【新居の模型】

House+ing > Gallery > 【新居の模型】


ここではN建築士が作成してくださった模型(実際に作ったのはバイト君だそうですが…)を撮影した写真を紹介します.
この模型は2代目で,先代はN建築士宅のミーちゃん(子猫)によって無惨な姿になってしまいました.
先代の模型の時にはHyde自ら撮影してみたのですが,N建築士の撮影した写真を見た後ではとても公開できる代物でないと思い知りました….
下で公開している写真は全てN建築士が撮影してメールで送って下さった物です.(後から聞いたのですが,実際に撮影したのはアルバイト君だそうです….)
バックやライティングなどにテクニックがあるのでしょうね.
すごく良い雰囲気が出ています.

【トップ画像】にも家の全体を撮影した写真がありますのでご覧下さい.

Photo Image 西側擁壁下から見たアングルで撮影されたものです.
向かって左側の影になっている面が北側です.
こちらに面した窓は,階段部分からの視線を避けるために小さめにしてあります.
またこの面に直交する面は西向きですので窓を付けませんでした.
Photo Image 上の写真を上から見下ろした位置から撮影されています.
擁壁下のお宅の屋根の上からでも,このアングルで家を見ることはできないでしょう.
逆に言えば,この方向の視界は開けていると言うことですね.
夏の西日はちょっと怖いです….
Photo Image この写真は障壁上のお宅からの目線よりちょっと高い位置から撮影されています.
この角度でも家の中は直視されないようですので,実際の隣家から丸見えということはなさそうです.
手前の面が北側です.
左側に縦スリットの窓がありますが,ここは階段への採光を取るためのものです.
階段はスリット階段ですから,玄関の方からも光を感じられるでしょう.
Photo Image 隣接した擁壁上のお宅からは,この写真に近いアングルで見えるかもしれません.
正面向かって左側1Fがビルトインガレージ,2Fが子供部屋です.
中央1Fは4枚引き戸で,左の3枚を開ければピロティー下に入れます.
ガレージにバイクを入れる時もここ通ります.
右の引き戸を1枚開ければすぐに玄関です.
Photo Image 中央に見えるのは展望デッキです.
2Fのアイレベルでは,12m道路を挟んだ擁壁下の家の屋根が視界にかかってしまうと思われますが,この展望デッキに上ればその心配も無用です.
Kumadonは夏になったらここに上り,遠くの山々に落ちる夕日を見ながらビールを飲むのが楽しみだそうです.
方角は手前方向が西になります.
Photo Image デッキから2Fダイニング・キッチンを臨むアングルで撮影されています.
中央部のカウンターの裏面にI型キッチンが入ります.
キッチンはアイランドタイプですので一周することができます.
天井から下がっている垂れ壁の部分にはレンジフードファンが入ります.
ガスコンロ前面の間仕切は強化ガラス製で,ダイニングはもとよりデッキ方向への視界を遮らないようにしてあります.
逆にダイニング側からは,北側の窓を通して緑地の借景が楽しめると思います.
Photo Image デッキから2F洗面・脱衣・バス方向を臨むアングルで撮影されています.
床のように見えるところがデッキです.
夏にはここでBBQをしたり,Ha-chan用の子供プールを置いたりしたいですね.
こうやってみると水回りは独立した箱のようです.
中がよく見えても困るのですが,手前の子供部屋の開放感に比べるとちょっと隔離されてしまっている印象を受けまが,”離れ”と言う感じが出ていてこれはこれでおもしろそうです.
1Fピロティーからエントランス側の4枚引き戸を臨んでいます.
ちょっと暗い印象を受けますが,実際にはデッキの板が目透かしで張られますので,もう少し明るくなると思います.
当座は来客用の駐車場にしたり,作業スペースとして使う予定です.
車やバイクをいじったりするのもここで行うことになるでしょう.
セカンドカーを所有した時にはガレージとして使います.

Top


Copyright (c) 2002-2009 Hyde@House+ing All rights reserved.