画像処理が使用目的のノートパソコン

WWW を検索 サイト内を検索
デスクトップPCの価格性能比較 ノートPCの価格性能比較 タブレットの価格性能比較 SIMフリースマホの価格性能比較

画像処理のおすすめノートパソコン

ネット&メール コストパフォーマンス ビジネス以外モバイル ビジネスモバイル 14以上ビジネス 画像編集 動画編集 ゲーム ミニノート タッチパネル

画像処理、編集をする場合、ノートパソコンを選ぶ基準と選び方

  • 画像を処理するために有る程度速いCPUが必要。Core i5以上がおすすめ。
  • 充分な作業用メモリーが必要で、容量は8GB以上欲しい。
  • グラフィックはチップセット内蔵でも構わないがチップセットまたはCPU内蔵型だと、メインメモリの一部をグラフィックメモリとして利用する事になるので、内蔵ではないタイプが良い。
  • Photoshopは、コンピュータの CPU の代わりにディスプレイカードに搭載されている GPU を使用して、画面の描画速度を向上します。
    関連記事
    ADOBE PHOTOSHOP CCの GPUで加速化した主要ツール
    Photoshop CC で検証されたビデオカード

用途によってGeForceとQuadroを選ぶ

  • GeForceはDirectXに最適化されておりQuadroはOpenGLに最適化されている
    一般的な画像編集ソフトなら比較的低価格のGeForce、OpenGLに最適化されたソフトを使用するならQuadroとなる。
  • 詳しくは使用するソフトの必要システム構成を確認する。
  GeForce Quadro
用途 一般向け ゲーム 業務用 ビデオ編集・CAD・3D-CG等
基本環境 DirectX OpenGL
得意ソフト ゲーム全般 Maya・3Dcoat・Photoshop・Keyshot 等
価格 Quadroに比べ低価格 高価

スペックや価格で絞り込む事が出来ます

メーカー
季節モデル
OS
用途
セキュリティー
画面サイズ
画面解像度
画面表面処理
タッチパネル
デジタイザー
CPUコードネーム
CPU世代
CPUブランド
CPUナンバー
メモリ容量GB
メモリ規格
ストレージタイプ
ストレージ容量GB
ストレージ容量TB
追加ストレージ
グラフィック
光学ドライブ
無線LAN
データ通信
備考

↓総合性能値と価格↓を選んでも上記スペックの選択項目は絞られず全てが表示されます

総合性能値 最高 240以上
価格

重さ、バッテリ駆動時間、CPUベンチマーク値、参考価格を並べ替える事が出来ます
※オフィスソフトはオプションで選べるので比較表は性能の比較を重視してます。

CPU・メモリ・HDD・光学ドライブ、グラフィックなどのパーツ、OS・その他ソフトは変更出来ます
詳細は製品名_をクリック 重さ

バッテリ 駆動時間
OS

用途

セキュリティー
ワイヤレスLAN
データ通信
メモリ ストレージと
ベンチマーク値
PassMark
GPUと
ベンチマーク値
PassMark
CPUスペック
TDP

ベンチマーク値
PassMark
参考価格

コスパ

総合性能値
{Maker}
{Link_txt}{Link_img}
{Season}モデル
{Display}型{HD}{Display_C}
光学ドライブ{Drive}
{Remarks}
{Weight}kg
{Battery}時間
{OS}

{Use}

{sec}
{WLAN}

{DC}
{RAM}
{RAM_Capa}GB
{RAM_C}
{Storage}
{Storage_Capa_GB}{Storage_Capa_TB}{Storage_Unit}
{Storage_Remarks}
ベンチマーク値
{Storage_Benchmark}
{Video}

ベンチマーク値
{GPU_B_1}
{CPU_Codename}
{CPU_Core}コア{CPU_thread}{thread}
{CPU_N}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}GHz
{TDP_U}
{TDP_NV}{TDP_W}

ベンチマーク値
{CPU_B_PM}
{Price}円
コスパ
{COSPA_bar}

総合性能値
{All_Benchmark}

▲TOPへ戻る


最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

最新のデスクトップパソコンをスペックや価格で比較するなら ©2003