2004年6月

06.01 忙しかった
土日の振り休を今日と明日取っているが、体調不良と忙しすぎて、日記も書けない。

06.02 ・・・・・
昨日、昼前ぐらいから寒気がする。
午前中に別件で病院にかかっていた。診察が終わる頃から体調がおかしくなる。
段々と関節が痛くなり始め、熱を測ってみると38.5度、頭やせき、喉の痛みはない。
いわゆる風邪なのかどうなのかよくわからないが、こういったことが年に1度ほど起こる。
大体は一日寝ていれば翌日には熱も下がりる。

せっかくの振替休日なのに仕方がないので布団の中で寝ていた。だんだんと関節が痛くなり、嫁からは「雨の中自転車で通勤するから」といわれ、ひーひーいいながら寝ていた。一度熱が出ると40度近く出る体質なので、午後2時には病院が開くので、妻に病院に連れて行ってくれと頼んでおいた。

長男が学校から帰ってきて、親父が寝ているので、「友達の家に遊びに行ってくる」と出かけていった。

しばらくすると自宅の電話がなる。電話に出た妻の様子を聞いているとただ事ではない。
「大○が自転車で転んで大怪我をした」と妻、急いで公園に車で駆けつけると、顔中血だらけになって、長男は「痛い、痛い、手が動かない!」と半狂乱に泣き叫んでいる。
長男を車に乗せ近くの外科に向かう、車の中でも狂ったように泣き「病院、病院」と叫ぶ、国道を100km/h近いスピードで走り、病院に到着した。診療時間前の時間だったが先生が処置をしてくれた。顔と胸と肩に擦り傷、右腕と左手にも擦り傷。処置が終わりお腹のエコーと念のため胸と両腕のレントゲンを撮ると、右腕の手首のとう骨が折れてさらに左手の小指の骨も折れている。胸部レントゲンでは問題はないようだ。

医者から「骨折は骨折の処置は整形外科に行ってください」と言われたのですぐ近くの整形外科で処置をしてもらう。

胸を打っているようだし、頭も外傷はないようだが、夜に様態が急変したらすぐ救急病院にかかるようにといわれ自宅に戻った。

自宅についたとたん自分の熱がぶり返す。
長男は落ち着いたようで、傷の痛み自体は口にしなくなった。
私はそのまま布団にもぐりこむ。
長男のことで気が張っていたせいか、緊張の糸が切れたとたん動けなくなった。

そして、夜9時に妻が「大地胸が苦しいって!」と、昼間医者が、言っていたことを思い出し、病院にまた車を走らせる。病院で診察してもらい特に問題がなかったので家につれて帰る。

今朝も病院に連れて行き処置をしてもらう。
医者に「顔の傷は治りますか?」ときくと「この傷なら治りますよ」と聞き一安心。
骨折のほうも子供なら2週間程度で治るとのこと。
今週は学校を休ませるので、病院の帰りにビデオ屋に行き、好きなビデオを選ばせる。
病院でもそうだったが、すれ違う人ほとんどの人が長男の顔を見て振り返ったり、顔をしかめたりする。今日は少し良くなったが、昨日は目と口以外は全てガーゼで覆われていて、まるでミイラのような感じだ。

しかし、本人は痛くて大変だったが、擦り傷や骨折で済んだだけ良かったのかもしれない。手をつくことができなかったり、車とぶつかっていたならもっと大変な目に会っていただろう。

06.03 痛み
今日は札幌でも26度とかなり暑い日となった。
26度なんて温度は東京や大阪なら普通の温度かもしれないが、札幌にとっては真夏の温度に近い。

今回の長男の怪我で、最初に行った外科と次に行った整形外科で、どのような状況でこのような怪我の状態になったかをかなり詳しく聞かれた。こちらとしても転んだ瞬間を見ているわけではないし、本人も怪我をして気が動転しているので答えることはできない。整形外科で同じことを聞かれたときに、「これは虐待で怪我をしたかどうかを確かめてるのでは??」と思った。考えすぎなのかもしれないが、顔の傷が擦過傷ではなく打撲傷だったらもっと原因を詳しく聞かれたかもしれない。

普通の人間(動物も)なら、自分の子供を傷つけることなどしないはずだが中には我が子を殺してしまう親もいる。
悲しいことだが現実のことでもある。

ましてや、長崎の小学生の殺人事件、、、
子供が子供を殺してしまうなんて、、、
ちょうど同じ日に長男は怪我をした。あの事件を聞いて、いくら怪我をしたって、死んでしまうことよりはどれだけましなことだろう、、、

事件を起こした少女が、今回の長男のような大怪我をして痛みを知っていたら、今回のような事件は起こさなかったのかもしれない。

06.04 転倒
長男の傷も少しずつ良くなってきているようで、顔の擦過傷の傷を覆っているガーゼの面積も日に日に小さくなってきている。
今週は大事をとらせて学校を休ませている。
昨日担任の先生が家に来ていただいた時に、長男は「顔の傷がなくなるまで学校に行かない」とぼそっと言ったそうである。

午前中に整形外科に連れて行き、すれ違う人に自分の姿をまじまじと見られ、「どうしたの?」「痛かったでしょう?」といろんな人に聞かれ、それが原因で「人前に出たくない」と思いはじめたのかもしれない。

それを妻から電話で聞き、帰りのサドルの上で「さあどうしたもんか」いろいろ考えていた。

どんな世界でもいじめは存在する。ましてや子供の世界では容姿のことはいじめの恰好な対象である。
私自身も小学校に入る前、高いところから飛び降り、膝がO脚になってしまい半年近くコルセットを付けていた。
それが、保育園でさえもいじめの対象となった。私の性格はいじめられてもいじめ返す性格だったが、コルセットのため走ることができず、いじめている子を捕まえることができず、すごく悔しい思いが記憶に残る。

当然小学生になれば、ほかの学年の子からも何か言われるかも知れない。

長男の優しい性格では、いじめにあったら「本当に登校拒否になってしまうのではないか?」とかいろいろ考えていた。

一度月曜日までに時間をつくって話をしなければならないと考えていた矢先に、妻から携帯に「今日病院帰りに学校に行くと言い出し、給食を食べてから帰ってくるって」と電話。

それを聞いて、とても安心した。親が考えている以上に子供はたくましいのかもしれない。

とそんなことを考えながら自転車に乗って、ペダルを回しながら左タイトコーナーに突入した瞬間、左のペダルが「ガリッ!」というと同時に体は前に飛んでった。
冬場以外の初めての転倒である。
ペダルをデカペダルにしたせいで今まで何回かペダルを地面にこすりつけた経験はあるが、今回はじめて後輪を浮かせてしまったための転倒である。

両腕でアスファルトに腕立て伏せをするような形で転んでしまった。
よく見るとハンドルの右側に刺さっていたバックミラーがなくなっている。
転んだ拍子に折れてしまったようだ。

自宅に戻りズボンを脱いで見ると両膝に血が流れている。
ジャージの長ズボンをはいていたのとグローブをつけていたおかげで、傷はたいしたことはなかった。

やっぱり親子だ、、、、

本日の走行距離35km、平均速度20.0km/h

06.05 筋肉痛
朝、起きてみると何かからだの調子が良くはない。
つかれというか、いまいち、しゃきっとしない。
それでも、通勤のためMTBにまたがる。

自宅の前の坂を上がってみると、なにか上腕に筋肉痛のようなものがある。

朝はそんなに痛くなかったが、昼を過ぎるとかなりの痛みになる。
そんな筋肉痛になることはしていないのに・・・・!

そういえば昨日の転倒の時、腕立て伏のように両手を突っ張って体を支えたそのせいかも知れない。

転倒自体はほんと大したことのない転倒だったのに、後から色々なところに影響が出てくる。

06.06 バックミラー
2日前に転倒したときにバックミラーをへし折ってしまった。
昨日も今日もバックミラーなしで通勤したが、ないととても大変である。

言葉の表現として、車の運転でバックミラーやサイドミラーなしで運転しているような感覚である。(サイドミラーを折りたたんだまま走っている車はたまに見かけるが、、、)
バックミラーは自転車を乗ることにおいて、なくても法律的に問題があるものではない。
なければないで、特に問題になるわけではないが、一度使ってしまうと、その便利さゆえにないととても困ってしまう。

根元から折れてしまったので、一度、接着できるかどうか試してみる必要がある。

本日の走行距離36km、平均速度19.6km/h

06.07 ダイエット
コンテンツの体重と体脂肪の変化を更新した。

4月の平均体重から比べると減り自体は少ないが、あくまで月平均の体重なので、月末の体重はそれなりに減ってきた。考えてみれば、私の場合1日往復35kmの通勤で少なく見積もっても1000kcalの消費はある。さらに5月の半ばからは弁当箱を代えて、ご飯の量を少なくし、晩酌をしない日は晩御飯中に1.5リットルぐらいの水を飲むようにして、なるべく食べないように気を使っている。これだけ努力してやせなければ、「ぐれてやる!」という気持ちにもなる。(中年がぐれるとこわいぞ〜!)

昨晩の体重も87.5kgと最低値を記録した。大学卒業時点で86kg、仕事をしはじめて3年であれよあれよと100kgになってしまったので、87.5kgは10年ぶりぐらいの体重である。

今月も何とかダイエットに励んで、今月末には大学卒業時の体重にしたいものだ。ロードレーサーが少し近づいてきた。

06.08 かるがも
通勤途中に川がある、その小さな川は土手が低く、子供が今時期になると水遊びしたり、近所の人が土手に花を植えたりして、その土手の遊歩道を500mほど利用させてもらっている。
先週ぐらいから、その川に「かるがもの親子」がいることを発見した。
昨日カメラを持って行ったらちょうど土手の草むらに親子がいるのを発見した。
カメラを構えて近づくと親子は川のなかにヨチヨチと避難していった。

川に逃げ込んでも、川幅は狭いところで1mぐらいしかなく、数えたわけではないが、子供の数が減っているような気がする。多分犬か猫に襲われたのかもしれない
「かわいそう」と思う気持ちもあるが、それが自然界のルールなので仕方がない、子供を一度にたくさん産む動物ほど、食物連鎖の底辺にいる動物なのだから、、、、

06.09 休日
本日は振り替え休日。
朝、長男と次男を送り出して、妻と山に走りに行きたいのだが、妻が歯医者の予約を入れていたので、家でごろごろしていた。
今日はそれほどいい天気ではないが、そこそこ太陽が出ていて気温も22度程度まで上がっている。2時過ぎに次男を幼稚園バスの停留所まで迎えに行く。
自宅に戻り駐車場でしばらく遊ぶ。日もさしてきたので日光浴とばかりに次男のTシャツを脱がしランニングシャツのみにして10分程度遊ばせる。私もTシャツのそでを捲り上げしばし日光浴。近くの林から「かっこう」の鳴き声が聞こえてくる。

次男は7月末に誕生日なので2歳10ヶ月。一時もじっとしていない。日光浴している間も、小石を拾ったり、ありを見つけて踏み殺そうとしたり(これはさすがに注意する)。
この時期が一番かわいい時期かもしれない。

06.10 泣きっ面に蜂
今日は朝から雨。
一瞬自転車で行くのをためらったが、明日は飲み会、さらに水曜日から出張のため、自転車で雨の中通勤をした。
行きは、風速7m/sの向かい風、おまけに家を出たときは小康状態だったので泥除けを付けるのを忘れてしまった。
走り出して10分もすると雨が降ってきた。

仕事が終わり、帰ろうかと思うと、かなりの雨が降ってきた、おまけに雷もなってきたので、しばらく様子を見ていた。雷が遠ざかり、雨もやみそうもないので自転車にまたがり走り始めた。
行きも向かい風、だったが帰りも向かい風。おまけに雨がかなり降ってきている。

中間地点を過ぎたあたりで、段々とリアの空気が抜けてきている。
「やばい!」と思ったときには空気は抜けきっていた。

仕方がないので、チューブの交換をし始める。
サドルバックをあけると (  ?  )
予備チューブが入っていない。。そういえばこのまえ入れるのを忘れていた。
あたりは真っ暗、おまけに雨もざーざー降っている中で、パンク修理はできない。

まさに、泣きっ面に蜂である。

嫁にSOSを発する。

今日は何とか迎えに来てもらったが、「だから雨の日は自転車で行くなって言ったでしょ」と言われさすがに反論できませんでした。

やはり細いタイヤはパンクしやすい。

06.11 よさこいソーラン
今日は飲み会なので、久々の電車通勤。
雪がなくなってから電車通勤は飲み会の時ぐらいになった。

そういえば今週水曜日からよさいこいソーランがはじまっている。
この祭りはあまり好きではなかった。
あまりにも商業化しすぎるけらいがあり、有名な作家なども酷評した時期もある。

この祭りに関しては賛成反対、色々意見があるが、うちの長男は大好きである。

幼稚園・小学校とよさこいの音楽になれている子供たちは、音楽を聞くと勝手に体が動いてしまうのだろう。

そう考えると、この祭りは代代受け継がれる祭りなのかもしれない。

06.12 雪?
この時期札幌市内はいたるところで、白いものがふわふわ飛んでいる。まるで雪のような感じである。
さすがの北海道もこの時期雪が降るわけではなく、実はポプラの綿毛が飛んでいる。
ポプラ並木の近くは風が吹くと吹雪のように綿毛が飛び、その近くは雪が積もったように白くなる。
この綿毛を見ただけで目が痒くなる人もいるようだが、自転車に乗っていると不意に口の中に入りげほげほやってしまうこともしばしばある。

今日の帰りもパンクしてしまった。今週で2回目のパンクである。

本日の走行距離35km、平均速度19.6km/h

06.13 う〜ん!
四週間連続の土日出勤も今日で終わり。
さあ出かけるぞ!とヴァームを飲み終わり自転車に向かってみると、何と前輪がパンクしている。
昨日パンク修理したところが施工不良で空気が漏れていたようで、走れる状態ではない。
仕方がないので自動車通勤になりました。

やはり、あまり細いタイヤは耐パンク性で考えるとつらいことかもしれない。

今週は休みなしでそのまま神奈川に出張がある。
来週になれば少しはゆっくりできるのかな?

06.14 今週は!
先週末の土日出勤から引き続き、出勤。
水曜日からは神奈川出張で、なかなか体が休まれない。
でも、今日は札幌の最高気温が28度と札幌では真夏並みの気温である。

真夏と言っても、北海道では30度を超える日がほとんどない。今日も実習があり、半分外に出ていたので鼻先が真っ赤になっている。

それでも家に帰るときは、半そでTシャツでは寒いくらいの気温になっている。

Tシャツ1枚ですごせる夏がちょっと懐かしい。

06.15 出張前
何かばたばた忙しい。

明日は朝6時に家を出て、8時の飛行機に乗って行かなければならない。

出張といっても朝9時から5時まで(5時で終わればよいが、、)会議室に缶詰になっての仕事。

気がめいるだけの出張だが、今回は木曜日にうめ吉さんと会う約束をしているので、ものすごく気が安らぐ。私自身は関東に知り合いや親戚がいないので、出張先で仕事以外の楽しみが増えるのはとても楽しみである。ホームページを作ったおかげである。

06.16 空港にて
出張も無事終わり羽田空港のロビーで空席待ちをしている。
昨晩はうめ吉さんとしゃんさんとオフ会をしてとても楽しい時を過ごすことができました。
オフ会を重ねるたび思うことは、会ったことのない人が共通の趣味を持っているだけで3時間も話すことができるはとても不思議です。
携帯からの打ち込みにて手短に終わります。

06.17 久々の休日
本日は久々の休日。
家でゆっくりしようとしてもやることがたくさんある。
まず、月に1度の私の通院がある。隣町の病院まで自転車で通院する。

検査結果の数字もすこぶるよく、後少しで正常値と変わらなくなる。
機嫌よく戻ってきた。

今日はのんびりゆっくりモードと決めていたので、ヘルメットもかぶらず、帰り道5号線を走っていると、後ろからロードレーサーが追い抜かしていく。坂道を登っているので私は15km/hぐらいのスピードだったが、そのロードレーサーは30km/h以上のスピードである。
途中いつも気になる廃屋があるので写真に納め、また走り出すと、3人づれのツーリングのおじさんたち(自分もおじさんだが)にゆっくり追い抜かされる。一人はロード、後の二人はMTBをロード仕様に変更してある。
ここまで抜かされると、今日はゆっくりモードと決めて走っていても内心穏やかでない(笑)。
3人連れの後に付いてペダルを回し出す。追い越せないスピードではないが、追い越すほどの度胸はないのでぴたっと後ろについて走る。前の1人が私がついてきていることを確認している。

途中で私は右折して家に戻る。

心の余裕のない私である。(笑)

写真は自宅付近の廃屋です。


06.18 ショップ
札幌ドーム近くに2年程前に自転車店がオープンした。
何度も前を通ったことはあるが、一度も足を踏み入れたことがない。

自宅から30km近くあるので、なかなか行く機会がないが今日はその店に行ってみた。

平屋建ての店内にはかなり多くの自転車が並べられている。店の作りもおしゃれな感じでパーツ類もふんだんにあり、いつも行っている店とはちょっと感じがちがいおしゃれな感じだ。

最近パンクすることが多く携帯空気入れを新調することにした。
10気圧ぐらい入るタイプのものもあるが、かなり大きなものになる。来年ロードレーサーを購入した場合にも対応できるものと考え、最低8気圧程度はいり、小さめでできれば空気圧計が付いているものを探した。

そうするとちょうど良いものを見つけた。
topeak Mini Master Blaster DX
フランス式と米式バルブに対応し、8気圧まで入れることができかばんの中に入れても何とかなる大きさだ。
価格は2478円である。
ためしに空気を入れてみたが500円の携帯空気入れに比べるとしっかりしていて比較的簡単に空気を入れることができる。
先月は貯金のため何も買うことができなかったが、何か購入すると妙にうれしいものだ。
ボトルゲージの横にそのまま装着することができるもので、リュックの中の荷物をこれで1つ減らすことができる。

そういえば最近リュックを使っている。この時期になっても札幌ではまだ汗をほとんどかかないし、リュックを背負っていたほうが少しでも汗をかいてダイエットに貢献しようと考えてもいる結果である。

06.19 ブーム
本来は今日と明日先週の振替休日のため休みとなるはずだが、結局出勤してしまった。
天気がよければ休んだかもしれない、台風が迫ってきているので、天気も良くないし、木・金のセミナーの準備もある。(明日は用事で休まなければならない)
水曜日1日あればセミナーの準備もできないことはないが、出張中にたまった仕事と、出張の報告書などの雑務を考えると、行きたくないけど行かざるを得ない状況に陥ってしまった。
出勤しようか止めようかと考えているうちに自転車通勤なら家を出る時間を過ぎてしまい、結局自動車通勤になってしまった。(優柔不断な男です)

職場の帰りにサイクルスポーツ(雑誌)を買いに本屋に立ち寄る、その本屋は自転車関係の雑誌が揃っている店だが、自転車通勤の時は店先に自転車を置いておくのが心配なので立ち寄ることはほとんどない。

サイクルスポーツは毎月20日発売で21日なら売っているかと思い行ってみたがやっぱり並んでいない。札幌は雑誌によっては発売日より2・3日遅れて発売されるようだ。
仕方がないので他の雑誌を眺めていると「サイクル○×※」と見たことのない雑誌が並んでいる、そう考えると自転車関連の雑誌はものすごく増えた。
20年前はサイクルスポーツしか自転車雑誌はなかったのに、、、
自転車通勤がほんとにブームになっている、神奈川の出張で自転車通勤している人の数に正直驚いた。
ブームはいずれ去っていく、そうしたら現在ある雑誌は何冊(私が知っている限りで5冊)生き残るであろうか???

サイクルスポーツだけだったりして、、、、

もちろん私が毎月購入している雑誌はサイクルスポーツだけです。

06.22 台風一過
昨晩から本州を縦断した台風が、北海道に上陸した。
正確に言えば函館に上陸した時点で温帯低気圧に変わっている。

私自身昔から台風が来たり、雪が降ったり、日常と違う気象状況になると妙にウキウキする性格だ。その理由は昔○×警報がでると学校が休校になったり午前中で終わったりしたせいなのかもしれない。
しかし、不思議なことに、長男が通っている小学校には○×警報が出たときの対応がないようだ。
私が学校に通っていたときは、7時までに解除されたら通常授業、9時までなら午後授業、10時を過ぎても解除されなければ1日休校などと決まっていた。

それが長男の小学校にはない。私たち夫婦からしてみれば「なんでないの?」と言う感じだが、北海道は台風がほとんどこない地域なのでそのような対応マニュアルがないのかもしれない。

といいつつ、最近は北海道に台風が上陸するときがかなりあるような気がする。
地球温暖化のせいだろうか??

06.23 久々の自転車通勤
改めて考えてみれば、実に1週間ぶりの自転車通勤である。
先週の水曜日から出張に行っていたので、けっこうひさびさの走りである、帰りも早く職場を出たので、新川沿いの道路を走る、休日出勤ルートで帰ってきた。

そういえば週末に映画「メッセンジャー」をレンタルビデオ屋さんから借りてきた。
映画自体はいわゆるホイチョイムービーで何も得るものはなかった。
あまり期待はしていなかったが、それ以上に無駄な時間を過ごしたと言う気持ちが大きかった。
といっても、長男は妙に気に入ったようで、昨晩も寝る前に1時間ほど観ていたようだ。
(子供用映画か?)

本日の走行距離36.6km 平均速度19.2km/h

06.24 はっきりしない天気
沖縄は梅雨明けしたそうだが、今週の台風以来いまいち天気がはっきりしない。
通常は台風が去った後は晴天が続くのだが、北海道は雨こそは降らないが気温も25度以下で、2日連続で曇り空、明日も曇りのようでTシャツ1枚で通勤するには寒すぎる。
ジャージの上着を来て通勤している。最高気温が27度ぐらいになればずいぶん暑く感じるのだが、、、もう少し気温が上がってほしいものだ。
7月にならないと無理かな?

06.25 なんと!
なんと本日、帰宅後に体重計に乗ると、86.9kgと86kg台に突入した。
86kgの体重は大学を卒業した頃の体重なので15年近く前の体形に戻ったことになる。

今週に入ってから酒を全く飲んでいない。
これまた1週間お酒を飲まないのも10年ぶりぐらいだ。

しばらく付き合い以外の酒を止めるつもりでいる。

このまま酒を止め、現在の食生活(夕食は米を食べず、野菜中心の生活)を続けたら一気にやせるかもしれない。

06.25 お祭り
本日は近所の神社のお祭りである。

小さな神社だが、出店が並び、近所のあちこちにテントが張られ、みこしの準備が行われている。
明日は子供たちがみこしを担いで近所を練歩く。みこしを担いで子供たちが歩くと、近所の人たちがお菓子やお金を子供たちに寄付して、最後に子供たちで分け合うと言うわけだ。そして町内会からみこしに参加した子供たちにお小遣いが渡される。
長男は明日は小遣いがもらえるのでとても楽しみにしている。

こんな祭りが本来の祭りなのかもしれない。

そういえば京都に住んでいたときも祭りがあり、子供たちが集まっていたが、そのときはうちの子供は一切誘ってくれなかった。
町内会費は当然のように請求されたが、転勤族の宿舎の住人は京都に人からすれば「よそもの」のためさそってはくれないようだった。
その点が、京都の腹黒いところなのかもしれない。
しかし、北海道は違う。北海道が移住者たちの土地なので外からきた人には京都のような冷たい対応はしない。
引っ越してきた次の日に長男が公園に遊びにいき、そこで遊んでいた子供のうちで昼ご飯までご馳走になってきたこともある。

しかし、Tシャツ1枚ではまだ寒い。早く温かくなってほしいものだ。

06.26 お祭りその2
本日が、お祭りの本番だ。
朝8時半に近所の公園に集合して、手ぬぐいとはっぴを借りる。
子供たちは各班に分かれ、町内中を練歩く。

一軒づつ玄関の前で、立ち止まりそこで「わっしょいわっしょい!」と掛け声をかけ、みこしを揺らす。
そうすると、家の人が賽銭箱にお金を入れていくのである。

子供たちの回るルートは自分の家の近所を回るので、近所の人に子供の顔を知ってもらうのにはいい機会だ。
結局1時間以上かけて各家を回り、終わることには子供たちもかなり疲れた様子だった。
心和む御祭でした。

06.28 大自然
本日は振り替え休日。
息子たちも小学校と幼稚園に行ったので、妻と2人きり、どこかに走りに行きたいのだが、用事が会って札幌に電車に乗って出かける。
電車にのってしばらくすると車内アナウンスがはいり、「現在、事故が発生したため千歳行きの路線が不通となっています」という、しばらくして「千歳行きの列車と鹿が衝突し、現在復旧作業を行っていますと」、そのアナウンスを聞いたら車内から笑い声が、、、
私も妻も思わず声をあげて笑ってしまった。(鹿には申し訳ないが、、)
妻が一言、「しかたがない」<おばさんギャグ

そういえば3年前に道東自動車道でヒグマと乗用車が正面衝突し、自動車が大破した事故がある。
運転者は無事だったようだが、ボンネットと屋根がボコンとへっこみ事故の衝撃の大きさが想像できたが、なんとそのヒグマは体長3m、体重300kgを超える熊だったそうだ。
さすが、北海道!

06.29 夏がきた〜!?
本日は晴天なり。
札幌では最高気温が27度近くまで上がり、街中を歩いていても日差しが暑く感じる。
街を歩いている女性の服装も一気に夏モードに突入した感じだ。
そういえば、先週末に小樽ドリームビーチ(道内最大の海水浴場で、私が住んでる町にある)で海開きをしたそうである。
ニュースで海開きの様子を伝えて、水着の女性が海で遊んでいたが、決して泳いではいない。
冷たくて入れないのである。いくら道産子とはいえ週末の気温はやっとTシャツ一枚で何とか過ごせるぐらいの気温である。
海水浴に適する温度は気温と水温を足して50度が適するようである。気温が30度、海水温が20度ぐらいになると人がどっと押し寄せる。
しかし、いくらなんでも、この前の週末は足した温度が40度あるとは思えない。

さあ、今年の夏は暑くなる予報が出ているが、海に入りたくなるような温度になるのでしょうか?
ここ3回の夏で30度を越したことは数えるほどしかありません。

06.30 ボーナス
本日はボーナス支給日。

毎年、基本給の金額は上がっているはずなのに、手取りのボーナスは毎年下がっている。

独身の頃はボーナスが出た日は、朝まで飲んでいた。
待ちに待った支給日を思い存分楽しんだものだ。

しかし、結婚して子供が出来るとボーナスをもらったと言う実感が薄くなる。
給料袋には明細のみで、ボーナスがでたから何か購入しようとか、そういったものもなくなってきている。
オークションでもいいからホイールセットがほしいと思っているが、これもなかなか嫁さんに告白しにくい。

独身の頃のわくわく感をもう一度味わってみたいものだ。

back