メモリの選び方、ノートPC編

WWW を検索 サイト内を検索
デスクトップPCの価格性能比較 ノートPCの価格性能比較 タブレットの価格性能比較 SIMフリースマホの価格性能比較

パソコンの選び方TOPノートPCの選び方TOP使用目的別おすすめノートPCパーツで選ぶノートPC

OS 大きさ CPUベンチマーク メモリ ストレージ
(記憶装置)
グラフィックベンチマーク ディスプレイ バッテリ LANと無線通信
CPUの選び方 グラフィック
CPUスペック比較

ノートパソコンをメモリで選ぶ

メモリの役割

CPUとハードディスクがデータのやり取りをいていては動作が遅くなるので、一時的にデータを高速なメモリに保存しやり取りをする事で高速化を図っています。

メモリの容量が多いほど、複数ソフトを同時に動かしたり、重いソフトでも速く安定して動かす事が出来ます。

現在主流のメモリ規格にはDDR2 SDRAMとDDR3 SDRAMがあります。

メモリの選び方

動作周波数の高いメモリを多く搭載しているパソコンが高性能なパソコンといえます。

しかし動作周波数が高いメモリを使用しても、速度差を体感できません、周波数よりも容量の多さが重要です。

主要なメインメモリーの規格一覧表

ノートの場合バッテリーでの駆動時間も重要なので低電圧のDDR3L-SDRAMを使用するノートパソコンが多い。

通常の DDR3 が 1.5V 駆動に対しDDR3L は 1.35V駆動です。

またLPDDR(Low Power DDR )は1.2V駆動と更に低電圧となっている。

メモリ規格 メモリモジュールの規格 メモリチップの規格  
動作周波数
最大データ
転送速度
DDR SDRAM PC2700 DDR333 333MHz 2.7GB/sec
PC3200 DDR400 400MHz 3.2GB/sec
DDR2 SDRAM PC2-3200 DDR2-400 400MHz 3.2GB/sec
PC2-4200 DDR2-533 533MHz 4.2GB/sec
PC2-5300 DDR2-667 667MHz 5.3GB/sec
DDR3 SDRAM PC3-8500 DDR3-1066 1066MHz 8.5GB/s
PC3-10600 DDR3-1333 1333MHz 10.67GB/s
PC3-12800 DDR3-1600 1600MHz 12.8GB/s
PC3-17000 DDR3-2133 2133MHz 17.06GB/s
PC3-19200 DDR3-2400 2400MHz 19.2GB/s
PC3-21300 DDR3-2666 2666MHz 21.3GB/s
DDR3L-SDRAM(低電圧) PC3L-12800 DDR3L-1600 1600MHz 12.8GB/s
DDR4 SDRAM PC4-17000 DDR4-2133 2133MHz 17.06GB/s
PC4-19200 DDR4-2400 2400MHz 19.2GB/s
PC4-21300 DDR4-2666 2666MHz 21.3GB/s

デュアルチャネルとトリプルチャネル

デュアルチャンネルはメモリを2枚1組で使って転送速度を倍にする技術、データの処理をさらに高速化する事が出来ます。
2枚のメモリを組み合わせて、データを分散して処理を行い、データのやり取りの速度を向上させるもので、現在のノートパソコンはデュアルチャンネルが主流です。

トリプルチャネルはメモリを3枚組み合わせて、さらにデータ転送の高速化を計る技術です。

しかしデュアルチャネルとトリプルチャネルの性能差を実際体感が出来るかというと、体感出来る程でもないと言えます

また現在ノートパソコンはトリプルチャネルに対応していません、トリプルチャネル対応はデスクトップパソコンのみです。

32bitと64bit版Windowsとのメモリ認識違い

32bit版Windowsでは、OSが認識出来るのは約3GB
64bit版Windowsでは、4GB以上が認識可能です。

64bit版Windowsを使用する最大の魅力は大容量のメモリを搭載出来る事とも言えます。

Windows 7Home Premiumの64bit版では、最大16GBまで搭載可能で最上位版のUltimateでは192GBまで搭載可能となっています
しかしこれはシステム上の話であり、実際はマザーボードの最大可能容量で制限されます。

メモリ容量

メモリ容量が多ければ、それだけPCが一度に作業できる量が増えるので、より快適に作業出来る。

今のノートパソコンの場合2GB以上は欲しいです、出来れば4GB以上欲しいです。

またWindows 7では、2GBメモリ以上が基準です。

メモリ容量の目安
用途 容量
Eメールやインターネット閲覧、オフィスソフト 2GB
複数プログラムの同時起動、一般的な画像編集、ゲーム、エンコード 4GB以上
フォトレタッチソフト(Photoshop等)で巨大な画像ファイルを扱う場合 8GB以上

▲トップへ



最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003