2005年5月 

05.01 つぶやき
昨日の夕方からインターネットに繋がらないなぁと思っていたら、電話も繋がらない。
NTTに電話すると、本日点検しに伺うとのこと・・・
結局NTTの基地局の私の回線の線がおかしくなっていたそうです。
NTTの人もゴールデンウィークなんて関係ないのですね・・・ご苦労様です。

今日はあいにくの雨模様で結局どこにも行かずに、HPの更新作業などをしていた。
このゴールデンウィークは特にどこに行く予定もない。
午後から妻と長男が買い物に出かけ、次男と2人で留守番をしている。

遊びつかれて、私の横で寝ている。
子供だ子供だと思っていても、確実に大きくなっている。(当たり前のことだが)北海道に転勤してきて生まれた次男がすでに幼稚園の年少組に入り、今年の7月で4歳になる。
同じ4歳児に比べると体も小さく、顔も幼いので若く(?)見えるが、彼もいっぱしの口を利くようになる。
その分自分も年を重ねているのだろう。
自分だけで考えると20歳の時と30歳の時と今と何一つ変わっていない気がするが、自分の周りは確実に時間が過ぎ去っている。そう考えるともっと自分も成長しなければと考えてしまう。

05.02 通勤トライアル
今日は本来は休みだが、職場に行く。
天気もよく、追い風なので久々に通勤トライアルに挑戦してみた。
今までの最高記録は17.5kmを40分だが、今日は37:23、Ave28.4km/hというまずまずの記録が出た。
以前の最高記録のときは信号無視こそしなかったが、かなりの危なっかしい運転だった。
今日はそこそこ頑張りながらも、周りはしっかり確認できる余裕はあった。
といいつつも終わった直後に脈を測ると120bpmなので、もう少し頑張れたのかもしれない。

用事をすませ帰りは向かい風、ケイデンスを95ぐらいに走るが、途中でで「バス!」っと音がする。
前輪がバーストした。
停車して調べてみると、タイヤのビート部分がリムから部分的にはがれている。
そしてチューブは見事に修理が利かない位にバーストしている。
以前はパンクばかりしてタイヤをPanaのストラディアスエリート-ライトに交換してから一度もパンクしていなかったが、2日前に空気を9気圧まで入れなおしたところだ。
所定空気圧は7〜10気圧となっているのになぜ?という感じだ。
自宅に戻り、空気圧をとりあえず8気圧に設定したが、7気圧ぐらいにすると振動が吸収されて良いかもしれない。

本日の走行距離35.5km、Ave25.8km/h

05.03 おでかけ
今日は久々に家族揃って洞爺湖に出かける。
私は1月前に行ったが、家族は1年ぶりぐらいだ。
洞爺湖の火山の噴火口を家族は見ていないので連れて行った。
それと温泉に入りにでかけた。
自宅をでてしばらくすると頑張れ道産子中年サイクリストの管理人tetsuさん夫婦が張碓峠を二人で仲良く走っている。
tetsuさんはともかく奥さんもしっかり峠を登っている。うちの嫁さんなら多分張碓峠でも上れないだろう。

さて、張碓峠から朝里峠を越え中山峠に抜け洞爺湖を走るルートだ。
このルートは昨年ツール・ド・北海道のコースでもある。
さすがに朝里峠は道路こそ雪はないがしっかり山には雪が残っている。
札幌国際スキー場も5月8日まで営業している。

洞爺湖について、コンビニでカップラーメンを買う。
洞爺湖の景色のいい公園でれージャーシートを敷き暖かい日差しのなかでランチタイム。
なべとガソリンバーナーでお湯を沸かし、家族4人でカップラーメンをすする。
カップラーメンでも、ガソリンバーナーでお湯を沸かすとそこそこピクニック気分だ。

昼食を食べ、西山火口に行く。
洞爺湖から虻田町に抜ける国道が、火山のため隆起し今は散策路となっている。
腹ごなしに一番奥まで歩く。
そうすると
折り返し地点で1.6km歩いたことになる。
さすがに次男坊は疲れたみたいで、帰りはほとんど肩車して歩く。
次男の体重は14kgなので、1年前は今より20kg以上太っていたので次男を背負っているより脚にかかる負担は大きいはず。
そう思うとトレーニングと称して散策路を走り出す。
周りからしてみれば変わった親子と思われたはずだ・・・・

そして今日のメインイベントである温泉。
昨年LeeさんととりさんでOFF会した時の会場の大和旅館の源泉かけ流しの温泉にはいる。
うすい茶褐色の温泉にじっくりつかる。
不思議なことに、温泉から上がると手足の痺れがずいぶん軽くなっている。

帰りは京極の噴出し公園で水を100リットルほど汲んで帰りました。
温泉代1000円、昼食代800円、ソフトクリーム500円、あげいも280円
ガソリン代を除いて2500円で家族が満足した1日でした。

05.04 目標達成
この時期の北海道の天気予報ほど当てにならないものはない
昨日までは、5月5日の方が天気が良いはずだったが、朝起きてみると曇り・・・
ネットの天気予報を見ると、北西の風2〜5mぐらいとなっている。
今日か明日に100km走る予定だったので、天気予報をみて、本日100km走ることにした。
目標は100kmを4時間で走りきること!
当然、風は弱いほうが良いに決まっている。
8時20分に自宅を出発。
天気予報どおりに風は弱い。若干の追い風2m/sぐらいだろうか?
本日の最高気温の予想も14度とまずまずの温度である。
巡航速度30km/h程度で順調に走っていく。
先日寒さで断念した、25km地点でAve26km/hとまずまずのスピードだ。
自宅から25kmまではほとんど平地である。
そこからさきがアップダウンの激しい道となる。
自宅から25km地点の石狩八幡のコンビニでペットボトル2本(お茶とスポーツドリンク)を購入。最初の休憩。
この調子なら100km4時間は楽勝ペース。
順調に距離を稼ぐ。
途中でサイクルコンピュータを見ると走行時間が2時間30分となっている。

なんで?
走行距離を見るとどうしても計算が合わない!
前日乗ったデータをリセットするのを忘れていた!
確か先日は通勤トライアルで1時間20分ちょっと、走行距離は35kmだ。
引き算をすればいい!
気を取り直してはしる。
望来村を過ぎたあたりから向かい風が強くなる。
順応速度が25km/h程度となる。
取りあえずケイデンスを90以上に保つ。
厚田村を過ぎたあたりでトリップメーターが82kmとなる。
自分の記憶が間違っていると困るので、トリップメーターが86kmの地点で折り返す。
このあたりになるとかなりアップダウンが激しくおまけに風がつよい。
向かい風でAveが25.6km/hとなる。
まあ、ここから先は追い風になるので楽勝!と思い、折り返す。
厚田村のコンビニでスポーツドリンクを購入して初めて栄養補給する。
自宅から持ってきたカロリーメートと2本とお菓子を食べる。
合計のカロリーは400kcalぐらいだろうか?
以前ハンガーノックになった経験があるので、こまめに栄養補給をしなければならない。

さて帰り道、追い風に乗っていい調子で走ることができる。
Aveも26km/hを越える。
風速では10m/s近いだろう。ちょっと気になるのは完全な追い風ではなく、追い風6割、横風4割程度だろうか?

ここから先は南西に向かうこととなるので、追い風が向かい風になるような気がしてきた。
石狩市にはいると予感は的中してほぼ向かい風となる。
鯉のぼりが進行方向にほぼ真横にたなびいている。
風速10m/sはあるだろうか?
ケイデンスを90を保つが、巡航速度は20km/hにも見たいない。
あと残り25kmだ。
のこり時間が1時間ちょっと。
ここから先は時間との戦い。
今日は風が少ない予報だろう!
とおもっても容赦なく風が吹き荒れる。
巡航速度は20km/hを下回る。
何とかして100km4時間をクリアーしたい。
自宅まで10kmの地点で最後の休憩。
脈を測ると130近い。
後残り30分。
記録は無理かなと思いつつも最後の力を振り絞る。
残り2kmの地点で残り時間が7分となる。
相変わらず向かい風と最後は上り坂だ。
こんな挑戦二度としたくない!

なんでこんなしんどい思いしながら走っているんだろう?
こんなことさえ思うようになる。
坂を登りきると残り時間2分である。
後は下りだ。
ケイデンス100を越えるスピードで自宅に向かう。

自宅に到着すると5時間23分03秒
ひょっとしたら100km4時間は無理だったのだろうか?
ストレッチもせずに自宅に戻り、エクセルを起動する。
計算すると
本日の走行距離100.87km、走行時間4時間23秒
平均速度は25.19km/h
やった!
100km4時間を初回でクリアーした。

体がしんどくて仕方ないです。
ブルベ200kmってどんなだろう?
確かにAve25km/hは必要ないが距離が本日の倍である。
延べ時間が5時間掛かっているので、今日のペースで走れたとしても10時間かかることになる。

後は当日風が弱いことを願うばかりである。

05.05 ブルベ試走
本日はBRM507石狩200kmのコースを試走する。
といっても車でだが、、、、
石狩番屋の湯を9時40分に出発して一路浜益に向かう。
厚田までは何度も来たことがあるが、浜益までは過去に1度しか来たことがない。
厚田村の役場を通り過ぎるとトンネルが多くなる。
送毛から送毛トンネルまでが、このブルベのコースでの最大の峠越えとなる。
トンネルを越えると下り坂で一気に浜益まで走ることができる。
浜益でPC1のセイコーマートがあり、そこから新十津川町まで山道(比較的平坦)を約50km走る。
新十津川でPC2のサンクスでおり返り、きた道を逆走する。
四番川から当別に向かう。
ここまで来ると全体の3/4は走ったことになる。
PC3の青山中央地区案内広場が唯一の有人PCとなる。
PC3をすぎ、厚田村に向かうT字路があるが、そこに自動販売機がありそこから約20kmは水分補給する場所はない。

当別町に入り道路沿いに養鶏場とラーメン屋がある。
そこで昼食。ここまでで3時間以上かかっている。
あっさりしたスープのラーメンでラーメンが550円と北海道ではずいぶん安い価格設定だ。
ラーメン3つととり飯、餃子・焼き鳥を1人前たのみ親子4人では食べきれなくらい。

ここから先は当別をぬけ、石狩の番屋の湯まで走るだけだ。

感想としては「こんな距離はしるの!!」と云った感じだ。
車でずいぶん飛ばして4時間もかかる。

朝7時出発でゴールまで13.5時間で走ることになる。
自分としては何とか暗くならないうちにゴールしたいが、、、、

帰りに秀岳荘白石店により、シューズカバーを探すが売っていなく、サイクルオノでレインシューズカバーを購入した。予備チューブ一本とイージーパッチも購入した。

自宅に戻り、天気予報を見ると、5月7日の天気は雨、降水確率80%、最高気温6度、最低気温6度!
一体どうなっているのだろう!
この温度ならひょっとしたら浜益から新十津川までは雪になる可能性もある。

どのような服装にすれば良いのか??
これで今日みたいに強い風が吹いていたら・・・・
日ごろの行いがよっぽど悪いのだろうか・・・

back