2004年2月

02.01 心拍トレーニングの功名
去年までは自転車に乗っていても心拍数なんて、全く気にもしていなかったが、最近心拍数をずいぶん意識するようになってきた。
一番良くやるのが、エアロバイクで15分ウォーミングアップで、最大心拍数の75%で15分、後15分でクールダウン。
ウォーミングアップも15分の間に徐々に最大心拍数に近づくように負荷を上げていく。

このトレーニングをすると体中から汗がふきでる。
45分の運動で大体600kcalのエネルギー消費になる。

そこで、最近気がついたのが、このトレーニングをしていると手の痺れや冷たさがなくなる。
私は首の病気のせいで手がしびれたり、血流障害(いまのところ手先のみ)のため、北海道のこの時期屋外では手袋なしでは3分もすると、手がかじかんでくる。

運動しているから血流がよくなるのは当たり前だが、ウォーミングアップに時間をかけると、体中の毛細血管まで血流がよくなるので、トレーニング終了後1時間ちかくはは手先が冷たくなることはない。体をまんべんなく温めるのは心拍数トレーニングは非常に有効な手段かもしれない。
ウォーミングアップなしでいきなり心拍数を上げると、太い血管の血流だけ早くなり、細い血管の血流はかわらないそうである。

02.02 時の経過
今日は早く家に帰ったので、次男坊を風呂に入れる。
いつもは、長男坊(8歳)が次男坊(3歳)と一緒に風呂に入っているが、長男坊が風邪を引いているため、私が風呂に入れた。
面白いもので、同じように育てたつもりでも性格は全く違う。長男はおっとり、優しい性格だが、次男はやんちゃで言うことをなかなか聞かない。
風呂に入っていてもじっとしていることはない、浴槽のヘリにつかまり足をばたつかせたり、おもちゃで遊んだり。

体を洗って、浴槽に入り体を温めるために10まで数えることを2回繰り返す。
1・2・3・5・6・8・・・?
数字の数え方の練習をする。
これをしていて5年前に長男坊に同じことをしていたなと思い出す。

「あれから5年も経ったのだ」と驚いてしまった。

時が経つのは早いものだ。

02.03  つぶやき
今日は完全休養日でトレーニングは一切無し。
車で通勤した。

昨晩の帰宅時のジョギングで、走り出して20分後に脈拍を測る。そうすると100bpm。
1週間前測ったときは110bpm、ジョギングを初めてしたときは140bpm。
走る速度は変えていない。
先週の水曜日は両ふくらはぎが筋肉痛で痛くて走れなかったが、今週は太ももの筋肉痛のみで走ることは可能だった。
同じスピードで同じ距離を走っているのに脈拍がこれほど下がってきたのは、走ることに体が慣れていたのだろう。まだ、筋肉痛が出るということは走る筋肉そのものは追いついていっていないかもしれないが、心肺機能そのものは自転車で鍛えられてるぶん、適応は早いのだろう。
来週ぐらいには脚の筋肉痛もなくなるといいのだが、、、

帰宅後風呂に入り夕食前に体重計に載る。
体重67.9kg、体脂肪12.5%

ここのところカロリー摂取量は2200〜2300kcalは食べている。
ただ、トレーニングで消費されるカロリーが多いので体重が減ってきている。
「じゃあ食べればいいじゃん!」と健康な人はそう思うかもしれないが、無投薬になったとはいえ糖尿病を患っている自分としては、むやみに摂取カロリーを上げると、血糖値のコントロールも悪くなるので、様子を見ながら調整しなければならない。

鏡の前に立ち自分の体を見つめると、下半身の筋肉の割りに上半身の筋肉の乗りが少ない。
体重が下がってきてはいるが、除脂肪体重は上がっているので、筋肉自体は増えている。もう少し上半身の筋肉をつけるといいのだが、、、

夕食後ファンライドのDVDを見る、ツール・ド・沖縄のブリジストンアンカーチームの活躍ぶりが収録競れていた。(今年はアンカーを応援しなければ、、、)
映像で、選手が上半身裸になっている映像を見ると、胸の筋肉自体はあまり付いていないことに気が付いた。
「おっ!、自分の体もロード選手みたいでいいかも?」と思ったが、下半身の筋肉をみてその考えは一気に吹き飛んだ。「全く別物だ・・・」

しかし、彼らはレース中すごい栄養補給をしているようだ。ゼリーやパンやドリンクを走りながら補給している。(おしっこはどうするのだろう??レース中後ろの人は晴れていても雨(?)にあたることがあるという話をきいたことがあるが)
1レースで3000〜4000kcalは消費するので、レース中に補給しなければ、たちまちハンガーノックになってしまうのだろう。

02.04 ありがとう
人は毎日偶然の積み重ねで生きていると思う。

昔車をぶつけられたときに、「あの信号で止まっていれば、もうすこしゆっくり走っていれば事故にはあわなかった」と思った。「偶然が重なり事故にあった」と感じた。
何かあったときに偶然とか運が悪かったとか思うことが多いが、人が生きていることも偶然の積み重ねなのかもしれない。

今朝、いつものようにジョギングをして通勤してきたが、職場近くの交差点で信号待ちをしていた。今日はちょっと風が強いと感じていたがたまたま、強い風が吹いたと思った瞬間「バス!」という鈍い音とともに白いものが体に飛び散った。
「なんだ!」とおもい振り返ると私の1m後ろに雪が放射状に飛び散っている。
「落雪」である。それも私がいたところは8階建てのホテルの横で、上を見上げると、屋根から雪尻がはねだしている。

風にあおられた雪が30m下の地面に落ちたのである。
考えるとぞっとする。あれが頭に当たってたらどうなっていただろう?
雪の塊がどの大きさかわからないが、当たればかなりのダメージを追うだろう。ましてや私は首に爆弾を抱えているので、ひょっとしたら植物人間になっていたかもしれない。

まさに、偶然の重なりで生きていることを実感した。

事故に合うのも偶然なら生きているのも偶然・・・・

「おはよう」「いただきます」「ありがとう」という挨拶は「生きていることに感謝する言葉です」

「ありがとう」と素直に言えるように心がけたい。

02.05 ドライブ
今日は久々にドライブに出かけた。

12月の終わりから長男がスキースクールに土日祝日と通っているため、どこにもでかけていなかった。というより、秋からどこにも家族と遠出していなかったので、今日は午前中スクールに通わせて、午後から支笏湖のひょうとう祭りにでかけた。

さすがに札幌市内は混んでいて、行くのに2時間半もかかった。
氷点下6度のなかで氷のオブジェを楽しみ、子供達は滑り台で楽しみ、久々にリフレッシュできた。

最近痩せて脂肪が無くなったせいか、1時間も車を運転していると尻が痛くてしょうがない。
前は1日運転していても大丈夫だったのに、、、、

02.07 雪祭り
今日から札幌雪祭りが始まった。
今年は愛知県の万博を記念して名古屋城の雪造があるそうだが、名古屋人として興味がある。

この時期になると日中暖かい日が何日かあり、雪像が溶け出すこともある。
今朝の通勤時間帯の温度もプラスの2度もあり、ジョギングをしていると体中から汗が出てくる。
最近、当たり前だが、日の出が早くなり、5時を過ぎても外は少し明るい。
だんだんと春になっていることが実感できる。

今年ほど春が来るのが待ちどおしいのは久しぶりだ。ロードレーサーに乗れるということも理由の一つだが、昨年からの病気の積み重ねで、暗い気持ちで冬に突入してしまったせいもある。
手足のしびれはずいぶんよくなってきているが、手足先の血流障害による冷えがかなりこたえる。春になって暖かくなれば、冷えも少しは改善するはずだ。

後1ヶ月半もすればアスファルトが顔を出すだろう。
本州では梅の便りが聞こえ出す。
確実に春はやってきている。

02.09 しあわせ
今日はすこぶる調子がいい!

手足の血流障害がほとんどなく、手先足先の冷えが感じられなかった。
何をしたかというと、今日1日へその下に「貼るカイロ」を貼っていた。
それだけである。
この方法は「どんな病気も温めれば治る!」石原結實著に書かれていた。
今まで、カイロはずっと使っていたが、へその下に貼るのは初めてである。
その本には日中ずっと貼っていて、寝る時にははがすと書いてある。
注意することは低温やけどである。
下腹を温めると基礎代謝が上がり、体温も上がるようになり、体全体の血流がよくなると書かれている。1週間続けると体温が1度近く上昇したそうである。


しばらく続けてみよう。
これで、冷えがなくなればもうけものだ!

冷え性で悩んでいる方お試しあれ!
こんなことで幸せを感じてしまう自分は幸せものだ。

02.10 つかれた
今日はさすがに疲れた。

朝9時から16時までセミナー、18時から21時までもまた別のセミナー。
1日9時間しゃべりっぱなしである。

慣れているとはいえ、朝から晩まではちょっとつらい。

ちなみにセミナーが終わった直後に血圧計で測ってみると最高167、最低86、脈拍96である。
私はいつもは最高血圧が110にもならないし、脈拍96はウォーキングしていうより早い。
腹の底から声を出しているせいか?
コレを続けていると高血圧になってしまうかも??
もう少し小さい声でしゃべろうかな・・・

02.11 スキー
今日は近所のスキー場で4時間券が1500円の日なので、4時間たっぷりスキーを楽しんだ。
考えてみれば、いつもは回数券を購入しているので、そんなにリフトに乗っていない。
今日は16本すべり、思い切りスキーを楽しんだ。
やはり体重が減っているせいか、急斜面を休みなしに滑り降りても、全く脚に負担がない。
スキーの切り返しがとても楽だ。

これで明日の筋肉痛がなければ最高なのだが・・・・無理かな


そう考えると、雪解けとともに自転車に乗ったら、とても楽なのかもしれない。
なんせ20kg以上も軽量化出来ている。
エンジンの出力低下はなさそうだし、エアロバイクの心拍数トレーニングの成果も多少期待できる。

早く自転車に乗りたい!

02.12 いい感じ
今のところ、昨日のスキーの筋肉痛が出ていない!
いい感じである。
前回は翌日の昼過ぎに筋肉痛がでたが、今現在出ていないということは、期待が持てるかもしれない。
やはり体重が減ったことによる影響は大きいようだ。

しかし、子供というのは筋肉痛さえ感じないようだ!
長男坊は昨日はスキースクールで1日すべり、今日はスキー検定で1日滑る。
「脚痛くないか?」と聞いても「全然!」と平気な顔で滑っている。
今日も日中の最高気温が−5度のスキー場で汗をかきながら滑っていたようだ。

02.13 雪祭り
今日は雪祭り最終日!
長男はスキースクールがあるが、休ませて家族全員で雪祭りを見に行く。
まず、真駒内会場、今年で真駒内会場は終わりということで、行って見るが、すごい人!
滑り台は1時間待ち。
30分待ってミニSLに乗り、大通り会場へ向かう。
ここでも人人人!
全国各地から旅行者が押しかけている。

そして見てみたかったのが名古屋場の大雪造。
名古屋人の血が騒ぐのかどうしても見てみたかった。
実物の1/3の大きさらしいが、近くで見るとなかなか迫力がある。

この時期に全国から高いお金を出してみに来る人が大勢いる。
せっかく北海道に住んでいるのなら楽しまない手はない。
今日はよく歩きました。
万歩計は14000歩、そしてその半分は、子供を乗せたそりを引いていたので、結構いい運動になった。

そうそう、金曜日のスキーの筋肉痛は結局出ませんでした!

02.14 がっくり・・・・
1月17日から無投薬になり、約1月経ちました。

自己血糖値測定はそんなにしていないのですが(インスリンを注射していない人は自己負担10割なので1回計測するのに100円かかる)、1月末に測ると夕食後2時間で119mg/dl、起床時の空腹時血糖で120mg/dlでまあまあ、いい感じと思っていました。

(正常値 空腹時血糖110mg/dl、食後2時間血糖値140mg/dl未満)

先週金曜日(スキーをして運動はしっかりやりました)に夕食後2時間で測ると168mg/dl、その時の夕食は豚肉を3.5単位(1単位=80kcal)、豆腐を1単位だったので、肉が影響しているのかなと思っていました。
そして昨日の夜も2時間で計ると167mg/dlでした。昨晩の食事はカレイに煮付け1.5単位、おから2単位で、いつもより若干少なめでした。
食べ物の差ではなく、やはり血糖値が高めになっていました。

昨晩はショックでなかなか寝れませんでした。

ただ、起床時の空腹時は102と正常値に入っていました。(ちょっと救われました)

私の場合1日のうち夕食が一番食べる(800〜900kcal)ので、その2時間血糖値が1日の最大血糖値になるとおもいます。

ためしに朝食をいつものとおり650kcal程度食べ、通勤ジョギングをした後の2時間血糖値は119mg/dlでした。(正常値の範囲内)
昼食後2時間血糖値は174mg/dl、やはり基準値をオーバーしている。

薬を飲んでいた時の朝食後2時間血糖値は、100を越えることがなかったのでやはり薬の影響が強かったのだと思います。

食事の量は以前と変わらず、運動は継続しています。体重も若干下がり目です。

私のすい臓君はインスリンを必要量だしてくれないのかなぁ?

やはり、無投薬は無理だったのかなぁ〜(泣)。

明日病院に行ってみて検査してみます。

これからしばらくは帰宅時のジョギングをやめて、夕食後エアロバイクに変更し様子を見てみます。
後はキトサンパワーを信じて、「絶対治すぞ!」の希望を捨てずに頑張ります。

02.15 よかった!
本日夕方病院に行って来ました。

結果は前回と同様の数値で糖尿のコントロールは全く問題ありませんでした。

食後2時間の数値が高いのはそんなに気にする必要はないと医者から言われました。
「あなたは糖尿病なのだから、正常な人より高くてもあたりまえです、HbA1cは薬を止めても先月と同じなので、大変よくコントロールされています」と誉められました。

昨日まで悩んでいたことが、あほみたいです。
やはり、もっと自分の体を信じてあげてもいいのかなと反省しています。

昨晩夕食後に45分エアロバイクに乗ったら、食後2時間血糖値は89mg/dlでした。
その前の日が168mg/dlで食べているカロリーはほとんど差がないので、運動による血糖値の下降のすごさを目の当たりにしました。
これからは可能な限り、食後の運動に変更します。

何とか無投薬を継続できそうな気がしてきました。

これからは数値の踊らされない強い精神力を持ちたいです。
気合だァ〜!

02.16 第一歩
ブルベに参加するための、最初の関門のAJ(オダックスジャパン)の入会申込をしてきました。ブルベに参加するためにはAJの会員にならなければなりません。
入会金は5000円ですが、その中の3000円分が自転車保険料なので、ずいぶんお得かもしれません。
年度途中の入会でも会費が安くなるわけではありませんが、安いものです。
後は、5月7日の石狩の参加申込をするだけです。
何か新しいことにチャレンジするのは、とてもどきどきしますね。
昨晩から、夕食後にエアロバイクを乗るようにしました。
私の場合、トレーニングはブルベに参加するためと、糖尿病の治療の2つの理由でやっているのですが、ただ、治療のためだけにペダルを回しているはつらいかもしれませんが、ブルベに挑戦するという理由があれば、トレーニングもさほどつらくはなくなります。

早くロードレーサー納車されないかな!

02.17 春っぽい?!
本日は振り替え休日で休み。
午前中に車で出かけると、幹線道路はアスファルトが露出している。
日中の最高気温は0度ぐらいだったが、日差しが降り注ぎ、なにか春っぽい。
長男が学校から帰り、しばらく外で遊ぶ。
子供たちはかまくら作りを楽しみ、父ちゃんは自転車いじりを楽しむ。
リアのディレイラーの調整をし、しばらく近所を走ってみる。

所々、シャーベット状になっているが、思いのほか走りやすい。
日差しが春っぽいせいか、心までウキウキしてくる。
「早く春にならないかなぁ〜!」と思わず声が出てしまう。
10分ほど近所を走り、長男をプールに連れて行く。
5時にプールが終わってもまだ、外は明るい。札幌の日の入りは5:08.
後1月もすれば雪解けになるだろうか??
今年は例年になく雪が多い!
写真は私の自宅付近の様子です。

02.18 体脂肪
昨日の話。
長男をプールに連れて行き、待っている間に、プールの体重計に体脂肪計が付いているので乗ってみた。
当然、自宅で使っているものより高級そうだが、乗ってみると体重が68.9kg、体脂肪が13.2%と表示された。
画面を良く見てみると、アスリートモードというのがある。
アスリートモードで測ってみると、9.5%と表示された。
その場では何がなんだか良くわからずに、「何でアスリートモードだと体脂肪が低く表示されるのだろう?」と思っていた。

本日昼休みに何気なくネットで検索してみると、タニタのHPで

@ 一週間に12時間以上のトレーニングを行っている方
A 体育会やスポーツ実業団に所属し、競技会等を目指してる方
B プロスポーツ選手
C ボディビルダーのように、筋肉量が多くなるようなトレーニングを行っている方

となっている。
BとCには該当しないが@とAには該当する。
ちなみに今の私の横腹をつまんでみると肉の厚さは1p程度となる。

最近風呂上りに鏡の前でポージングしたります。<かなりナルシスト
これで後10歳若ければモテモテだったのに。(10年前は100kg以上ありました)

体脂肪率は正確には測ることが難しい。近くの内科クリニックで体重、体脂肪率、水分量、筋肉量、脂肪量などを計測してくれる機械があるそうなので、1度計ってみたいなと思いつつも、1回測るのに1000円かかるらしい(高いのか安いのか)。

体重脂肪は十分落ちたが、もう少し筋肉量(特に上半身)を増やしたい。

自宅の体重計は体脂肪率と、内臓脂肪量が測れます。
内臓脂肪はレベル表示で

レベル9以下が標準
レベル10〜14がやや過剰
レベル15以上過剰

となり、今現在は5〜6ぐらいです。
ちなみにうちの嫁さんはレベル1です。(体脂肪率は17%ぐらい)

02.19 ネクタイ
最近はネクタイをして出勤することが多い。

自転車通勤しているときはネクタイなんぞ付けて出勤したことはない。
ただ、職場で着替えるため、ネクタイは常に持って出かける。
先日も、ネクタイ売り場でネクタイを選んでいると、次男が

「ボクもほしい」
「まだ、いらないでしょ!」
「ほしいもん」

今朝、昨日片付けなかったネクタイが床に転がっていると、ネクタイを首に巻いている。
「付けてほしいの?」
「うん!」

で付けてやる、しかし、人にネクタイを付けるのは結構難しい。

ネクタイを付けてやると、自分の幼稚園バックをもって
「会社いってくる!」
と玄関にいく。
2秒後には
「ただいま!」
と帰ってくる。

ネクタイ=会社

の式が3歳児の次男にはあるようだ。

ここで、一つひらめいたことがある。
もう少しすると、自転車通勤を再開する。
するとヘルメットをかぶり、サイクリングの格好をして「会社行って来る!」と出かける。
それを見た次男の頭には

サイクリングの格好=会社

の式がインプットされる。

そうすると、パパは雪が解けると忙しくなる。

平日は自転車通勤。
休日はトレーニング。

毎日会社だ

洗脳計画実行まで後半月・・・・

02.20 雪解け
今朝は、すごい風の音で起こされた。
まるで昨年上陸した台風18号並みの風速だ。
今日は暴風雪になるとの予報だったので、長男に「スキーは中止だな」と話していた。

しかし、朝8時過ぎると急に風が止み晴れてきた。

長男はスキーに出かけ、妻と次男と買い物に出かけた。
今日の最高気温は1度程度だが、日差しがあるせいか、雪が一気に溶け出した。
幹線道路はアスファルトが露出し、雪解けの水で道路がぬかるみ、いたるところで水溜りが出来ている。

なにか一気に春めいてきた。
このまま一気に雪解けになってほしいものだが明日からは、また雪の予報がでている。

買い物に行った時にバランスボールを買った。
これをつかってトレーニングするとインナーマッスルが鍛えられるようである。
先月のファンライドにもバランスボールを使ったトレーニング方が載っていた。
早速試してみよう。

雪解けの春に向かって、エンジン強化とバランス調整を行いたい。

02.21 ブルベ特集
今月のサイクルスポーツにはブルベが特集で掲載されているそうだ。

ブルベという競技がまだ日本のサイクルスポーツ界では認知されていないが、今後新しい競技カテゴリーとして参加者が増えるであろう。

先日、日本での公認団体である「オダックス・ジャパン(AJ)」に入会し会員番号も送付された。

今年の目標にセンチェリーラン出場をあげたが、今はブルベが目標となっている。
むろんセンチェリーランは出場予定に変わりはない。

センチェリーランに完走することは、さほど高いハードルではないような気がする。

しかし、ブルベは200(13.5)・300(20)・400(27)・600(45)・1200km(90h)と距離があり(制限時間)、ハードルとしてはものすごく高くなる。
順位を競うのではなく「自分への挑戦」というのが非常に気に入っている。

AJサイト
http://www.randonneurs-japon.org/


今年AJ北海道で開催されるのは5月7日の石狩200km、6月19日の恵庭300kmがある。

ブルベは200kmを完走しないと次の300kmには挑戦できない。
6月19日は仕事が入っているので出場できないが、今年中には300kmが走れる実力を付けたい。来年は300と400kmにチャレンジしたい。

02.22 もう雪はいらない
今日も昼過ぎまで雪が降り続き、昨日からの積雪量は20pぐらいになった。
札幌や小樽の除雪費用も底をついたようで、待ちのいたるところで雪の壁ができている。
昨年は3月1日より自転車通勤を再開したが、今年はこの調子では3月1日に自転車通勤を再開するのは難しいかもしれない。

考えてみれば、来週には3月に突入するというのに、今現在の積雪量は私の過去4年間の中で一番多い状態である。

今月サイクルスポーツは「スポーツサイクル入門」が特集で取り上げてあり、ビギナーでなくても必見の記事である。
さらに、ブルベのことも取り上げている。
これは、今晩読むのが楽しみである。

今日はこれから「救命病棟24時」もあるので忙しい。

02.23 雪・雪・雪
昨晩から降り続いた雪は日中も止むことがなく降り続く。

夕方から特に風が強くなり、雪が真横に降る。
今日は夜間セミナーを終え、JRの駅に向かう。
職場から一歩外に出ると、「歩道がない!」
車道はあるのだが、吹き溜まりのせいで、歩道が完全に埋まっている。膝上まで雪に埋まりながら、やっとの思い駅に到着。

すると9時をとうに回っているのに7時の列車がまだ着ていない。
駅で30分以上待たされてやっと電車にのる。

やっとの思い出自宅につくと駐車場の前が吹き溜まりになっている。
明日までほっておくとまた明日の除雪が大変なので除雪をする。

もう雪はやだ!

02.24 自転車少年記
ヒビスクスさんやytさんに教えていただいた、竹内真の「自転車少年記」をやっと手に入れることが出来た。

これは面白い!

自転車が好きな幼馴染の二人の少年が育っていく過程を描いた小説だが、作者の年齢から推測すると丁度私が子供の頃の時代背景がラップし、物語を読んでいくうちに、自転車が大好きだった子供の頃の忘れかけていた思い出が次から次への思い出してくる。
昔住んでいた団地から、隣の市のお城まで片道4kmを走りに行ったり、小学校の高学年で現在の実家まで10kmを往復したり、物語と私の過去がラップする。
2段組400ページにわたるボリュームだが1時間あまりで一気に100ページ近く読んでしまった。

自転車好きな人は一読の価値アリです。

02.25 キトサン
マイブームさんから教えていただいた、キトサンを飲み始めてそろそろ10日ほどたつ。
キトサンの効果として、免疫機能向上、血圧・コレステロール低下、血糖値低下などさまざまな効果を持つらしい。

今週に入り非常に眠たい、昨晩も日中眠たくて仕方が無いのでいつもより早く寝たにもかかわらず、今日も眠たくて仕方が無い。
さらに、今週に入り便通も非常にいい。
キトサンを飲み始めて2週間ぐらいからいろいろな効果がでてくるようだが、良い傾向が続いているようだ。

02.26 インフルエンザ
今朝3時ごろ長男の咳がひどく深夜病院に走る(喘息もちなので)。
病院でインフルエンザかもしれないので、午前中にもう一度きてくださいとのこと。

今週に入りまず次男の幼稚園がインフルエンザで休園、木曜日には長男の隣のクラスが学級閉鎖。
案の定長男もインフルエンザB型にかかったようだ。
予防接種は打っているが感染したようだ。

こうなると次男に移るのは時間の問題かもしれない。今年は家族全員予防接種を打ったが、さてどうなるものだか?
昨年までは誰かが風邪を引くと私以外の全員が風邪を引いた。
私は来週水曜日から9日連続で授業が始まるが、うつるとちょっと辛い。

免疫力UPのキトサンも飲んでいることだし、まず大丈夫だろう。
なにより「気合だ!」

02.27 続インフルエンザ
一昨日に続き、昨晩も長男を病院に連れて行く、夜9時半に家をでて、自宅に戻ったのが2時を回っていた、病院がとても込んでいて、さらにコンピュータが壊れて支払いに1時間も待たされた。
さすが2晩連続で睡眠不足が続くと疲れる。
長男坊は熱が出たり、下がったり一日ほとんど寝ている。
その横で次男坊は走り回り、インフルエンザがうつらないかはらはらしながら見ているが、潜伏期間が2日らしいので明日も大丈夫なら良いのだが、、、
さて、今日は週に1度の晩酌の日(いつもは土曜日だが昨晩は飲酒を控えていた)。
今日ぐらいはゆっくり寝れるかな??

02.28 久々の自転車通勤
今日は久々に自転車に乗ってみる。
3月に入ったら自転車通勤できるかどうか、確かめるためにも1時間ほど走ってみた。
結論から言うと、まだ難しいようだ。
昼過ぎに走ってみたが、そのときの気温が−3度、30分も走ると足先と指先の感覚がなくなる。
足にはインナーソックスをはき、手袋のしたには軍手をつけているが、1時間後には痛くて仕方がない。昨年はなんともなかった装備だが、血流障害が出ているため昨年と同じにはならない。−3度でその状態なら朝晩はもっと痛くなる。
あせってやる必要もないので、もう少し自転車通勤は様子を見ることにする。

しかし驚いたのが、エアロバイクでいつも負荷をかけて走っているせいか、今までの走りとは違うことに気が付いた。今までは、ケイデンスのみに気を付けていたので、軽いギアを良く使っていたが、今日はそこそこの重たいギアでもケイデンスを90前後で走ることができる。
簡単に云えばトルクが大きくなった。
車の馬力は回転数×トルクなので、ケイデンスは変わらずトルクが増えれば馬力が上がることになる。
今日は雪道のためスピードはあまり出せないが、アスファルトで走ればそこそこのスピードで巡航することができるだろう。
今日で2月が終わり。
もう春はそこまで来ています。

back