美山ロングライドチャレンジ その2

北海道ツーリングで1日最長109kmを走っていた次男坊

美山サイクルグリーンツアーの130km、制限時間8時間は楽勝と考えていたようだ。

前日の土曜日はCSYamadaの朝練に参加し、帰ってきてから夏休みの宿題をする。

僕は大阪の病院に次男坊の低身長の検査結果を聞きに行くためJRに乗る。

15:30に予約を入れていたが、京都を過ぎ桂川の手前で赤信号になり、結局3時間電車のなかで缶詰

病院も終わってしまったので高槻から戻るが、結局JRに5時間半拘束され自宅に戻る。

美山の受け付けは5:30からなので3時には自宅を出る予定。

あわてて準備をして夕食を食べて22時ごろ就寝

2:45に目覚ましがなり3時15分過ぎに次男坊と自宅を出発

さすがにこの時間は空いていて5時前に美山に到着。

途中で補給食をコンビニで買おうと思っていたが高雄から美山までコンビニがなかった。

美山に到着すると気温は22度

霧が立ち込めている。

5時に駐車場になっている美山中学のグランドが開き、車を入れる。

次男坊はまだ寝ている。

今回は相当な気温が予想されるので熱中症だけは気をつけなければならない。

僕の閾値として33度を越える気温の中でロングを走ると熱中症の危険が増す。

対策として首に巻く冷却ようバンダナとハイドレーションパックにスポーツドリンクを1.5L入れ冷凍庫で凍らしておいた。

クーラーボックスを開けてみると凍らせた2Lのペットボトルとハイドレーションパック、スポーツドリンクを3つ凍らせたおかげで、一緒に入れたおにぎりがキンキンに冷やされていた。

着替えをして次男坊にアームカバーをつけようと探すが忘れたようだ。

日焼け止めクリームも忘れた。

昨日の予想外のトラブルで持ってくるのを忘れていた。

6時に次男坊を起こし、キンキンに冷えたおにぎりを食べ会場に移動。

まだ、うっすら霧が立ち込めている。



6:30を過ぎるとずいぶん人が集まってきた。

スタート地点ではマイミクさんの嵯峨野ランナーさんがボランティアの自転車部の大学生たちに指示を与えている。かっこいいー!

大会本部で美山にコンビニはありますか?と聞く

ないらしい、商店はたくさんあるのでほとんどのものは手に入るらしい

薬屋さんは?と聞くと今日は休みとのこと。

日焼け止めクリームを売っている店はありますか?と聞くとスタッフの女性が「使ってください」と化粧用の日焼け止めクリームを貸していただいた。

次男坊の顔を腕にクリームを塗る。

ありがとうございました。


スタート地点ではいポーズ

ロングライドチャレンジは570名程度の参加らしいが、小学4年生から参加できる。

小学生の姿もちらほら見える。

総合司会のガラパさんにも御挨拶


スタート直前、霧も晴れてきて暑くなりそうな予感だ。

チェックポイントは全部で8つ
一応番号は付けているがどこから回っても良いことになっている。

東のチェックポイントから回るグループと西北のチェックポイントを回るグループと2つに大きく分けられる。

7:30にスタート

50人ごとのグループで時間をおいてスタート

第二グループでの出発となった。

ログをみると7:34にスタートしたようだ

去年までの美山サイクルロードレースジュニアのコースをトレース

CP1は神楽坂だが一番勾配がきついCP2の深見峠を目指す。

CP2を最初に目指すのは僕らだけのようで一番乗りを目指す。

柳谷で朝練をしているのでこれぐらいの坂なら問題なしに登れる。

CP2の手前1kmぐらいで後ろから参加者の1名が追い抜かしていった。

もう一人の参加者の姿がバックミラーに映ったので、「抜かれるなー」と檄を飛ばす。

8:20CP2深見峠に到着

何人かの参加者がCP2に到着

彼らは当然CP1を回ってからの到着だ。

「こんな子がよくこんな坂登れますね!」

「おぉ、ビンディング履いてる、すげー!」

といろいろ声をかけていただき、一緒に記念撮影になりました。

次にCP6・7・8を目指す。

CP8が今回の一番の標高になる。

涼しいうちの前半に峠を終わらせようとする作戦だ。


すでに気温は28度になっている。

何人かの参加者が休憩しているのでCPかと思ったが違うようだ。

トイレ休憩をする。


美山町北のかやぶきの集落

まだこのあたりまでは余裕だ。

朝食はおにぎりを1つ食べただけなのですでに腹が減っている。

CP6の田歌ではエイドステーションASで補給ができる。

ASを目指す

鹿肉カレーだ!

腹が減ったので一気に完食


次男坊は鹿肉ハヤシライス

美山で取れた野菜が冷やされている

キュウリやトマトが旨いこと旨いこと!

塩分補給のため荒塩をしっかりつけて食べる

次男坊もキュウリの旨さに取り付かれてもう一本食べに行く。

美山の湧水ボトルを2本もらう。

少し多めに休憩しCP7に向けて出発

道は登り基調

母親と走っている男の子が登りがつらいのか道路を蛇行運転しながら走る。

「左側を走る!」と注意して追い越す。

次男坊は淡々と後ろについて走る。

気温は30度には行っていない。川沿いの道を通るが木陰に入るとまだ涼しい。

府道からはなれ2.7km走ったところがCP7芦生

とたんに路面状況が悪くなる。

途中でパンク修理しているがいる。

前からくぅさんところの長男君とお父さんがすれ違う。

小さな峠を越えて少し下るとCP7

10:06にCP7に到着

バックパックからスポーツドリンクを取り出す。

ハイドレーションの氷は少し解け始めてきた。

冷やしておいた熱中症対策のバンダナを首に巻く。

冷たい。

次にCP8を目指す。

府道までは基本的には下り。

パンク修理していた人がまだ修理をしている。

府道に戻る。上流に向かって高度を稼ぐ。

途中で24インチのGIOSロードに乗った父娘を見つける。

「何年生ですか?」と声をかけると小5らしい。

「うちも同じです」と追い越していく。

小学生なら追い抜かせるが大人たちにはどんどん抜かれる。

CP8から下ってくる参加者に「後300!」と声を掛かられる。
結構うれしい。

CP8手前でくぅさんところの次男君の姿が見えた。

CP8に10:35CP8に到着

ここからまたスタート地点まで戻りCP4豊郷とCP5の福居を目指す。

基本的には下り基調

後ろから「親子で参加良いですね!」と声をかけられる。

11:10にCP6田歌に到着

水が少なくなったので水分補給

エイドステイションのボトルの水が無くなっている。

水道から水をハイドレーションに補給

次男坊はキュウリにかじりついている。

嵌ったようだ(^_^;)

前に来た時になかったおにぎりが置いてあったので1つずつ頂く。

ここまでの距離がまだ60km

まだ半分にも達していない。

美山ふれあい広場まででちょうど70km

半分を過ぎた



back