CONTENT
きっかけ
自転車通勤入門
通勤アイテム
自転車の選び方
二台目購入
ロードバイク迷走記
我家の自転車
サイクリング
親子サイクリング
メンテナンス編
自転車通勤ダイエット
健康に生きる
ブルベへの道
plofile
off会レポート
掲示板
bossのつぶやき日記
旧つぶやき日記
link
アンケート
サイトコンセプト
今月の1枚
北海道通勤事情
雪中通勤
Google Ads
 雪中通勤
 2003年10月、後2月で自転車通勤も終わりだなと思いながら、冬でも自転車に乗れないだろうかと考え始めるようになった。

自転車通勤をはじめた年は、冬場(11月から3月まで)まったく自転車に乗れなくて、せっかく減った体重も元に戻り、さらに4月に自転車通勤を再開したときに、せっかく付いた基礎体力も元にもどり、取り戻すのに2ヶ月近くかかった経験があった。

子供の頃、名古屋で雪が10p程度積もった時自転車に乗ったことはあるが、積もったばかりの雪や多少の圧雪路は普通のタイヤでも結構走れるものだが、アイスバーンになると歩いている人間さえ転ぶのだから、自転車では非常に危険である。

そういえば初めての北海道の冬に、雪の中を普通の自転車で走っている人を見て驚いた経験もある。
しかし、それは雪に慣れているとかの問題ではなく、大変危険な行為である。自分だけではなく周りの歩行者や車にも危害を与える可能性が高い。

札幌では一部のショップには「スパイクタイヤ」を販売しており、実際にスパイクをMTBに履かせて雪の中を走っている人を見かけたこともある。
サイトを調べてみると、幾つかのメーカーからスパイクタイヤを製造しているようで、どんなものがいいのかなと考えていた。