帰省ツーリング 往路
2013.3.23に次男坊と滋賀県の大津から実家の名古屋市西区まで帰省ツーリングをしてきました。
往復とも同じルートではつまらないので往路と復路は違うルートを選択。


大津を出発して八風街道を走り三重県のいなべ市を通り名古屋入りする東海と大津を結ぶ最短ルート。

地図上では115kmの距離

復路


名古屋から一宮、大垣と関ヶ原を通り8号線を南下するルート
朝7:50に自宅を出発

8時に瀬田の唐橋を出発

19

天気予報では午前中は曇り、昼からは晴れマークが出ていたが、低い雲が垂れこんでいる。
時折雨がぱらつくが気にせずに走ることにした。
まず近江八幡まではいつもの通勤ルートを走ることにした。
日中の気温は滋賀で13度、名古屋では17度となっていたが結構寒い。
ウィンドブレーカーを着て1号線から8号線を走る。
基本的に近江八幡まではほぼ向かい風
出発して1時間40分26km地点のコンビニで最初の休憩

30

朝食は食べてきたが、小腹が減ったのでフランクフルトを食べる。
八日市の市街地を通り抜け八風街道に入る。
このあたりから追い風に変わってきた。
ドラックストアで補給用のドーナツを購入
永源寺の手前で二度目の休憩
コンビニで暖かいコーヒーとココアを購入
ドーナツをひとつずつほおばる。
出発して2時間40分
ここまでの距離が40km
標高でいうと約300m上がることになる。
永源寺ダムまでは過去に一度来たことがあるが、そこから先は走ったことがない。
石榑(いしぐれ)峠はかつては酷道421号線と揶揄された国道でトンネルができるまでは、幅2mを越える大型車は通行できないほどの難所と云われていた。
しかし、トンネルができてから大型車が頻繁に通る
滋賀と名古屋をつなぐ最短ルートなる。
ここから先が登りとなる

06

次男坊はあまりギアを変えずにダンシングを多用する。

43

永源寺ダムの周辺で標高280m程度
残り10km弱で標高500mまで上がるのだろうか?

31

残り3kmの地点から6%勾配の登坂車線がはじまった。
3kmを延々と6%の勾配というと奈良の忍阪に近いものがある。

08

ブルベで忍阪を自転車押して歩く人も多いが、20%勾配の坂でも登る次男坊にとっては押して歩くほどの坂ではない。
淡々と登っていく。



40

12:06に石榑トンネル入り口に到着トンネルの入り口がこのルートの最高地点となる。
トンネルの中が2.5%の下りとなる。
しかし、このトンネル全く自転車や歩行者に関しては考慮されていない。

対面通行でセンターにポールが並んでいる。
左側の歩道部分は路面より1mも上がっていて手すりが付いている。とても自転車通れる幅ではない。
反対側は幅80cm程度の歩道があるが、自転車がぎりぎり通れるくらい。
車道を走ると後続車が自転車をよけて追い越すことができない。
仕方がないので右側の歩道を走ることにした。
下り勾配なのでペダルをこぐ必要はないが、ブレーキをしないとスピードが出過ぎる。
トンネルの長さは4100mもある。
僕が先に走り次男坊が後ろからついてくる。
必死の思いでトンネルを抜ける。
トンネルを抜けて反対側に移動し豪快なダウンヒルを楽しむ。8%の下りは迫力満点。
次男坊も700Cになってから50km/h以上のスピードで下っていく。
24インチロードでは下りでも漕がないとスピードが出なかった。
いなべ市に入りここで昼食。

という和食の店に入る。
時間は13時を回った。
次男坊実はうなぎを食べたことがない。
妻がうなぎが嫌いなので家族でうなぎを食べに行ったり食卓に上がることがない。

17

人生初のうな重
1900円の竹を注文
数年前に津でうなぎを食べた時は特上が食べれられた値段だ。
さすがに小遣い親父の財布からうな重2人前は痛いので唐揚げ定食

22

ボリューム的には唐揚げ定食が正解。
唐揚げもとてもジューシーで旨かった。

41

うな重にかぶりつく次男坊
「おいしい」を連発。
ゆっくり昼食を楽しむ。
後残り50kmだ。

56

このルートは中部300で走ったことがある。

23
34

多度大社の横をすぎコンビニでトイレ休憩
木曽三川公園のタワーが見えた。

20

長良川クリテリウムでここにもレースできている。

54

橋の上から公園をみると大道芸人がパフォーマンスをしている。

03

愛知県に入り津島をぬける。
このあたりから「まだー?」とか「後何キロ?」を口にするようになる。
新川を遡り、名古屋市西区に入る。
両親が住んでいるマンションに16:30頃到着
往路データ

走行距離123.77km
延べ走行時間8時間27分
延べ平均速度14.6km/h
実走行時間6時間16分
実平均速度19.7km/h


目標としていた8時間はクリアーできなかった、昼食でゆっくりした分15km/hは下回った。
500mの峠を越えて123kmも走れたら上出来でしょう!
正月以来じいちゃんばあちゃん、いとこと夕食を食べる。
次男坊はいつもと同じ21:30頃就寝

back