2004年11月

11.02 つぶやき
先月でダイエットは一応の結果を出せたので、終了する予定だ。
来週に病院に行き主治医と栄養士に今後の食事量の相談をする。

ダイエットが成功したから糖尿病が良くなるとは限らない。
最近、かなりのストレスを抱え、朝起きたときの血糖値の数値が正常値を若干、越え始めている。
月平均の血糖値はHbA1cで分かるので、次週の検査結果がどう出るか少し怖いような気もする。
糖尿病自体は一生付き合わなければならない病気なので、やはりコントロールしつづけなければならないので、自分にあったやり方を探さなければならない。

ここ数日試しているのが、カロリーは1800〜1900kcalでそのまま変わらず、糖質の摂取を毎食1単位(80kcal)減らし、たんぱく質を1単位増やしている。この方がより、血糖値も下がり、体作りには適しているような気もするが、さあ、どのような結果になるのだろうか??

11.05 久々の晴れ
今月に入り、ずっと雨の日が続き、本日久々の晴れを経験した。
朝、自転車で通勤しようとも考えたが、路面が濡れているのであきらめて電車に乗った。

明日は出勤(雨)、月曜日は振替休日、火曜日出勤、水曜日から金曜日までは東京出張と、来週火曜日以外はしばらく自転車に乗れそうにない。

さて、今大注目(自分の中で)のフィットネスバイクだが、手ごろの価格と機能をもつものを選んで、注文しようとしたが、一応メーカーに確認すると、このメーカーのものは連続使用30分となっており、30分使うと1時間機械を休めてくださいと注意書きがある。

これは話にならない。
2時間も3時間も乗ることはないと思うが、せめて1時間ぐらいは漕がないと有酸素運動として効率が悪い。
機能を落としても、連続1時間ぐらいは使用でき、価格も4万円以下のものはないだろうか??



11.07 ダイエットの結果考察
6月末から始まったダイエットですが、10月22日に目標体重の73kgを下回り、目標を達成しました。
7月の第1週の平均体重が85.3kg、体脂肪25%。
自転車に乗り続けた10月10日の週までの16週間(108日間)で、体重が11.4kg減、体脂肪が16.8%になりました。
この期間は食べた摂取カロリーを全て控えてあるので、自転車によるダイエットの結果を考察してみたいと思います。

摂取カロリー
210836(kcal)
平均摂取カロリー
1952(kcal/day) 思ったより多いです。

実質代謝カロリー
238339(kcal)
平均実質代謝カロリー
2206(kcal/day)

摂取カロリー−実質代謝カロリー
210836(kcal)−238339(kcal)=−27503(kcal)

以上により食事制限のみで痩せた体重は

27503(kcal)/7(kcal/g)=3929(g)

となります。

実際に減った体重は11400gなので
11400(g)-3929(g)=7471(g)が自転車による脂肪燃焼量です。

脂肪1gを燃焼させるのに7kcal必要なので自転車で燃焼したカロリーを求めます。
7(kcal/g)×7471(g)=52297(kcal)
を自転車で消費した計算になります。

108日間の間で3184km走りました。

1kmあたりのカロリー消費は16.4(kcal/km)となります。

職場までの往復で35kmあるので、一往復にかかるカロリー消費量は574(kcal)となります。

ちなみに平均速度は19.2(km/h)です。

35kmの往復で800kcal程度消費すると考えていましたが、体重が90kgの時の計算なので

http://www11.plala.or.jp/jitensya-tuukin/diet2.htm

で紹介している消費カロリーの計算式はほぼ合っていると考えられます。

逆算すると自転車で体重を1kg下げようとすると426km走らなければなりません。

自転車だけで痩せるのは難しいという結果が出てしまいました。

11.09 出張
自転車に乗ろうと思ってもなかなか天候に恵まれない。
今日は走ろうと思っていたが、朝起きると小雨がぱらついている。
明日からは出張でまた乗ることも出来ない。
手の痺れは相変わらず続いているが、そろそろ乗りたいという気持ちが高まってきたので、来週あたりは乗りたいものだ。

11.13 すばらしき出会い!!
出張中の移動の暇つぶしにいつもは雑誌などを購入している。
しかし、今回は新書本を購入した。

日野原重明の「続 生き方上手」である。
大ベストセラーの続編であるが、何箇所か本屋を回ったがとうのベストセラーブックは売っていなかったので、続編を購入した。

私自身は本は同世代の人よりは読むほうだと思っているが、目のレーザー手術以降、縦書きの文字が読みづらく6月以来横書きの本以外読んでいなかった。

これほど感銘を受けた本は今までなかった。
飛行機や電車の中で、みっともないが涙が止まらなかった。

悲しみの涙ではなく、涙が流れることによってこころよい涙があることを実感させてくれた。

この日記を読んでいる方の中にも、この本を読んだことがある人はいると思うが、「それほどのものか?」と思われるかもしれないが、今の私の心や体の状態では、これほど心を奮い立たせてくれる本に出会えたことに感謝しています。

生きる意味と元気と希望を与えてもらいました。

早速本日本屋を3件回り「生き方上手」を購入することが出来ました。

11.16 風邪
どうやら風邪引いたようだ。

風邪なんて平成7年に引いて以来、体験したことがない。

風邪に似た症状で、高熱がでることは1年に1・2度ある(せきやくしゃみ・鼻水などの症状は出ていない)

今回はまさしく風邪の症状そのものだ。

出張中の木曜日の夜あたりから寒気がする。
その日は早くホテルに戻り、9時にはベットに入ったが、どうも寒気がする。
体温計がないので熱は分からないが、せきも若干出てきた。

金曜日出張を終え、自宅に戻ると37度の微熱。
翌日は出勤して、授業の準備をして、一杯ひっかけて寝た。
その晩は熱も出ずに、翌朝はなんともなかったので、1時間歩いた。
日曜日に昼から外に買物に行くと、どうも体がだるい。夕方自宅に戻ると寒気がして、熱を測ると38.5度ある。
鼻水は出るし、明らかに風邪の症状。

これでびっくりしたのが長男坊である。
親父が、氷まくらで「ヒーヒー」言いながら寝ているのを初めて見たようで、「パパ大丈夫?」としきりに心配してくる。
嫁さんが風邪でダウンしたことは何度もあるので、見慣れているようだが、親父が寝込む姿を初めてみて心配したようである。
「風邪は治るから大丈夫」と言い聞かせていると、次男坊が腹の上に飛び乗ってくる。

月曜日の朝には熱も下がり、出勤したが、日中もどうも熱っぽい。

で昨日の夜、電車の中でふらふらする。
自宅に戻りそのまま寝る。
37.8度の熱なので大したことはないが、どうも節々が痛い。
夜中に布団蒸しをして熱を下げ、本日自動車出勤したが、今日は10時過ぎたあたりからたっているのもつらい、授業が終わり、3時半に職場をでる。
自宅に電話すると、長男坊も熱が出て、学校から家に帰されたようである。
自宅に戻り、長男坊を小児科に連れて行き、私も内科に行く。
「風邪でしょうね」という女医さんのことば、一応の風邪薬を4種類もらい、やっと先ほど自宅に戻る。


明日で私の担当の実習が終わるので、何とか明日一日持たせたい

痩せて抵抗力が落ちたのだろうか?

今回、気がついたことが、体温計をよっぽどしっかりわきの下に挟まないとダメなことが分かった。
今までは肉が付いていて軽い力で体温計は落ちることがなかったのだが、今回はそれを実感した。

そうそう、今日の北海道は雪景色です。
冬のおとずれとともに風邪をひきました。

さあ、寝るか

11.17 気力
この3日間、気力だけで乗り切った。
自宅に戻り、発熱して、朝起きて熱が下がり、また昼ぐらいからおかしくなる。
という繰り返しだった。
職場の同僚はいつでも代わるからと声をかけてくれるが、自分自信の意地で3日間頑張った感じだ。
正直、気力がどの程度体力に勝るものなのか試してみたかった。
10月後半にあることが原因で、気力が全くなえてしまい、仕事に穴を空けてしまった。
その後も2週間ほど抜け殻の状態だった。(うつそのもの状態でした)
気持ちが切り替わり、最近やっと気持ちが切り替わり前向きに取り組む気持ちが出てきたので、
心を入れ替えて仕事に取り組もうと思った瞬間の風邪である。
しかし、気力は体力に勝ることは自分にとってとても自信になった。(多少薬の力を借りたが)
今日は夕方まで体が持ったし、熱も37.1度しかないので、ずいぶん楽になった。
来週は兄貴の披露宴で名古屋に帰らなければならないので、早く風邪を治したいものだ。

11.18 スバルとアンカー
先月号のサイクルスポーツにアンカー2005年モデルデビューと書いてあったので早速カタログをブリジストンに郵送してもらう続きをしたが、一向にカタログが手に届かない。
思い切って電話で問い合わせるとカタログの完成が遅れており、サイクルショーには出来上がるので、発送はそれ以降になります。と言う返事。
遅れるなら遅れるで連絡のひとつぐらいあってしかるべきなのになにもない。
タダでくれるカタログなら文句も言わないが300円切手を同封させている以上、企業の姿勢が問われる。
以前フレームサイズ別の重量を教えてくれとメールをしたら、カタログに掲載されている大きさのみしか測っていません。という返事・・・

アンカーさん、売る気あるのか?

いいものを作っているメーカーにありがちな営業力の低さ・・・
スバルとアンカー似ているかも??

そうそう、今晩は熱がでていません。風邪治ったかな?

11.19 やばい!
風邪をひいている間、体はしんどかったが食欲はあった。
というより、いつも以上にあった。
前回の内科受診日より摂取カロリーを2000kcalにしていいと言われ(私の計算では2100kcalになるが)大体2000〜2100kcalに増やしているのでお腹がすくことはなかったが、今回は仕事が終わって家に着くと風邪でしんどいのと空腹感で余計に立っているのもしんどいぐらいだった。

といいつつも、今週はウォーキングもできる状態ではなかったので、腹は減るがカロリー摂取量は守っていた。
今晩久しぶりに夕食前の体重を量ると70.0kgと最低記録をマークした。
多分この体重になったのは中学生以来だろうか・・・
風邪をひくとかなりエネルギーが消費されるようだ。

これ以上やせるとやばいので、この体重がキープできるようにしなければならない。

明日から名古屋に帰るので、戻る頃には多分3kgぐらい太っているかもしれない。

11.23 帰郷
先ほど名古屋から帰ってきた。

名古屋に帰ったのは1年ぶり、昨年私の祖母が94歳で亡くなった葬式以来の帰郷である。
葬式の次に帰ったのが兄の披露宴と冠婚葬祭の時ぐらいしかなかなか帰ることができない。

ただ、葬式の時は家族が一人減ったが、今回は家族が一人増えた、これは非常に喜ばしいことである。

披露宴の時、久々に会う親戚(おじ、おばなど)が私が誰だか分からなかったようで、こちらから挨拶して、「bossちゃん、体大丈夫か?」と言うのがほとんどの第一声である。

「自分で痩せようとして痩せたからだいじょうぶだよ」といいつつ、来週人間ドックで何もないことを少し心配している。

名古屋は3日間ともとてもいい天気で、上着なしでも歩けるぐらい暖かい。
太陽がサンサンと降り注ぐのはとても気持ちがよく、久々の日光浴が楽しめた。

しかし、北海道は明日から雪が降るそうです。

11.24 ひとり
今度の日曜日まで家族はいない。
久々の独身生活。
今までなら、ゆっくり好きな酒をたらふく飲んでいただろうが、今は飲んでいない。
食事も野菜中心にバランスよく食べる。
好きな食べ物を食べ、テレビではなくラジオをかけ、ゆっくりと自分の時間を楽しむ。

学生時代6年間一人で大阪で下宿をしていた。
大学1年の冬にインフルエンザにかかり、4日ほど布団の中でうんうんうなって一人で病気になった時の寂しさはたとえようがなく、それ以来5年間1度も風邪をひかないようにした。

元気で生活ができる前提では一人暮らしはいいのか知れないが、健康に自信が持てなくなったときに一人で生活できるのだろうか??
たぶん、私は一人では生活できないだろう。

出張の時、夜体調を崩し、一人で寝ていたとき学生時代のことを思い出した。
健康で生活できるありがたさを実感した。

11.25 自然治癒力
現在2種類の薬を飲んでいる。
1つはベイスンという食後過血糖改善薬。
もうひとつはアマリールというSU剤といわれるすい臓を刺激してインスリンを出させる薬だ。

ベイスンと言う薬は最近開発された薬で、糖の吸収を阻害して血糖値が急激に上がるのを防ぐ薬で、副作用もすくない薬だ。
もうひとつのアマリールは昔からある薬ですい臓を刺激する薬で逆にいえば、すい臓からインスリンを搾り出している薬だ。
私は以前もうひとつの薬を飲んでいた。
食事制限をはじめ、もうひとつの薬は止め、ベイスンも徐々に減らしてきている。現在の処方量は以前の1/6になり、来月の検診結果がよければアマリールも止めることができるだろう。
何とか、無投薬を目指したいと思う。

先週風邪をひいたとき1度に4種類の薬をもらった。抗生剤、解熱剤、咳止め、鼻水止め、解熱剤は最初から飲まなかった。3日分処方され、2日飲んで、症状も軽くなり、飲むのを止めたとたん、せきが出るようになった。
しゃべるのが商売なのでせきが出つづけると困るので、1日あけて、最後の1日分を飲んだ。

結局薬は症状を押さえているだけで、風邪そのものを治す薬はないそうである。

糖尿病薬も薬では糖尿病は治らない。

病気そのものを治すのは自然治癒力を高めるしかないような気がしてきた。
病気が治るというのを信じて、運動したり、体のためになる食事をして、治癒力そのものを高めなければならない。

治癒力そのものを高めるのは「気」だそうだ。
気功やヨガなども、気を高める呼吸法だと思う。

そろそろ新しいことでもはじめてみようかな?!

11.26 整体
半年振りに整体に行ってきた。

この半年の状況を先生に話して、手の痺れは肘の問題かもしれないと言うことで、施術してもらう。
久々の拷問である。

終わった後先生といろいろ話すが、東洋医学と西洋医学の一番大きな違いは、東洋医学は予防医学も大きく捕らえている。
西洋医学も最近になってようやく予防医学に目を向け始めているが、それはまだ少ない。
実際にどこも病的な症状になっていない人が病院に来ても、医者は何もしようがないそうだ。
しかし、東洋医学は予防のための医療行為がある。
そこが、大きな違いだそうだ。

病気のほとんどが、血流が関係しているそうで、事実ほとんどの病気は血液を調べることで分かる。
なにか、すごく感心してしまった。

しかし、揉み返しでしんどい。

11.27 久々の自転車ねた
やっと、アンカーの2005年モデルのカタログが届いた。
2004年モデルと大幅な変更はないが、RNC7の重量が変わった。
2004年モデルは550mmのフレームサイズで9.2kgが300gも軽量化して8.9kgになっている、新アルテグラの軽量化もあるだろが、クロモリフレームで8kg台はとても魅力だ。

このモデルは受注生産なので、予約で売れきれることはないので、4月の納車に間に合えばいいので、もう少し注文するのを待ちます。
子供の頃にクリスマスや夏休みが来るのをわくわくしながら待っていた、あの感じをもう一度味わってみたい。

色は何にしようか?
カタログの黒もいいが、VOODOOと同じ赤も捨てがたい。もう少し悩みます。

11.29 とうとう
とうとう雪が積もってしまいました。
明日までの積雪はどれぐらいになるのでしょうか??

今日も仕事帰り、一駅前でおり、1時間雪の中を歩いてきました。
ジャケットのフードにあたる雪がばちばちと音をたてて、雪が降る、なんか、その中を歩いていると、「あー、ふゆになったんだなぁ」と実感し、妙にうれしく思ってしまいました。

さあ、明日・明後日と人間ドックです。
さあ、どんな結果がでるか楽しみです。

11.30 人間ドック
昨晩から降り続いた雪は札幌市内で17センチの積雪となり、一気に冬に突入した。
今日は人間ドック。
検査はすべて終わり後は翌日の医師報告を持つだけ。
ホテルのツインルームの様な部屋で音楽を聴きながらゆっくりと体を休める。
普段子供がいるとゆっくりできる時間がない。妻には申し訳ないがリラックスしています。さあ明日の結果報告はどうなるか?


 

back