2004年10月の日記

2004.10.01 自転車の耐久性
 自転車の耐久性ってどのくらいあるのだろうか??
ある雑誌にはアルミで5年、クロモリで10年とかかれていた。
アルミは金属疲労に弱く限度を超えるといきなり割れたりするらしい。
当然、どのような乗りかたをしているかによるが、私のVOODOOは多分今年で10000kmを超えるだろう。
BBは一度交換した。それ以外ではペダルが消耗品で現在のペダルで4つ目である。
次に怪しいのはチェーン。
次にハブ。

そのあたりを交換すれば5年は持つのかな?

通勤の途中でたまに遭遇する60過ぎのおじさんは、ぴかぴかに磨いたロードマンに乗りつづけている。彼は私より通勤距離は長いと思う。
冬場は乗っていないが、彼のロードマンは一体何万km走っているのだろう?

今朝の札幌の最低気温は10度を下回りました。

2004.10.02 ワゴンセール
今日は家族と買い物をしに札幌へ行く。

体重が20kg減って、服がダボダボいなっている。
日常に着る服は何とか我慢しても、仕事に着る服はそうはいかない。

背広などは仕立てなおししてもらったり、ボーナスが入ったら新調するとして、Yシャツは買いなおすしかない。しかし、今までの私のYシャツはいつも通販で購入していた。首が太く腕が長いため、普通の店にはあまり置いていなく、通販で購入していた。
今日デパートに買い物に行き、ついでにYシャツを買うようなふりをして店の人にサイズを測ってもらい、いつもの通販で購入するつもりだった。どちらにしても通販の方が安いからである。
店から出る時に、ワゴンセールがやっていた。私はその横を通り過ぎる。ワゴンセールに私のサイズは売っているわけがない。後ろから、「パパ!パパ!」と妻の越え声。「パパのサイズ売っているよ!」一着1500円の3割引!
これは安い!通販で買うより安い。
思わず3着購入した。

以前の私のサイズはワゴンセールになるサイズではなかったので、店で買えば1着最低4000円はする。
普段着もいつもはLLを着ていたが、Lでも十分入るようになった。
いろいろ選ぶことができるのである。
今までは、サイズが大きくてあるやつを買うしかなかったが、選ぶことができるようになった。
痩せると得するかも??

2004.10.03 秋本番
 今朝の道内は冷え込みが強く利尻では初冠雪を記録したらしい。
自宅付近の最低気温は8度で、朝起きてみると部屋の複層ガラスのサッシでも結露していた。
サッシが結露してしまうと外が見えないので、結露取りの登場だ。今期初登場のアイテムである。
自宅は共同住宅なのでストーブをたくことはまだないが、一戸建ての住宅ではそろそろストーブに火を入れる頃だろう。
明日の朝は放射冷却が強く、内陸部では氷点下の温度になるらしい。まさに秋の深まりである。
自宅付近の山も少し色合いが変わってきている。来週あたりはニセコでは紅葉の真っ盛りになるであろう。

2004.10.04 冬の使者
 今日・明日と年休を取っている。
全部で4連休、といってもどこに行くわけでもない。
体が疲れているのでのんびり休んでいる。
この4日間は自転車に乗らないぞと決めていた。登別のツーリング以来どうも尺骨神経痛がひどく左手の小指と薬指の痺れが続いている。

といいつつも、自転車に乗らないと何か調子がでない。
夕方自宅から6kmはなれた床屋に車で行くつもりだったが、結局自転車に乗って出かける。
床屋でさっぱりして自転車に乗って走っていると、なにか白いものがふわふわ飛んでいると、注意深く見てみるとなんと「雪虫」だった。
先週長男が「雪虫みたよ」と言っていたが、「まさか」と思い気にかけていなかった。
今年は温かかったのでまだ先だと思っていたが、とうとう飛んでいた。
「雪虫を見てから2週間後に雪が降る」という冬の使者である
雪虫

2004.10.05 ホームページ更新
本日HPを更新した。
コンテンツのきっかけの中に私の糖尿病について記録した。

6月からかなり精神的に苦しんでいたが、本日病院に行き、検査の結果もすこぶるよく、この結果を受けて更新した。

最近手に加えて足も若干痺れを感じるようになった。手のほうは尺骨神経障害ということだが、足の痺れは次回の受診日に詳しく検査することとなった。

手の痺れと同じ自転車の乗りすぎによるしびれだといいのだが、、、、
くよくよしても仕方がない!
HbA1cの値もよく、薬を減らすことができた。目の方も落ち着いてきているとの診断を受けた。
前向きに生活していきたい。

減量については一応現在の74kgで減量はOKと医者から言われたが、体脂肪が少ないほどインスリンの感受性がよくなるそうなので、現在の食事をもう1月続けてみることにした。この1ヶ月は3kg減/月なので71kgぐらいが目標になるだろうか・・・・

もう一息!!

2004.10.06 通勤ルート
最近、通勤ルートが変わった。
朝はいつもと同じだが、帰りのコースが休日出勤コースが通勤ルートとなりつつある。
要は距離を稼ごうと言う魂胆である。
ホームコースでは往復35.7kmだが、最近は38.5kmぐらいになる。往復休日出勤ルートだと41kmぐらいになる。

時間的にも余分に10分程度かかるが、ちりも積もればなんとかで、こつこつと走りこみ後1月ダイエットに挑戦してみたいと思う。

2004.10.07 2005年モデル
 ネットで検索してみるとアンカーの2005年モデルが、通販のいくつかのショップが予約受付中となっている。

で、アンカーの公式HPを見ると相変わらず2004年モデルのみで、2005年モデルについては何もかかれていない。一体どういうことだろう???
今度のRNC7はコンポーネントがNew ULTEGRAで10速化するらしい。それ以外はフレームそのものは変わっていないようだ。(メーカーの発表がないためよく分からん)

10速化のメリットはどれぐらいあるのだろうか?
それさえなければ2004年モデルを購入して、その分安く買う手もある。
いずれにせよ安い値段ではないので、慎重に購入しなければならない。

だれか、このあたりの情報を持っている人がいましたら教えてください。

2004.10.08 寄り道
 昨日に引き続き、今日も帰るときは無風に近い。
新川沿いのルートで帰り始めた。今日は金曜なので、さらに寄り道。石狩のほうに抜けて遠回りして帰る。
こんな時間に337号線を自転車で走る人はいない。
いつもより7kmほど余計に走り帰宅。
風呂に入り体重計に乗る。
今日あたり73kgを下回るのでは?と甘い期待を持っていたが、73.3kgとなかなか体重が落ちない。
連休中は天気がよくないようなので、明日あたりちょっと走りに行こうかと思案中。

2004.10.09 ハンガーノック?
せっかくの三連休だがどうも明日以降台風のおかげで天気が良くない。
それで、雨が降らないうちに自転車で買い物に出かけた。
牛乳を買いにいく。
近所のスーパーでなく、牧場に出かける。
赤井川村に山中牧場というのがあり、そこで牛乳を直売している。
子供たちがこの牛乳が大好きで、長男は「アイスクリームの牛乳」と呼んでいる。
飲むとほんのり甘く感じる。

自宅を9時に出発。
山中牧場までは距離にして35km、峠を2つ越えての買い物である。
自宅→張碓峠→朝里→毛無峠→キロロ→牧場、自宅を出発し休憩なしに2時間後に到着。
牛乳を2本買い、もときた道を戻る。

山中牧場で休憩しようと考えたが、あまりにくさいため、すぐに出発。
キロロのスキー場近くで休憩し。自宅から持ってきた饅頭を1つ食べる。

お茶をのみすぐに走り出したが、走り出して5分もしないうちに、妙に脈拍が上がってきた気がした、これぐらいの峠で心拍数が上がるのもおかしな気がして、ひょっとしてハンガーノック(低血糖状態)を起こしている可能性もあるので、常備しているブドウ糖を飲む。(初めての経験)。
低血糖状態になると動悸やめまい、悪寒・吐き気などの症状があらわれるそうだが、脈拍は上がっているがその他の症状はない。5分ほど休憩し再び峠を登る。
しかしどうも調子が上がらなく、ゆっくりゆっくりと走る。毛無峠は越えれる気力はあったが、張碓峠を越えるのは嫌気が差したので、毛無峠の頂上で自宅に電話し、朝里まで迎えに来てもらうよう妻に頼む。
何とか、峠を上りきり、後は豪快なダウンヒル。朝里の町まで15分で着いてしまった。

朝里で妻が待ってくれていて脈を計ると普通になっており、顔色も悪くない。
今回の経験は初めてだった。
ただのハンガーノックなのか、糖尿病による低血糖状態になっていたのか、ただ、つかれて脈が速くなったのか原因不明だ。
しかし、山道を走るときはこまめに栄養補給が必要だと実感した


2004.10.10 休日
今日は自転車はお休み。

昨日の毛無峠は紅葉真っ盛りであった。
峠だからと思っていたが、今日町中を車で走るといたるところで紅葉が始まっている。

いよいよ秋本番、来週あたりから朝の最低気温が一桁になる。

2004.10.11 体脂肪
炊飯器が壊れた。
壊れた炊飯器は確か北海道で買ったはずなので、4年も使っていない。治してもらうことも考えたが、その間ご飯が食べられないと育ち盛りの息子どもがクーデターを起こしそうなので、早速量販店に買いに行く。

あれこれ、選んでいるあいだに、体脂肪計に目が行く。
手と足に電極をつけて計るタイプ。うちのと違うタイプなので計ってみると体脂肪率はなんと12.3%!!

昨日の夕食前の体脂肪率は16%だったのに。
どっちのデータ−が正しいのだろう。
その隣にうちと同じメーカーの体脂肪率計(最新式)があったので計ってみると17.5%。
と言うことは先ほどの数は何だったのだろう?

体脂肪率計はそれほどいいかげんなものかもしれない。
体脂肪を計るときは常に同じ条件で計り、その日のデータだけでなく週の平均値ぐらいで判断しなければならない。

2004.10.12 しびれ
手のしびれがなかなか治らない。
140kmツーリングの後、また痺れがひどくなり、整形外科で処方されたビタミン剤を飲んでいるがいっこうに良くならない。
糖尿病性の神経障害が原因かとも考えられるが、どうも違うようだ。(次回、病院に行けば検査で白黒する)

考えてみればほぼ3ヶ月で15kgも減量すれば、体のどこかに異変がでてもおかしくないのかもしれない。

なんとかしびれが解消してほしいものだ。

2004.10.13 つぶやき
札幌で虐待された子供が保護され、親がつかまったらしい。

4歳の女の子が空腹のためコンビニで盗み食いをしていたところを店員に発見され、顔にあざがあったため調べると親と内縁の夫に虐待を受けたいたようで、果物の皮しかあたえていなかったようだ。

昨日も母親が自分の遊ぶ金ほしさに中学2年の娘に売春をさしててつかまったらしい。

なんで、こんなに悲しい事件が起こるのだろう。
母親(にかぎらず父親も)は自分はどうなっても子供を守るのが普通ではないだろうか?
家にも3歳の次男がいるが、1つしか変わらない子供が、腹をすかせて、盗み食いをしようなんて、盗み食いは悪いことだが、4歳の子供がお腹をすかせれば善悪の判断ができる訳がない。
そのようにした親が問題だ。

母親は22歳。内縁の夫は25歳。

生物の本能としての母性がない女に生殖機能があること自体がおかしい。

同じ親としてとても悲しい

2004.10.14 寒かった
今朝は道内いたるところで、今シーズンの最低気温をマークした。
札幌も6度台、自宅を出るときは10度近くあったが、吐く息が少し白かった。
日中は17度近くまで上がったが、いよいよ冬の訪れである。

今年の初雪は一体いつになるのだろう?

2004.10.15 雪
本日大雪山系の旭岳で初冠雪したようだ。
記録をとりはじめた中で一番遅い雪らしい。

今朝も、いつものように通勤していると、職場まであと4kmぐらいのところで、バックミラーに自転車の影を発見した。
結構なスピードで私に追いつこうとしている。私はゆっくり巡航速度20km/h程度で走っていたが、抜かされるのも嫌なので、少しスピードを25km/h程度に上げた。
スピードを上げてもその自転車は付いてくる。(見た感じ学生のよう、自転車はランドナー風、ノーヘルメット)
追いつかれる様子はないのでそのスピードのまま維持して走る。
後ろを見ると、上着を走りながら脱いでいる。

どこかで見た自転車だと考えると、以前私を追い越して走っていった若者である。

彼としては私を見つけて追い越そうと、がんばって走ったようだが、バックミラーで発見した以上そう簡単にはこちらも抜かさせない。

で、信号が赤になったので、私は停車するためにスピードダウン、すると、彼はここぞとばかり追い越し赤信号の交差点を突っ切っていった。
そして、それを見たからかどうかわからないが、何台もの自転車が信号無視して交差点を渡る。
止まっていたのは私と、70歳ぐらいのおじいさんと、車だけ。
おじいさんが、「危ない、危ない」と独り言を言っていた。

自転車も歩行者も道路を使用する場合は道路交通法が適用されます。

2004.10.16 あるもの
北海道は秋たけなわである。

今日は職場のお祭り(施設開放日のようなもの)なので、長男を連れて出勤。
よる宴会もあるので電車で出かける。

職場の1つ手前の駅で降り、あるものを長男に見させるためである。
「鮭のそじょう」である。
職場のすぐ近くの琴似発寒川に今、鮭がそじょうしている。いままで3年間まったく気が付かなかったが朝のラジオでそのことを言っていて、見てみると鮭がいる。
それも、都会のコンクリートで固められたしいさな川で鮭があがっている。

それを見せるために1駅前で降りて見に行った。

息子は自然の川で鮭が上がっているのをまじかで見るのは初めてのことで、かなり喜んで見ていた。

地元の人に聞くと10年ぐらい前からこの川で鮭の稚魚を放流しているそうである。

少しみにくい写真ですが、白く写っているのが鮭です。

2004.10.17 羊蹄山1周
今日はLeeさん主催の羊蹄山1周ツーリング。
総勢13名の参加者。
女性もいるのでゆっくりととの言葉はどこへやら、みんな飛ばず飛ばす!
先頭をレース経験者の人たちが引っ張るので、すごいスピードになっていった。

昼食はLeeさんが知っている穴場的なジンギスカン屋でジンギスカンをたらふく食べた。
こんなに食べれるのか!というぐらいの肉の量であったが、以外にも食べてしまった。
完全にカロリーオーバー。
今回はハンガーノックを心配し出発前にバナナ1本、走って1時間半後にカロリーメート2本、それにジンギスカンなので走った以上に食べてしまいました。

これだけの大人数の人たちと走るのは初めていい経験をしました。
大人数で走るには50kmぐらいがちょうどいい距離かもしれない。

2004.10.17 冬
今朝は札幌と旭川で初氷と初霜を観測したというが、それほど温度は下がっていない。
一体どこの観測地点だろうか?
ラジオを聞いていても、今日は寒くてストーブを着けたという話題が多く、いよいよ冬の始まりである。
10月も半ばを過ぎ、そろそろスタッドレスタイヤの購入もしなければならない。
タイヤ屋に聞いてみると私の車のタイヤサイズでブリ○ストンのRe○o1で125000円(4本)
これは痛い出費である。
かといってもう1シーズン今のスタッドレスを使うわけにもいかず、他のメーカーの物も考えて見る必要がありそうだ。北海道で一番売れているのはブリ○ストンらしい。

2004.10.22  マイペース
一部入院説がささやかれているようですが、とりあえず生きています。

私自身が弱い人間なので、普通でない状態になると日記を書くことができなくなるようです。
書かなければという義務感に囚われると書けなくなるので、考え方を変え、これからは毎日は書かずに、書きたくなったら書くようにします。

毎日の更新はできませんが、マイペースで続けていきます。
よろしくお願いします。

本題

羊蹄山1周ツーリングをしてから自転車に乗っていないのに、体重減りました。

やっと目標を達成しました。
73kgを切りました。
4ヶ月で15kg減、今年のピークより21kg減です。

「継続は力なり」です。
後1週間今の食事を続け、その後徐々に食事量を増やし、現状維持モードに調整します。

2004.10.23 冬がやってきた
本日の最高気温は10度にも届かず、風の強い真冬のような天気でした。
手稲山が初冠雪していよいよ冬がやってきました。

今日はストーブを掃除して、着くかどうかの点検。
しかし、今年は灯油がとても高く(例年の2割高)、なるべくストーブに火を入れないようにしなければ、、、、
おいうちをかけるように寒冷地手当ての削減!(泣)

いやなこと書いても仕方がないので、今日のいいこと!


昨晩ダイエット目標達成記念の焼肉です。
ビールも買ったし、これから半身浴で、じっくりサイクルスポーツを読みながら、汗を流して、風呂上りの一杯です。
体を洗ってじっくり30分の半身浴。
風呂上りの体重は72.5kg、体脂肪16.8%

さあ飲むぞ!

2004.10.24 休日
昨日と違い今日は穏やかな天気となった。

昨晩のダイエット成功記念の飲みすぎのせいか、朝の血糖値が174(正常値110以下)とかなり高めだった。
長男の学芸会の発表を見に行った帰りに家族全員で、歩くことにした。

行き先は隣の駅の近くのおいしいアイスクリーム屋さん。
一度自宅に荷物を置きにいき、そこから歩く。
隣の駅までは距離にして4kmある。
下の子には少々きつい距離ではあるが、家族4人でてくてく歩く。

案の定途中で下の子は「足イタイ」と何度かおんぶしたり抱っこしたりだましだまし歩く。
上の子は途中まで「そんなに歩きたくない」と文句を言っていたが、途中からあきらめてくてくと歩く。
学校を出てから約1時間30分後にアイス屋さん(パスコロ)に着く。

ここのアイスクリームはとてもおいしい、子供たちは自分の好きなアイスを注文する。
1時間以上歩いたせいか子供たちはとてもおいしそうにアイスをほおばる。

私も下の子のアイスを3口ほど食べる。

無邪気にアイスをほおばる子供たちの笑顔、これが自分にとっての最大の財産かもしれない。
そして、自分の健康が家族にとっての財産かもしれない。

子供たちはここまで5.3km歩いているので、帰りは電車に乗って帰ることにした。
私はもう少し歩きたい気分だったのでそのまま歩いて帰る。結局往復9.3km歩く。

たまには歩くのもいいものだ。

2004.10.28 ゆっくりと
人はがむしゃらに生きていかなければならない時もある。がむしゃらに生きることができる時は

それが必要だとおもう。

でも、人間、弱くなったりしたときは「ゆっくり」と生きることも必要となる。

人間簡単に死ぬものではない

自分の体を信じて

「ゆっくりとゆっくりと」、自分のために、家族のために、、、、

この言葉が今の自分にとても大切な言葉です

2004.10.30 秋の終わり
本日は秋の穏やかな休日。
宿舎の人達と掃除をして、その後暖かい日を浴びておいしいものを食べてゆっくり休日を過ごす。
昼ごろから夕方5時近くまで食べたり飲んだり、年に2回の楽しみだ。

やはり、人間たのしいことは楽しみ、大いに笑わなければならない。

おいしいものを食べて大いに笑って、楽しい人生を愉しむ。
これが人生を豊かにするのだろう。


 

back