チップセットの選び方、デスクトップPC編

WWW を検索 サイト内を検索
デスクトップPCの価格性能比較 ノートPCの価格性能比較 タブレットの価格性能比較 SIMフリースマホの価格性能比較

パソコンの選び方TOPデスクトップPCの選び方TOP使用目的別おすすめデスクトップPCパーツで選ぶデスクトップPC

OS CPUベンチマーク SSDベンチマーク ビデオカードベンチマーク メモリ
選び方
チップセット
選び方
ケース
選び方
CPUの選び方 ストレージ選び方 SSD選び方 HDD選び方 ビデオカード選び方
CPUスペック性能比較 SSDスペック性能比較 ビデオカードスペック性能比較 チップセットスペック性能比較

デスクトップパソコンをチップセットで選ぶ

チップセットでパソコン全体のスペックが決まりますパソコン選びの基本と言って良いでしょう。

チップセットとは

チップセットはパソコンの構成パーツが決まる最重要部品

コンピュータ内部で、CPUやメモリ、拡張カードなどの間のデータの受け渡しを管理するチップ。

チップセットによってサポートするCPUやUEBポート、SATAポートが異なる、
つまりチップセットによってパソコンの構成パーツが決まる最重要部品である

チップセットはマザーボードの中に有る

Z170-Aマザーボード

Z170チップチップセットを搭載したZ170Aマザーボード、赤枠部分がチップセットだがヒートシンクでチップは見えない。

参考の為にチップセットが剥き出しのマザーボードX10SLV、チップセットはインテルH81です。

通常チップセットにはヒートシンクが付いているが参考の為に特殊なマザーボードを紹介しました。

チップセットのブロック図

Z170のブロック図

ブロック図を見て重要な部分を説明します

  • CPUとチップセットがDMI3.0と言うシステムバスで繋がれている
  • CPUとメモリが直接繋がれている
  • CPUとPCI Express3.0の16レーンが1、又は8レーンが2、又は8レーンが1と4レーンが2 、直接繋がれている
  • チップセットとPCI Express3.0が最大20レーン繋がれている、その伝送バス転送速度はは8GT/s
  • チップセットとUSB3.0が最大10ポート、USB2.0が最大14ポート、繋がれている
  • チップセットとSATA3が6ポート、繋がれている、その伝送バス転送速度はは6GT/s
  • チップセットと繋がれているIRST(Intel Rapid Storage Technology) で PCI Express Storage、すなわちM.2接続のSSDなどを管理する。
Z170ブロック図

最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003