試験には良問が多いと言われています。問題が公表され、当然注目も集まりますので、その作成に多くの人が関わり何重にもチェックされます。そんな練りに練られた問題を、単に解いてそれで終わりではもったいない! そんなセンター試験過去問をどこよりも誰よりも詳しく徹底的に解説していきます。1つ1つ丁寧に確認し、真の実力(英語力)を身につけましょう。


info_top
大学入試センター試験英語過去問題解説

2007年(平成19年)センター試験英語第1問B「アクセント」問1


次の問いにおいて、最も強く発音される部分の位置が異なるものを含む組み合わせを、
@〜Cのうちから一つ選べ。

問1
@
A
B
C
en-ve-lope
ma-te-ri-al
ef-fec-tive
em-bar-rass-ment
fur-ni-ture
psy-chol-o-gy
in-ter-view
li-brar-i-an
hor-ri-ble
re-mark-a-ble
rec-og-nize
phi-los-o-phy

【解説】
この問題形式は嫌ですねぇ。ある意味4つ問題を解いているのと同じですからね。
と、まぁ愚痴はこれくらいにしておいて、問題に取り掛かりましょう。

アクセントといえばアクセントルールですね。
これを知っているか知らないかは結構大きいかもしれません。

@から見てみましょう。
envelopeンヴェロゥプ」は「封筒」。アクセントは第1音節にあります。
furnitureァーニチャ」は「家具」。アクセントは第1音節。数えられない名詞であることに注意。
horribleーリブル」は「おそろしい・不愉快な」。第1音節。ible 自体にアクセントはない。

続いてAです。
material 「マリアル」は「原料」。アクセントは第2音節。ial の直前の母音にアクセント。
psychology 「サイロジー」は「心理学」。アクセントは第2音節。logy の直前の母音にアクセント。
remarkable 「リマーカブル」は「注目すべき」。アクセントは第2音節。able 自体にアクセントはない。

続いてBです。
effective 「イフェクティブ」は「効果的な」。アクセントは第2音節。
子音字+tive は直前の母音にアクセント。(母音字+tive の場合は別なので注意)
interviewンタビュー」。アクセントは第1音節。「インビュー」としがちですが間違いです。
recognizeコグナイズ」は「わかる・認める」。アクセントは第1音節。

最後にCです。
embarrassment 「インラスメント」は「当惑」。アクセントは第2音節。
librarian 「ライブレィリアン」は「図書館司書」。アクセントは第2音節。
library だと第1音節にアクセントがあるので、そこがチョットややしいですが、ian は直前の母音にアクセント。
philosophy 「フィソフィ」は「哲学」。アクセントは第2音節。phy は2つ前の母音にアクセント。

【正解】B

センター試験英語過去問トライアル




第1問B「アクセント」問2へ進む
第1問A「発音」問3へ戻る
大学入試センター試験英語解説トップへ

間違いなどありましたら、受験勉強研究ネットワーク LEVEL UPまでご連絡下さい。

Page Top



この改行は必要br→