インターネットやメールが使用目的のノートパソコン

WWW を検索 サイト内を検索
デスクトップPCの価格性能比較 ノートPCの価格性能比較 タブレットの価格性能比較 SIMフリースマホの価格性能比較

インターネットとメールがメインのノートなら

ネット&メール コストパフォーマンス ビジネス以外モバイル ビジネスモバイル 14以上ビジネス 画像編集 動画編集 ゲーム ミニノート タッチパネル

インターネット、メールが主要用途場合、ノートパソコンを選ぶ基準と選び方

  • インターネット(テキスト主体)、メール、等を主に使用するのであれば、性能の低いCPU、Atom、Celeronでも可能ですがメインマシンとしても使用するならスペック不足です
    メインマシンとして使用するなら、ある程度スペックのあるCPUでないとストレスを感じるので必要最低限のスペックのあるCore i3Core i5と言った選択になります
  • メモリが2GBでは不足する可能性が高いです、4GBは欲しいところです。
  • 総合性能値4000以下のノートパソコンを選びました。

性能・価格の比較表

メーカー
季節モデル
OS
32・64bit
画面サイズ
画面解像度
タッチパネル
デジタイザー
CPUコードネーム
CPUブランド
CPU世代
CPUナンバー
メモリ容量GB
メモリ規格
ストレージタイプ
ストレージ容量GB
ストレージ容量TB
ストレージ特記
グラフィック
光学ドライブ
無線通信
データ通信
備考

↓総合性能値と価格↓を選んでも上記スペックの選択項目は絞られず全てが表示されます

総合性能値 最高 14000以上
価格 5万円以下

重さ、バッテリ駆動時間、CPUベンチマーク値、参考価格を並べ替える事が出来ます
※オフィスソフトはオプションで選べるので比較表は性能の比較を重視してます。

CPU・メモリ・HDD・光学ドライブ、グラフィックなどのパーツ、OS・その他ソフトは変更出来ます
詳細は製品名_をクリック
総合性能値


参考価格

メモリ ストレージと
ベンチマーク値
(PassMark)

重さ

バッテリ
駆動時間
光学ドライブ GPUと
ベンチマーク値
(PassMark)

ワイヤレスLAN
データ通信
CPUスペックと
ベンチマーク値
(PassMark)
{Maker}
{Link_txt}{Link_img} {Season}モデル
{Display}型{HD}{Display_C}{Display_T}{Digitizer}
{OS}
{Bit}bit版
{Remarks}
総合性能値={All_Benchmark}

{Price}円

{RAM}
{RAM_Capa}GB
{RAM_C}
{Storage}
{Storage_Capa_GB}{Storage_Capa_TB}{Storage_Unit}
{HDD_RPM}
{RAID}
{Storage_Remarks}
ベンチマーク値={Storage_Benchmark}
{Weight}kg
{Battery}時間
{Drive} {Video}

ベンチマーク値={Video_Benchmark}
{WLAN}

{DC}
開発コード
{CPU_Codename}

{CPU_Core}コア{CPU_thread}{thread}
{CPU_N}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}GHz

{TDP_U}{TDP_NV}{TDP_W}

ベンチマーク値={CPU_Benchmark}

▲TOPへ戻る


最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003