CONTENT
きっかけ
自転車通勤入門
通勤アイテム
自転車の選び方
二台目購入
ロードバイク迷走記
我家の自転車
サイクリング
親子サイクリング
メンテナンス編
自転車通勤ダイエット
健康に生きる
ブルベへの道
plofile
off会レポート
掲示板
bossのつぶやき日記
旧つぶやき日記
link
アンケート
サイトコンセプト
今月の1枚
北海道通勤事情
雪中通勤
Google Ads
 MTB用スパイクタイヤ
 
型番 サイズ ピン数 価格
SCHWALB
26inch MTB用
SNOW STUD 26×1.90 100PIN 3800円
ICE SPIKER 26×2.1 304PIN 7800円
700C クロスバイク用
SNOW STUD 700×38C 120PIN 3800円
NOKIAN
26inch MTB用
hakka WXC300 26×2.1 300PIN 12500円
Freddle's Revenz 336 26×2.3 336PIN 18800円
カクイチ
26inch MTB用(ウインターヴェロ)
VHBFRb-56 26×2.125 56PIN 6800円
VHBFRb-112 26×2.125 112PIN 7800円
VHMRb200kv(リア用) 26×1.95 200PIN 10600円
VHMFb200kv(フロント用) 26×1.95 200PIN 10600円

 MTB用のスパイクタイヤはタイヤ一本に対し50から300のスパイクが埋め込まれている。当然スパイクの数が多いほどグリップはするが、当然走行抵抗と重量と値段が大きくなる。300PINになると、圧雪路だろうが、アイスバーンだろうが、夏のアスファルト路面と同じようなブレーキングが可能となる(凍った轍の側面を走ることも可能)。ただしその反面走行抵抗がアイスバーン上でも通常路面の1.5倍以上の抵抗がある。