2004年12月

12.01 師走
早いもので、とうとう、今年も後1ヶ月になってしまいました。
本日人間ドックの医師報告があり、昨日の検査結果(全ての結果は出ていないが)は、100点とは言えませんが総コレステロールが低いの血糖値が正常値値110以下が111だった以外は全てA判定でした。(かなりうれしい!)
気になる腫瘍マーカーと大腸検診などの癌系の結果が出ていませんが、医者は癌についてはほとんど心配しなくて良いでしょうと言ってくれました。

ただ体重が69.1kg、体脂肪率が13.2%と(17〜24%が標準)なので、これ以上下げないようにと言われました。

詳しい結果は2週間後に郵送されるのでまた、UPしてみたいと思います。

12.02 つるつるぴかぴか!!
今朝起きてみると、数センチの積雪。
天気予報をみると、札幌の最低気温は−2度、最高気温は2度である。
自宅をでて、平均勾配17%の馬追坂をおりる。
ここは今日のように数センチ雪が降った日はとても恐ろしい。
先日購入したゴムにセラミックを配合したスノーシューズでもやはりあぶない。毎年、この坂で2・3度は転んでいる。
今年は訳あって転ぶことができないので、靴のかかとについているスパイクをセットする。
なんとか、馬追坂を降りてもしばらくはゆるい下り坂がつづく、この下り坂はS字カーブしているので、冬場はなるべく車で通りたくない道である。
案の定、多くの車がスリップしながら坂を下る。

電車に乗りふた駅前で降り、約4km歩く。
今日みたいなツルツル路面の日は渋滞が発生する。
特に交差点のようにブレーキと発進を繰るかえす場所はミラーバーンとなる。
歩いていても滑る。
スケートリンクの上を歩いているようなものである。
街中に入れば入るほどアイスバーンに磨きがかかる、途中からかかとのスパイクピンをまたセットして歩く。

当然スタッドレスタイヤでは歯が立たない。4輪駆動車であればなんとか発進するが、2駆の車は「ウニョニョニョニョ」とへんな音を出しながらなかなか進まない、特にタクシーのようなFR車は真っ直ぐ走ることもできない。
結局2駅前から歩いても、車で走っても同じぐらいのスピードになる。

同じ宿舎から車で通っている若者2人は9時過ぎに出勤。いつもなら40分でつく距離が倍以上の90分かけて走ってきたそうである。

12.03 やっと落ち着いてきた
人間ドックに行ってから、栄養士からアドバイスを受け夕方カロリーメートを1本食べ、食事の量も少し増やし、摂取カロリーが2200〜2400kcalぐらいで、体重が落ち着いてきたようだ。
ダイエット6による体重維持のために必要なカロリーは私の場合2250kcalで、それに運動をした分の40%が余分に食べていいカロリーとなる。

一時期は70kgをきったりしたが、今日は70.4kgだった。

のど元過ぎてしまえば何とかで、山さえ越えてしまえばウェイトコントロールは簡単なのかもしれない。

12.05 種明かし
ここ1ヶ月以上落ち込んでいた理由をコンテンツで種明かししてしまいました。

2つの病気を抱えてしまい、一時期はほんとに落ち込んでいましたが、最近やっと元気が出るようになってきました。

OPLLのコンテンツについては、今後も自分自身のなかで書き足していきたいと思います。
けして、同情をもらいたいがために書いているのではありません。

OPLLの情報があまりに少なすぎ(内科医も脳神経外科医も良く分かっていない)、いろいろな情報を模索しています。
たぶん、この病気を抱えている方のほとんどは高齢者のため、サイトで情報を発信できないのも事実だと思います。
私自身も情報がほしいし、たぶん私と同じように情報をほしがっている人もいると思います。

原因不明で外科的手術以外症状を緩和させる手段がない病気ですが、何とか良くなると信じて自分なりに治るように努力するつもりです。

12.06 受診日
本日午前中に月1回の糖尿病の検査に行ってきました。
食後2時間間血糖値80mg/dl(正常値140未満)。
HbA1c5.2%(先月4.8%)(正常値4.3〜5.8%)
尿糖・蛋白・ケトンすべてマイナス。

で、薬が減りました。
今まで、食後の高血糖改善薬(ベイスン0.2mgを1日3回)とSU剤(アマリール:すい臓を刺激してインスリンを出させる薬)を0.5mg、1日1回飲んでいました。

自分の予想では今回HbA1cの値がよければアマリールを減らすことができると思っていましたが、ベイスンを止めましょうとのことになりました。(予想外)

前回より食事の量を増やしたせいかHbA1cは0.4%上がりましたが、薬を止めることができるのは非常にうれしいです。次回も今回ぐらいの値なら、完全無投薬が可能になります。
しかし、忘年会や正月があるので、かなり自制しなければ厳しいかもしれません。

でも、うれしいです。
自分の体を信じて努力した結果が現れた感じがします。
HbA1cの値が4%台ならもっとうれしかったのですが、後は、自然治癒力でOPLLも治すつもりです。

12.12 凍死?!
昨日の話です。

昨日出勤で早く仕事が片付いたので夕方4:30に電車に乗る。
発車して2分も経たずに電車が急ブレーキをかけ、そのまま徐行して次の駅で止まる。
アナウンスが入り、「人身事故のため、しばらく列車が止まります」、この手の事故は警察が到着して、現場検証を行うまで電車は動かない。
5号線のバスに乗って帰るため、発寒中央駅から5号線に向かって歩く。
この日の最高気温は-1度で、その時間は風速10m/s以上の風が吹き荒れ、体感温度は-10度以下だ。
5号線までは直線距離で1km、とりあえず5号線に出る。
銭函を通るバスは1時間に1本。この時間のバスはすでに発車しているため、自宅方向に向かって歩く。いくつかのバス停を通り越し1時間ほど歩き、そろそろ次のバスまで5分ぐらいなので、そのまま吹きさらしのバス停で待つことにした。歩いている時はさほど寒くないが、止まっていると一気に寒くなる。しかし、まってもまってもバスが来ない。次のバス停まで歩こうとも思ったが途中でバスが来たらさらに1時間待たなければならない。そのままバス停で足踏みをしながら待つこと40分でバスが到着。とてもバスは混んでいてやっと一人乗り込むのが精一杯。

手稲を過ぎると人が減り、いすに座るが、手がかじかんで感覚がない。厚手の厳冬期ようの手袋をしていたがさすがに2時間近く外にいると歯が立たない。
仕方がないので、Yシャツのボタンをあけ脇に手を突っ込み温めるが、降りるとき両替機で両替しても小銭が取れない。バスの運転手が、小銭を取ってくれ私の手に小銭を置き「ごめんね、こんなに手が冷たくなるくらいバス停で待たしてしまって」と言ってくれた。
それまでは、氷点下のなか外に待たされかなり頭にきていたのが、一気に気が和んだ。

バスの運転手さんの優しさが、冷えた心を温めてくれました。

が、バス停に下りるとそこから自宅までは約1km。猛烈な吹雪である。歩いていると体温が急激に奪われるので、自宅までは走って帰り、そのまま、風呂に直行。
風呂に入り手の感覚が戻るまで30分かかりました。


北海道の冬はいたるところで凍死する可能性があります。

12.14 買い物
土日の振替休日で昨日・今日とお休みしている。
月曜日から水曜日は次男坊(3歳)も幼稚園に通っているので、月曜日から水曜日に休むと妻との時間が取れる。

本日年末の買い物に出かける。
Gパンと枕、メガネを買いに行く。
以前ダイエット前に履いていたGパンは40インチ、それがあまりにも会わなくなり、35インチを9月に購入した。しかし、それも合わなくなったので、今回は32インチを購入、31インチでも入るが、万が一のリバウンドを考えて32インチを購入。
31インチならすそを切らなくて良かったが、32インチでは1cmほどきってもらった。
メガネは度が合わなくなったわけではなく、イメージを変えたかったので安いめがねを購入。
これも顔がずいぶん小さくなったので、安いめがねでも掛けれるようになった。

枕は今流行りの低反発ウレタンを使った枕、以前使っていた枕もずいぶん古くなったので妻の枕と一緒に購入。
頚椎ヘルニアを患っている人から低反発枕に変えたら、ずいぶん手の痺れがなくなったと聞いていたので、ちょっと楽しみだ。

しかし、今日も寒かった。
日中でも気温が氷点下で、このような気温の時に停電でも起きたら、ストーブが使えないので大変なことになりそうだ。

12.15 枕
昨日、紹介した低反発ウレタン枕、これはなかなかいい。
一晩使っただけなので、効果のほどはまだ良くわからないが、昨晩はぐっすり眠ることができた。
私は眠りが浅いほうだが、枕のせいかぐっすり眠ることができた。
これで、手足の痺れまでとれたら言うことがないのだが・・・
3500円の枕でそこまで求めるのはちょっと無理か?

12.16 心拍数
ウィークディは通勤途中に歩くので、エアロバイクには乗らないが、今日は雪がひどくなる予報なので、歩くのは止め、エアロバイクをこぐ。
いつもは時間にして30分、消費カロリーは250〜300kcalとなる。
最近気が付いたのだが、私の心臓はどうも毛が生えているようだ。
平常時の脈が70〜75拍/分。負荷をかけていき100〜130wattの負荷でもめったに心拍数が120を超えることがない。
本日ためしに最大心拍数の75%(220-37)×0.75=137拍/分になるようなプログラムを選ぶ。20分経っても137に到達しない、負荷は300watt前後、消費カロリーは400kcalとなる。
これ以上やっても、ひょっとしたら脈拍計が壊れているといけないので、負荷を90watt前後に下げ、10分ク−ルダウンしてトータルで30分こいで合計消費カロリーが470kcal。
ひょっとしたら心臓が150拍/分にはならないかもしれない。

ハートレートモニターは持っていないので、今までの自転車通勤ではケイデンス85〜90でも、心拍数はエアロバイクの心拍数から想像すると90〜100ぐらいの負荷だったのだろう。

12.17 イメチェン
先日注文していたメガネを取りに行った。
今流行りのレンズの小さなメガネである。
太っていたときは顔が大きく、メガネもかなり大型のメガネだったが、今回は男女兼用のフレームのものだ。

前回メガネを買ったときは、5000円のメガネを買うつもりで、結局5万円のメガネを買ってしまった。
今回は4750円で購入することが出来た。
付けてみると、5万円のめがねと5000円のめがね、何の遜色もない。

新しいめがねをかけていると、子供が不思議そうな顔をしてくる。
ちょっとはイメチェンできただろうか??

12.19 買い物
今日は買い物に出かける。
この冬1番の寒さの朝なので、道路のいたるところが凍っている。

まずは子供たちのクリスマスプレゼントを見に行く。
近くのトイザラスに向かったが、トイザラスに近くなると車が一向に進まない。
駐車場に入る車の渋滞が起きている。
近くのスーパーに車を停め、トイザラスまで歩く。
長男はレゴ(ブロック)、次男はプラレールをサンタに頼むことにした。
まだ長男もサンタを信じている。

次に、昨日注文した長男のスキーを取りに行く。
この冬は近所のスキー場で来週から3月末まで土日のスキー学校に通う予定だ。
長男のスキーはコレで2セット目、幼稚園の年中に買ったスキーを3年使い、さすがに靴が小さくなり、今よりちょっと大き目のスキーセットを購入。
さらに安全を考えヘルメットも購入。

スキーの長さが138cm、足のサイズが23cmである。
これで、びっくりしたのが、このスキーのサイズは嫁さんのスキーのサイズと同じになる。
多分来年ぐらいにはこのサイズでぴったりになると思うと、感慨深い。
嫁さんが小さいのは事実だが、後2年もすると嫁さんより大きくなるのだろう。

私の体より大きくなるのは何年後だろう?
(私より大きくなるのだろうか?)

12.20 待つ
今、子供たちはクリスマスが来ることを待っている。
12月25日の朝、枕元に置いてあるプレゼントを、どれだけ待ち望んでいるだろうか?

私が子供の頃は待ち望んでいたものが沢山あった。クリスマス、誕生日、夏休み、入学など・・・あげれば切がない。

何かを待つ楽しみを子供たちに教えなければいけないのだろう。
本当にほしいものは、待って待って待ち焦がれて手に入れると喜びは数倍に跳ね上がる。

大人になってしまうと、子供の頃のように指折り待ち望んだものが少ない。
「何かほしいな」と思うと、すぐに買ってしまう。
お金が無くても、カードやボーナス一括払いでほとんどのものは買えてしまう。

そう考えると大人になってから、指折り数えて待ったものは、子供達の出産ぐらいだろうか?

だから(出産と自転車は同じにはならないが)、自分は今度購入するロードレーサーは2月まで注文するのを我慢している。
2月に注文して3月末に納車、今注文しても乗ることも雪解けまで出来ないし。
「待つ楽しみ」を久々に味わってみたい。

写真は長男がサンタさんに頼んだレゴです。

12.22 冬の日
今朝の札幌の最低気温は−7度、北海道らしい乾いた雪が朝から降っている。
いつものように職場の2駅前で降りて、雪の中を歩く。
さすがにこの冬一番の寒さだけあって、体が芯から冷えてくる。いつもと同じように歩いていると寒いので、小走りに近い速さで歩く。昨晩からの積った雪のおかげで非常に歩きやすい。昨日まではつるつる路面だったが今朝は5pほどの雪のおかげで滑らない。さらに乾いた雪のおかげで、歩くと「きゅっ、きゅっ」と音がする。
この音を北海道の人は「雪が鳴く」という。

いつもは50分かけて歩くところを40分で到着した。心拍数は100前後だろうか?
なかなかいい運動をした。

12.23 大荒れ
今日の道内は大荒れの一日でした。
強風が吹き、雪が降ったり止んだり。
本州にいたときは経験がありませんでしたが、雪が「ばちばち」と音をたてながらふります。
あられほど大きくはなく直径2mm程度の雪のつぶが強風にあおられ「ばちばち」ふる。
今日はそんな1日でした。

こんな、1日でも長男坊は10:30〜15:30まで、吹雪の中スキースクールにはいり、スクールから戻ってくるとほっぺが「真ッ赤ッ赤」にしながら、スキーを楽しんできたようです。

12.24 クリスマスイブ
今日はクリスマスイブ。
といっても、ご馳走は明日食べることにしているので、今日は特に何もないのですが、長男坊はやる気まんまんです。
なんのやる気かというと、夜8時に寝て、明日朝4時に起きると宣言しております。

サンタさん、早めに家にきてください。

12.25 インフルエンザ
本日生まれて初めてインフルエンザの予防接種を受けた。
私以外の家族は毎年受けていた。
風邪など10年引いたことがなかった自分がこの前引いてしまったので、受けることにした。

先日の人間ドックの血液検査のなかに白血球のリンパ球の割合の項目がある。
正常値18〜50%で35%が一般的らしい。
この数字が30%を割り込むと免疫力が落ちているらしい。私は24%と(去年32%)やはり、いろいろな病気のせいで免疫力が落ちているようなので、予約しておいて妻と二人で受けに行った。
予防接種のお金が2500円。
この前風邪を引いたときに病院にかかったお金が2500円なので、つらい思いをしない分安いものかもしれない。

12.26 QOL
QOLという言葉がある。
福祉関係や医療関係者は良く使う言葉だ。
Quality Of Life
直訳すると生活の質になる。

今日、今シーズンはやらないでおこうと決めておいた、スキーをやってしまった。
私の病気(OPLL)からすると、転んで、首をひどく曲げると脊髄損傷を起こす可能性がある。
私の場合はC3とC4が骨化しているので、万が一首を痛めると植物人間になる可能性がある。

日常生活においてもなるべく、転ばないように生活している。
当然スキーなどは転倒の危険性が高いので、やらないに越したことはない。
この病気と診断されてから、スキーのセットは捨ててしまおうかとも考えていた。

でも、好きなことを我慢しつづけて生活することが本当に正しいことかどうかわからない。
思い切ってやってみることにした。

もともと、スキーをしてもワンシーズンに2・3度転ぶぐらいなので、無理なことはしないと決めて滑る。

滑って本当に楽しかった。昨シーズンに比べ20kg以上も体重が減っているせいで、スキーの切り返しがとても楽だ。スキーのスキルが2ランクぐらいUPした感じだ。
病気だからと云って全てを我慢すると気がめいってくる。
今日思い切って滑ってみるとすごく心が元気になった。
まさにQOLを高めた1日でした。

何本でも滑っていたかったが、4本で我慢した。
そのうち1本は次男にスキーを履かせて抱っこしながら滑った。次男の体重は14kg。去年は次男の体重以上の重りをつけて滑っていたので、脚にかかる負担は少ないはずだ。

そしてもうひとつうれしかったことは次男(3歳5ヶ月)に初スキーをさせた。
近所の人に17cmのスキーセットを借りて(それでも大きいが)、5・6回斜面で滑らせるといきなり「あれ、のる」とリフトを指差す。
言い出したら聞かない正確なのでリフトに乗せる。
ほとんどは抱きかかえて滑ったが、一番なだらかな斜面は200mぐらい自分ひとりで滑っていった。将来楽しみかも?

12.27 やっぱりきた
スキーを楽しんだ翌日、朝起きても筋肉痛はない。
「ダイエットの成果は出ている」とほくほくしながら出勤。
1時間歩いてもどこも筋肉痛らしいものはでない。
しかし、昼過ぎから筋肉痛がではじめた。
以前なら2日たったぐらいから出てきたので、それに比べれば半日早くなったので、体は進化しているということと勝手に解釈する。

いくら、自転車はウォーキングをしても、スキーで使う筋肉は全く同じではないということだろう。
人間の体の中の筋肉の70%は下半身にあるので、それだけたくさんの筋肉がある。まんべんなく鍛えるのは結構難しい。

12.28 仕事納め
本日は仕事納め。
業務は午前中までとして、午後からは掃除をしたり職員と話をしたり適当に時間をすごす。
5時からは忘年会に参加。
ひさびさに2次会まで参加してしまった。(楽しかったです)

この正月休みは全くの暦どおりで、来週の今日には出勤している。
年始早々は授業などはないので、ゆっくり休みを取ってもいいのだが、今年は病院通いで結構年休を使ったので、これ以上は使わないことにしている。(といってもまだ20日以上残っているが、、、、消化できなかった年休は20日は持ち越し出来るので、万が一手術や入院のために20日は残し、最大40日は休めるようにしておきたい)

今年はほんといろいろありました。DMの合併症とOPLLの発症、この2つの病気が今年最大の出来事でした。

でも、悪いことばかりではありませんでした。ネットを通し色々な人たちと交流を持つことが出来(オンライン・オフライン共)、人の温かさを知った一年でした。
来年は、家族全員が健康であるように、いいことがたくさんあるように願っています。

いままでの人生を振り返ってみると強烈な印象に残っている年は必ず印象に残る歌ががありました。
今年一番心に残っている歌はコーヒーカラーの「人生に乾杯を」だろうか????
この歌は心が疲れているときにホント心の奥まで染み込んできます。

12.29 スパイク
今日は年末の買出しで札幌にでかけた。

日中の最高気温も-5度の非常に寒い日で、街中のいたるところがアイスバーンになっている。
今年は転べないので、かかとにワンタッチでスパイクを出すことができるスノーシューズを買ったが、つるつるのアイスバーンでは歯が立たないことが多い。

以前から札幌に出かけたとき、東急ハンズで靴の底に打ち付けるスパイクピンを購入しようと考えていたが、靴の裏にスパイクを打ち付けてしまうと、雪のないところでは歩きにくく床も傷つけてしまうので、どうしたものかと思案していると、先週ホームセンターで靴の裏にゴムで取り付けるスパイクが売っていることに気が付き、値段も手ごろなので今日購入してみた。

これは、いい、アイスバーンの上でも走ることができるぐらい、氷にスパイクが食い込む。
建物の中に入るのならペロンと取ってしまえばいいのだから、なかなか良いものを購入した。

12.30 物欲
実は、この2年ほど腕時計を持っていない。
5年ほど前にソーラーパワーの腕時計を購入したが、3年ほどで壊れてしまった。
それ以来、携帯電話の時計表示でさほどの不自由はなかったが、最近脈拍を測るようになり、秒針がない携帯電話の時計機能ではいささか不自由を感じるようになった。

今までの私が使っていた時計は全てアナログ式で極力薄いタイプのもの使っていた。しかし、最近Gショックのようなごつい時計もいいのかなと思うようになり、どのようなものにしようか思案中である。
予算はロードレーサー購入を控えているので2万円程度。
ハートレート機能を持つポラールやスントは値段がはるし、レースにでるわけではないので、そこまで心拍数にはこだわらない。
といいつつも、気温が測れたり、高度がわかる時計というのも気にはなる。そこで目をつけているのが、CASIOのPROTREK PRG-50LJ-2JRである。ソーラーパワーで、気温、気圧、方位が計測できる。
値段も実売価格で2万円ちょっと、正月の初売りで安くならないかなとひそかに狙っている。

子供ではないが、ほしいものはたくさんある。
ロードレーサー、スポーツサングラス、サイクルウェア(長袖・長ズボン)、、、ほとんど自転車関連ばかり!
そういえば痩せてしまったので、ちゃんと着れるスーツもありません。でも、コレは家計費から出るからいいか??

12.31 大晦日
正月を迎える準備もほぼ午前中で終わり、昼から子供たちを連れて手稲オリンピアのキッズパークに遊びに行く。
ここは簡単なベルトコンベア−のようなものがあり、子供たちにスキーを教えるのはもってこいの場所である。長男と次男それぞれスキーとそりを持って行く。
前回初めてスキーをしてから次男坊はスキーが楽しくて仕方がないようだが、かといってリフトに乗せるのもしんどいし、ここなら上りはベルトコンベア−に乗って帰りは一緒に走ってくる。
コレを何回繰り返しただろうか?
万歩計を付けていたらオリンピアだけで6000歩も歩いていた。
結構いい運動になった。

晩飯前の今年最後の体重測定は70.1kg、体脂肪15%でした。
2日前の忘年会で1日で2kgほど太りましたが、2日で元に戻りました。
一時は68kg台まで落ちましたが、最近は70kg台で落ち着いております。
来年は上半身の筋力UPを目指します。


2月からはじめた「ボスのつぶやき日記」途中で何度も書けなかったときがありましたが、延べで289日の日記を書きました。たぶんこれだけの日記を書いたのは生まれて初めてだと思います。
こんなつたない日記ですが、毎日多くの方が読んでいただいて感謝しております。


来年も宜しくお願いします


 

back