ケースの選び方、デスクトップPC編

WWW を検索 サイト内を検索
デスクトップPCの価格性能比較 ノートPCの価格性能比較 タブレットの価格性能比較 SIMフリースマホの価格性能比較

パソコンの選び方TOPデスクトップPCの選び方TOP使用目的別おすすめデスクトップPCパーツで選ぶデスクトップPC

OS CPUベンチマーク SSDベンチマーク ビデオカードベンチマーク メモリ
選び方
チップセット
選び方
ケース
選び方
CPUの選び方 ストレージ選び方 SSD選び方 HDD選び方 ビデオカード選び方
CPUスペック性能比較 SSDスペック性能比較 ビデオカードスペック性能比較 チップセットスペック性能比較

デスクトップパソコンをケースで選ぶ

ケースの選び方(デスクトップパソコン)

現在主流の規格ATXには一般的にフルタワー、ミドルタワー、ミニタワー、スリムタワーが有ります。

現在主流の規格ATX

フルタワー

CM Storm Trooper SGC-5000-KKN1-JP
CM Storm Trooper SGC-5000-KKN1-JP
578(D)×250(W)×605(H)mm
重量:約13.7kg

ミドルタワー

Antec P100
Antec P100
523(D)×220(W)×484(H)mm
重量:約7.3Kg

ミニタワー

COOLER MASTER Silencio 352 SIL-352M-KKN1-JP
COOLER MASTER Silencio 352 SIL-352M-KKN1-JP
453(D)×200(W)×378(H)mm
重量:約 4.7 kg

スリムタワー

AOpen H360C-300WT2
AOpen H360C-300WT2
425(D)x99(W)x336(H)
重量:4.98Kg
フルタワー ミドルタワー ミニタワー スリムタワー

フルタワータイプは高さ600mm以上の物が多く設置スペースを多く取りますがケース内は余裕が有り、温度が上昇しにい利点が有ります。 拡張性も十分ですが、一般ユーザーは必要ないでしょう。

ミドルタワータイプは現在の主流と言えるケースで高さ450mm程度が一般的で、拡張性も十分です。

ミニタワータイプは高さ350mm程度が一般的です。小さいですが、十分拡張性を備えています。マザーボードはマイクロATXマザーまでなので注意してください。

スリムタワータイプは高さ350mm程度、幅はタワータイプの約半分100mm程度が一般的です。拡張性は良くありません。


▲トップへ



最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003