ビデオ(グラフィック)カードの選び方、ノートPC編

WWW を検索 サイト内を検索
デスクトップPCの価格性能比較 ノートPCの価格性能比較 タブレットの価格性能比較 SIMフリースマホの価格性能比較

パソコンの選び方TOPノートPCの選び方TOP使用目的別おすすめノートPCパーツで選ぶノートPC

OS 大きさ CPUベンチマーク メモリ ストレージ
(記憶装置)
グラフィックベンチマーク ディスプレイ バッテリ LANと無線通信
CPUの選び方 グラフィック
CPUスペック比較

ノートパソコンのビデオカード

ノートのグラフィック選びはバッテリ駆動時間も関係する

  • ノートのグラフィック機能を選択する場合、バッテリの駆動時間を考えなければならない。
  • バッテリー駆動時間を重視するモバイルパソコンの場合はCPU内蔵グラフィックが適している。
  • 現在のCPU内蔵グラフィックは性能が良いので負荷のかかるゲームや画像・動画処理をしなければCPU内蔵グラフィックで十分対応できる 。
  • ゲームや画像・動画処理、など負荷のかかる作業が有る場合は単体グラフィックを選び、その作業内容により単体グラフィックの性能を決める。
←消費電力=低い ←→ 消費電力=高い→
CPU内蔵グラフィック 単体グラフィック(ビデオカード)ローエンド 単体グラフィック(ビデオカード)ハイエンド

単体グラフィック ビデオ(グラフィック)カードの選び方

  • Windows Vista以降グラフィック機能の重要度が増しました。 Windows 7でもWindows Aeroがあり、グラフィック機能が重要になります。
  • GPGPUライブラリ、NVIDIA CUDAATI Streamに対応した動画編集ソフトPowerDirector7やエンコードソフトTMPGEnc Video Mastering Works 5が登場し GPUは3Dゲーマーだけのものではなくなってきた、
    今後はハイエンドGPUビデオカード搭載PCがオススメでNVIDIA GeForce GTX 250以上だとかなりエンコード時間を短縮できる
  • インテル クイック・シンク・ビデオ(QSV機能) を使う事で エンコード時間を短縮できる
    しかし、その為にはCPU内蔵のグラフィックスを利用しなければならないが、単体グラフィックとCPU内蔵のグラフィックスを共存する方法もある。
  • ビデオカードの基本性能はビデオチップ(GPU)とビデオメモリで判断します。
  • 負荷のかかる3Dゲームをするなら高性能GPUが必要。
  • ビデオチップの主なメーカーにはnVIDIA=GeForce・AMD=Radeonがあります。


▲トップへ



最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003