OS:Windows 7/8の選び方、デスクトップPC編

WWW を検索 サイト内を検索
デスクトップPCの価格性能比較 ノートPCの価格性能比較 タブレットの価格性能比較 SIMフリースマホの価格性能比較

パソコンの選び方TOPデスクトップPCの選び方TOP使用目的別おすすめデスクトップPCパーツで選ぶデスクトップPC

OS CPUベンチマーク SSDベンチマーク ビデオカードベンチマーク メモリ
選び方
チップセット
選び方
ケース
選び方
CPUの選び方 ストレージ選び方 SSD選び方 HDD選び方 ビデオカード選び方
CPUスペック性能比較 SSDスペック性能比較 ビデオカードスペック性能比較 チップセットスペック性能比較

Windows 10Home、Proの主な機能比較、デスクトップPC編

OS種類 Windows 10 Home Windows 10 Pro
Microsoft Edge
仮想ディストップ
OneDrive
ドメインや Azure Active Directoryへの参加 ×
Bit Locker ×
リモートデスクトップ ×
HIpre-V ×

Windows 10、8.1、7の主な機能比較、デスクトップPC編

OS種類 Windows 10 Windows 8.1 Windows 7
Microsoftアカウント 必須 一部必要 不要
インターネットアクセス 必須 一部必要 一部必要
DirectX DirectX12 DirectX11 DirectX11
デフォルトブラウザ Microsoft Edge Internet Explorer 9 Internet Explorer 8
メールソフト ×
Media Player ○※DVD再生非対応 ○※DVD再生非対応 ○※DVD再生対応
Media Center × ×
スタートメニュー ×
仮想デスストップ × ×

Windows 8をエディションで選ぶ、デスクトップPC編

Windows8は2種類

Windows8のエディションは、基本的に『Windows 8』と『Windows 8 Pro』の2種類しかありません

Windows7ではHome Premium、Professional、Ultimateの細かいエディションが有ったが、8ではシンプルに上位版はProだけと判りやすい。

  • Proが付かない無印のWindows8はプリインストールPCかDSP版。
  • Windows 8 Proはアップグレードと新規インストールがある。
    • アップグレードはパッケージ版のみ
    • 新規インストールはDSP版のみ

Windows8 販売形態には、プリインストール版、パッケージ版、DSP版の3種類ある

プリインストール版とは
メーカー製PCなど既にインストールされている。
パッケージ版とは
パッケージ版は、Microsoftが正規ルートで販売する OS 。またパッケージ版はアップグレード版のみでDVD版とダウンロード版がある。
DSP版とは
DSP版は新規インストールとアップグレード出来る、アップグレードならパッケージ版の方が安いので実質新規インストールの場合のみDSP版となる
また以前のDSP版はパソコン本体やパーツにセットされ販売される形態だったが、8からはOS単体で購入が可能となった。

販売形態での比較表

  プリインストール版 パッケージ版 DSP版
価格 PCの価格 安い 高い
新規か
アップグレードか
新規 アップグレード(XP SP3以降) 新規またはアップグレード
32・64bit 32bitか64bitを選ぶ 32bitと64bitの両方が入ってます 32bitか64bitを選ぶ
サポート メーカーのサポート有り 90 日間の無償サポート 無償サポートなし

Windows 8の無償サポート

パッケージ版は90 日間の無償サポート DSP版は無償サポートが無い
その分ソフトは安くなった、サポートが重要と思う方はメーカー製のWindows 8プリインストールPCの購入を勧めます。

『Windows 8 Pro』と『Windows 8』の比較表

  Windows 8 Pro Windows 8

スタート画面の変更

スタート画面を使いやすく変更出来る

豊富なアプリ

メールカレンダー、メッセージング、写真などの標準アプリの他多数アプリを使用出来る

Windowsストア

Windows8用に開発されたアプリが手に入るWindowsストア

Internet Explorer10

WEBサイトをより高速に。大画面表示でタッチ操作に最適。

互換性

Windows7などで利用していたソフトを使用出来る

データ保護

ドライブを暗号化しデータを保護するBitLocker

×

リモートデスクトップ

外出先のPCから自宅のPCに入っているファイルやアプリケーションを操作できる

×

Windows 8 の価格

販売形態 新規
インストール
アップグレード
インストール
アップグレード
前のバージョン
32bitか64bit 購入方法 Windows 8 Windows 8 Pro
パッケージ版 出来ない 出来る XP SP3以降 32bitと64bit
両方が入ってます
DVD なし ms-win8-pro
Windows 8 Pro

6090円
ダウンロード なし ms-win8-pro
Windows 8 Pro 
ダウンロード版

3300円
Win8無印 DVD なし ms-win8-propack
Windows 8 Pro Pack

6090円
ダウンロード なし ms-win8-pro
Windows 8 Pro 
ダウンロード版

3300円
DSP版 出来る 出来る 新規又は
XP SP3以降
32bit版 DVD
《32bit》 Windows8
10980円

《32bit》 Windows8 Pro
14980円
64bit版 DVD
【64bit】 Windows8
10980円

【64bit】 Windows8 Pro
14980円
販売形態 新規
インストール
アップグレード
インストール
アップグレード
前のバージョン
32bitか64bit 購入方法 Windows 8 Windows 8 Pro

Windows 7をエディションで選ぶ、デスクトップPC編

Windows 7 何を選べば良いのか?

Windows 7には、下記の6つのエディションがラインナップされ 「Home Basic」は日本で販売されず、「Enterprise」は契約企業限定なのでその他の4種類となる。
また「Starter」はパソコンメーカーにのみ出荷される。

エディション 概要
Starter ネットブックなど低スペックパソコン向けでパソコンメーカーに出荷されるOEM限定
Home Basic 新興国市場向け一部機能限定版 日本では販売されない
Home Premium 標準的な一般ユーザー向け
Professional 企業ユーザー、上級一般ユーザー向け
Enterprise 契約企業限定、機能的にはUltimateと同等
Ultimate 企業ユーザー、上級一般ユーザー向け、全ての機能がある

まずは何のエディションにするか、その後どの販売形態にするかを選びます、下記でその説明をします。

Windows7を選ぶならスバリこのエディション!

国内パッケージで販売されるのは「Home Premium」「Professional」「Ultimate」の3エディションのみです。
買うならズバリ!

  • ビジネス以外なら「Windows 7 Home Premium」一般的な個人ユーザーならこのバージョン。
  • パッケージ版の場合でビジネス用途なら「Windows 7 Ultimate」(「Professional」と値段が殆ど変わらない為)
  • DPS版でビジネス用途の場合「Professional」「Ultimate」との価格差は約6,000円、これをどう見るかはユーザ次第か。

Windows7 販売形態には、パッケージ版とOEM(DSP)版がある

パッケージ版とは
パッケージ版は、Microsoftが正規ルートで販売する OS でライセンス契約はマイクロソフトとユーザー間で成立している為、サポートは直接Microsoftにする。
OEM (DSP)版とは
OEM (DSP)版はパソコン本体やパーツにセットされ販売される形態で、そのOSはセットのパソコン本体・パーツにしかインストール出来ない、サポートはパソコン本体・パーツを購入したメーカーまたはショップにする。
OSがインストールされているパソコンはこれに当たります。

パッケージ版とOEM(DSP)版の比較表

  パッケージ版 OEM(DSP)版
価格 高い 安い
32・64bit 32bitと64bitの両方が入ってます 32bitか64bitを選ぶ必要が有ります
ライセンス ライセンス契約はマイクロソフトとユーザー直接
1ライセンスにつきどんなパソコンでも一台のみならインストールが可能。
ライセンス契約はマイクロソフトとハードウェア・ベンダー間
購入したパソコンまたはパーツにしかインストール出来ない。
サポート Microsoftの電話サポート OEM(DSP)版を販売したメーカーやショップの電話サポート

パッケージ版のメリットはMicrosoftの電話サポートです、
トラブルを自己解決出来るなら価格の安いOEM(DSP)版、トラブル解決に自信がないユーザーはパッケージ版となりますが
パソコンメーカーでパソコンを購入すれば自ずとOEM(DSP)版となりサポートはメーカーになります。

またパッケージ版のメリットに32bitと64bitの両方が入ってる事があります
自作又はメーカー製パソコンを32bitと64bitの両方で使用する可能性がある場合はパッケージ版を選ぶ価値が有ります。
そうでない場合はOEM(DSP)版がお得です。

Windows 7 エディション別の価格

      Windows 7 Home Premium Windows 7 Professional Windows 7 Ultimate
パッケージ版 アップグレード版 32bitと64bit
両方が入ってます
Windows 7 Home Premium アップグレード版

ダウンロード:15,429円

DVD:15,761円

Windows 7 Professional アップグレード版

ダウンロード:25,194円

DVD:25,736円

Windows 7 Ultimate アップグレード版

ダウンロード:26,170円

DVD:26,733円

通常版 32bitと64bit
両方が入ってます
Windows 7 Home Premium 通常版

ダウンロード:24,217円

DVD:24,738円

Windows 7 Professional 通常版

ダウンロード:34979円

DVD:35721円

Windows 7 Ultimate 通常版

ダウンロード:37,888円

DVD:38,703円

DSP版 通常版 32bit版 Windows 7 Home Premium SP1 32bit DSP版
+内蔵型USB拡張カードセット
http://www.pc-koubou.jp/web_images/goods/goods_img02/set-1000548_m.jpg

12,280 円

Windows 7 Professional SP1 32bit DSP版
+内蔵型USB拡張カードセット
http://www.pc-koubou.jp/web_images/goods/goods_img02/set-1000550_m.jpg

16,280 円

Windows 7 Ultimate SP1 32bit DSP版+内蔵型USB拡張カードセット
http://www.pc-koubou.jp/web_images/goods/goods_img02/set-1000552_m.jpg

22,280 円

64bit版 Windows 7 Home Premium SP1 64bit DSP版
+内蔵型USB拡張カードセット
http://www.pc-koubou.jp/web_images/goods/goods_img02/set-1000548_m.jpg

12,280 円

Windows 7 Professional SP1 64bit DSP版
+内蔵型USB拡張カードセット
http://www.pc-koubou.jp/web_images/goods/goods_img02/set-1000550_m.jpg

16,280 円

Windows 7 Ultimate SP1 64bit DSP版+内蔵型USB拡張カードセット
http://www.pc-koubou.jp/web_images/goods/goods_img02/set-1000552_m.jpg

22,280 円

Windows 7 各バージョンの機能一覧

  バージョン
機能一覧 Home Premium Professional Ultimate
Aero系各機能、ジャンプリスト
ホームグループとフォルダー/プリンター共有
Windows Media Center
ドメイン参加  
Windows XPモード  
ネットワークバックアップ  
リモートデスクトップ(サーバー側)  
BitLockerドライブ暗号化    
多言語対応    

▲トップへ




最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003