動画編集が使用目的のデスクトップパソコン

WWW を検索 サイト内を検索
デスクトップPCの価格性能比較 ノートPCの価格性能比較 タブレットの価格性能比較 SIMフリースマホの価格性能比較

動画編集のおすすめデスクトップパソコン

ネット&メール ディスプレイ付格安 コストパフォーマンス 人気構成 画像処理 動画編集 ゲーム TV視聴録画 静音 CAD・3DCG

動画編集をする場合、パソコンを選ぶ基準と選び方

ハイエンドGPUビデオカード搭載PCはエンコードも得意

用途によってGeForceとQuadroを選ぶ

  • GeForceはDirectXに最適化されておりQuadroはOpenGLに最適化されている
    エンコードがメインなら比較的低価格のGeForce、OpenGLに最適化されたソフトを使用するならQuadroとなる。
  GeForce Quadro
用途 一般向け ゲーム 業務用 ビデオ編集・CAD・3D-CG等
基本環境 DirectX OpenGL
得意ソフト ゲーム全般 Maya・3Dcoat・Photoshop・Keyshot 等
価格 Quadroに比べ低価格 高価

システム用=高速SSD エンコード読み込み用、書き込み用=2台のHDDでパフォーマンスアップ!

  • 本格的なエンコードPCを構築する場合HDDの構成も影響してきます
    例えば下記の様な構成でエンコードのパーフォーマンスを向上する事が出来ます。
    • システムドライブ用=1台 エンコード読み込み用=1台 エンコード書き込み用=1台  HDD合計3台
      コストパフォーマンスが高い構成。
    • システムドライブ用=1台 エンコード読み込み書き込み用=4台以上でRAID0  HDD合計5台以上
      パフォーマンスは高いが価格も高い

動画編集デスクトップパソコン比較表

メーカー
季節モデル
OS
32・64bit
画面サイズ
画面解像度
ケース
CPUメーカー
CPUコードネーム
CPU世代
CPUブランド
CPUナンバー
チップセット
メモリ容量
メモリ規格
モジュール規格
ストレージタイプ
ストレージ容量GB
ストレージ容量TB
追加HDD
グラフィック
テレビ
光学ドライブ
備考

↓総合性能値と価格↓を選んでも上記スペックの選択項目は絞られず全てが表示されます

総合性能値 最高 241以上
価格

総合性能値(各ベンチマーク値合計)、ストレージ、GPU、CPUのベンチマーク値、参考価格を並べ替える事が出来ます

CPU・メモリ・HDD・光学ドライブ、グラフィックなどのパーツ、OS・その他ソフトは変更出来ます
詳細は製品名_をクリック
総合性能値
チップセット
メモリ
光学ドライブ
ストレージと
ベンチマーク値
GPUと
ベンチマーク値
3DMark Fire Strike
CPUスペックと
ベンチマーク値
CINEBENCH R15シングルコア
参考価格
コスパ
{Maker}
{Link_txt}{Link_img}
総合性能値
{All_Benchmark}
{Season}モデル
{Display}{HD}{Display_C}
{OS}
{Bit}bit版
{RAID}
{Remarks}
{TV}
{Power_W}{Power_Rank}
チップセット
{Chipset}
メモリ
{RAM_Ch}
{RAM}
{RAM_Capa}GB
{RAM_C}
光学ドライブ
{Drive}
{Storage}
{Storage_Capa_GB}{Storage_Capa_TB}{Storage_Unit}
{Storage_Add}
PassMark
{Storage_Benchmark}
{Video}
PassMark
{GPU_B_1}
3DMark Fire Strike
{GPU_B_2}
{CPU_Codename}

{CPU_Core}コア{CPU_thread}{thread}
{CPU_N}
{CPU_C}{TB}{CPU_C2}GHz
{TDP_U}
{TDP_NV}{TDP_W}
PassMark
{CPU_B_PM}
CINEBENCH R15シングルコア
{CPU_B_CB_R15_s}
{Price}円
{Price}
コスパ
{COSPA_bar}

▲TOPへ戻る


最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003