消費税増税前、秋冬モデルが人気!?

WWW を検索 サイト内を検索

Home | グラフィック »

デスクトップ向けKaby Lake-S登場

2017年1月4日、Intelはデスクトップ向けの第7世代CoreプロセッサーKaby Lake-Sを発表した。

第7世代と第6世代の各最上位モデル「Core i7-7700K」「Core i7-6700K」を比較すると
TDPは変わらず最高クロックが4.2GHzから4.5GHzに上がっている

グラフィックはHD530からHD630に

メモリはDDR4-2400に対応した

製造
プロセス

コードネーム
モデルナンバー コア
スレッド
CPU動作周波数 グラフィック キャッシュ

TDP
メモリ PCIe
レーン数
構成
ソケット
ベンチマーク値
(PassMark)
14nm

Kaby Lake-S
Core-i7-7700K 4/8 4.2GHz
4.5GHz
HD630
350MHz~1.15GHz
L3=8MB

TDP91W
2ch
DDR4-2133/2400, DDR3L-1333/1600 @ 1.35V
3.0
16レーン

1x16, 2x8, 1x8+2x4
LGA1151
12489
14nm

Skylake
Core-i7-6700K 4/8 4GHz
4.2GHz
HD530
350MHz~1.15GHz
L3=8MB

TDP91W
2ch
DDR3 1600/DDR4 2133
3.0
16レーン

1x16, 2x8, 1x8+2x4
LGA1151
11090

性能差に直結するのは最高クロックが4.2GHzから4.5GHzに上がった事だろう
他のベンチマーク「CINEBENCH R15」でもほぼ動作周波数通りの結果となっている。

CPUの動作周波数が上がり性能向上したのはもちろん、内蔵GPU性能向上など旧世代のCPUを使ってる方には第7世代CoreプロセッサーKaby Lake-Sをオススメする。

カテゴリー: CPU

2017 年 1 月 06 日

10コア「Core i7-6950X Extreme Edition」を発表

米Intelは31日、コンシューマ向けCPUとして初めて10コアを内蔵する「Core i7-6950X Extreme Edition」など4製品を発表した。

コードネームは「Broadwell-E」で「Broadwell」は「Skylake」より古くデスクトップ向けのCPUには殆ど無く
モバイル、サーバー向けに多いCPUだった。

仕様比較表

  Haswell-E Broadwell-E Broadwell-E Broadwell-E Broadwell-E
プロセッサナンバー Core i7-5960X Core i7-6950X Core i7-6900K Core i7-6850K Core i7-6800K
製造プロセス 22nm 14nm 14nm 14nm 14nm
キャッシュ 20MB 25MB 20MB 15MB 15MB
コア/スレッド 8/16 10/20 8/16 6/12 6/12
ベースクロック 3GHz 3GHz 3.2GHz 3.6GHz 3.4GHz
ターボブースト 3.5GHz 4.0GHz 4.0GHz 4.0GHz 3.9GHz
TDP 140W 140W 140W 140W 140W
PCI-Express レーン数 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3 40レーン Gen3
メモリ 4ch
DDR4 1333/1600/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133
4ch
DDR4 2400/2133

前世代の「Haswell-E」に比べ、マルチスレッド性能は最大で35%向上し、オーバークロック耐性も向上しているらしい。

これからベンチマークテストも行われると思うので
実際、前世代からの性能向上がどの程度なのか楽しみです。

カテゴリー: CPU , ニュース

2016 年 6 月 03 日

第7世代Coreプロセッサが今四半期中に出荷

米Intelは31日
基調講演中、Inte 副社長のナビン・シャノイ氏が

コードネーム「Kaby Lake」第7世代Coreプロセッサを今四半期中(4~6月)にOEMメーカーなどに出荷を開始することを明らかにした。

第7世代CoreのKaby Lakeは第6世代のSkylakeと同じLGA 1151を採用し、プロセスルールも14nmと同じです。

性能的には第6世代のSkylakeと大きな違いはなく
USB3.1に対応、TDPはSkylakeより抑えられている点などが違うSkylakeの強化版の様です。

カテゴリー: CPU , ニュース

2016 年 6 月 02 日

第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が発売、気になるベンチマーク結果は

昨夜8月5日に第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が発売されました
「Skylake-K」とはいかなるCPUなのか。「Core i7-6700K」ベンチマークで新世代マイクロアーキテクチャの実態を探る
では早くもベンチマークテストをしているので紹介します。

一般的なアプリケーション、実際のパソコン性能に近いベンチマーク「PCMark 8」で
「Skylake」Core i7-6700Kと「Devils Canyon」Corei7-4790Kを比較した結果はCore i7-6700Kが約2%高い結果となりました。

記事の内容を引用すると

グラフ1は,Turbo Boostを有効にした状態で実行したときの結果となる。i7-6700Kのスコアは,i7-4790Kに対して約2%高い結果となった。Intelが謳う10%にはまったく届かず,端的に述べて残念な結果だ。しかし,定格こそ4GHzで揃う一方,最大クロックだとi7-4790Kが4.4GHzなのに対してi7-6700Kは4.2GHzで200MHz低いCPUであるにもかかわらず,わずかに高い程度の総合スコアが出せている以上,Skylakeマイクロアーキテクチャで,クロックあたりの性能が相応に高くなっているとはいえそうである。
「Skylake」Core i7-6700Kと「Devils Canyon」Corei7-4790KのPCMark 8結果

まあ想像通りの結果ですね、大幅な性能向上は無いと言われてましたから
しかし2%向上している訳ですから今後購入するなら「Skylake」なのは間違いないです。

Skylake  Core i7-6700K のベンチマーク比較はこちらから

カテゴリー: CPU , ニュース

2015 年 8 月 06 日

第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が8月5日発売

大手パソコンパーツショップツクモツクモ本店PCパーツ部Twitter

8/5(水)21時から新チップセットと新CPUを発売開始予定です!

と告知しております、もちろん第6世代Coreプロセッサ「Skylake」と思われ
他のパソコンショップも同じように発売されると思われます。

以前第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が8月7日に発表 と書きましたが発売が早まった様です

早まるのは結構な事でお盆休み中に新しいCPUとそれが搭載されたパソコンを選べますね。

当サイトもできるだけ早く第6世代Coreプロセッサ「Skylake」搭載パソコンに更新していきますので是非ご利用くださいm(__)m

カテゴリー: CPU , ニュース

2015 年 8 月 04 日

第6世代Coreプロセッサ「Skylake」が8月7日に発表

やっとデスクトップ用の新しいCPUが発表されるようです
次世代Coreこと「Skylake」は8月7日と9月上旬の2段階で発表

2014年6月に発売された第4世代のCore i7-4790Kがまだ主流のデスクトップ市場
第5世代「Haswell E」はコンシューマ向けのみだった為、メインストリーム向けがやっと第6世代に入れ替わる様です。

まず最初に第6世代Coreプロセッサのデスクトップ版、開発コードネーム「Skylake-S」が8月7日に発表されるようです

8月7日に発表されるのは、
プロセッサナンバーの末尾に“K” が付くCore i7-6700KとCore i5-6500Kの2製品。

また9月の上旬にはノート、モバイル版の、Skylake-H、Skylake-U、Skylake-Yが発売されます。


Skylake-S、H、U、Y の比較表

コードネーム 形状 TDP 用途
Skylake-S LGA1151 95~35W デスクトップのLGAソケット向け
Skylake-H BGA 95~45W モバイルワークステーションやノートPC向け
Skylake-U BGA 25-15W 薄型ノートPC/2-in-1向け
Skylake-Y BGA 4.5W タブレット/2-in-1向け

デスクトップ版「 Skylake-S」のラインナップ

モデル名 コア/スレッド 動作周波数 キャッシュ メモリ TDP 倍率可変
Core i7-6700K 4/8 4.0~4.2GHz 8MB DDR4-2133
DDR3L-1600
95W
Core i7-6700 4/8 3.4~4.0GHz 8MB DDR4-2133
DDR3L-1600
65W ×
Core i7-6700T 4/8 2.8~3.6GHz 8MB DDR4-2133
DDR3L-1600
3.5W ×
Core i5-6600K 4/4 3.5~3.9GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
95W
Core i5-6600 4/4 3.3~3.9GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
65W ×
Core i5-6500 4/4 3.2~3.6GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
65W ×
Core i5-6400 4/4 2.7~3.3GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
65W ×
Core i5-6600T 4/4 2.7~3.5GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
3.5W ×
Core i5-6500T 4/4 2.5~3.1GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
3.5W ×
Core i5-6400T 4/4 2.2~2.8GHz 6MB DDR4-2133
DDR3L-1600
3.5W ×

カテゴリー: CPU

2015 年 7 月 14 日

インテル コードネームHaswell-E が発売!

Ivy Bridge-Eの後継CPUとして、ハイエンドデスクトップ向けに投入されるHaswell-Eは、Intelのコンシューマ向けCPUとして初めて8つのCPUコアを備えた「Core i7-5960X Extreme Edition」(以下i7-5960X)を筆頭に、6コアCPUの「Core i7-5930K」と「Core i7-5820K」、計3つの製品が投入される。

インテルから発表・発売された開発コードネームHaswell-Eはハイエンドデスクトップ向けのCPUで
最上位モデルのCore i7-5960X Extreme Editionはインテルの一般向けでは初めての8コアCPUだ!

haswell-e-core-i7-5960x

スペック比較表

  Core i7-5960X Core i7-5930K Core i7-5820K
コア数 8 6 6
スレッド数 16 12 12
動作クロック(定格) 3.0GHz 3.5GHz 3.3GHz
動作クロック(ターボ時) 3.5GHz 3.7GHz 3.6GHz
TDP 140W
対応ソケット LGA2011-v3

ベンチマーク結果だが【本日発売】ついに登場したDDR4対応CPU「Core i7-5960X Extreme Edition」レビュー
で詳しく掲載されてるので見て頂きたいのだが、概要を説明すると

下記3つの主要ハイエンドCPUを比較している

Core i7-5960X(Haswell-E)=8コア16スレッド/ 最大3.5GHz/ TDP 140W
Core i7-4930K(Ivy Bridge)=8コア16スレッド/ 最大3.9GHz/ TDP 130W
Core i7-4790K(Devil's Canyon)=4コア8スレッド/ 最大4.4GHz/ TDP 88W

最新の拡張命令セットも利用するSandraのProcessor Multi-Mediaでは、Haswellアーキテクチャで新たにサポートしたAVX2を活用した8コア12スレッドのCore i7-5960Xが他を圧倒しているが
実アプリケーションに近いPCMarkのスコアではCore i7-4790K(Devil's Canyon)が最も良い値を出している。

iCore i7-5960Xの8コア12スレッドは、マルチスレッド対応アプリケーションで使ってこそ真価を発揮するものであるということがわかった。

一般用途ではCore i7-4790K(Devil's Canyon)の人気は変わりなさそうだが、
8コア12スレッドをフルに活用出来るマルチスレッド対応アプリケーションを使用するのであればCore i7-5960Xを選択する価値は十分にある。


カテゴリー: CPU , ニュース

2014 年 8 月 30 日

AMD 4.3GHz駆動のFX-8370Eを発表

米AMDはFX-8370E、FX-8370を発表し、両方とも9月2日に発売される予定の様だ。

fx-8370e

仕様は
---------------------------------------------
FX-8370E
8コア4モジュール
動作クロック(定格)=4.1GHz
動作クロック(ターボ時)=4.3GHz
TDP=95W
---------------------------------------------

FX-8370
8コア4モジュール
動作クロック(定格)=4.1GHz
動作クロック(ターボ時)=4.3GHz
TDP=125W
---------------------------------------------

E付きとE無しの差ですが
E付きはTDP95Wの低消費電力モデルとなります。

ちなみにインテルの現在一番人気Core i7-4790Kと比較すると
---------------------------------------------
Core i7-4790K
4コア8スレッド
動作クロック(定格)=4.0GHz
動作クロック(ターボ時)=4.4GHz
TDP=88W
---------------------------------------------

残念ながら既にあるFX-8350からFX-8370E、FX-8370に目新しさは感じません
8コアの魅力はありますが、マルチスレッドへの最適化が進んでいるアプリは少なく
今、私が買うならCore i7-4790Kですね。

久々に登場したAMD FX新モデル「FX-8370E」
ではFX-8350、FX-8370E、FX-8370、Core i7-4790Kを比較したベンチマークがありますので気になる方はご覧ください。

AMD頑張れ!

カテゴリー: CPU , ニュース

2014 年 8 月 24 日

熱問題を解消した新しいCPU! Devil's Canyon

以前の記事ダブルグリスバーガーでの熱問題を解消した新しいCPUを発表 に記した

「インテルはこの熱問題を解消した第4世代Coreプロセッサ を2014年半ばに投入すると発表した」

そのCPUが定格4GHz TurboBoost時4.4GHz「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K だった!

そこでDevil's Canyonの次世代ポリマーTIMの実力がわかる記事が有ったので紹介する
Devil's Canyonの殻割りで、次世代ポリマーTIMを実力チェック


Core i7-4790Kを殻割りするとこんなになる
中央部分に有るのが次世代ポリマーTIM(一般的にグリスと言われる部分)
記事中では市販の高性能サーマルグリスとCPU温度の比較をしていて
結果は高性能サーマルグリスに匹敵する性能であった

Sandy Bridgeに使用されているFluxless solderer(はんだ)に比べれば劣るものの
それなりに熱問題は解消されたと言える。



私が最初に自作したパソコンのCPU Pentium III-1GHz


ヒートスプレッダなど無くこんな姿をしていてCPUクーラーをCPUコアに直接接触させていた
コアかけなどもあり慎重に慎重に作業していたのが…懐かしい

その後ヒートスプレッダの付いたCPUが登場にCPU装着が楽になったのを覚えている。

カテゴリー: CPU

2014 年 7 月 14 日

定格4GHz TurboBoost時4.4GHz「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K

コードネームDevil's Canyon(デビルズキャニオン)Core i7-4790Kが登場した!

コードネーム=デビルズキャニオンの名に相応しい性能を持つCPUで
悪魔のロゴもインパクトがある。

 

スペックは

4コア8スレット

周波数は定格で4.0GHz Turbo Boostで4.4GHz

内蔵グラフィックはHD4600

TDPは88W

対応ソケットはLGA1150

Core i7-4790Kが最上位CPUとなった訳だが今までの最上位CPUとの比較をしてみる


プロセッサ型番 Core i7 4790K Core i7-4790 Core i7-4770K Core i7 4770
コードネーム Devil’s Canyon Haswell Refresh Haswell Haswell
CPU動作周波数(定格) 4.0GHz 3.6GHz 3.5GHz 3.4GHz
CPU動作周波数(TB時) 4.4GHz 4.0GHz 3.9GHz 3.9GHz
コア/スレッド 4/8 4/8 4/8 4/8
GPU HD4600 HD4600 HD4600 HD4600
キャッシュ 8MB 8MB 8MB 8MB
TDP 88W 84W 84W 84W
倍率可変 × ×

コア/スレッド数、内蔵CPU、キャッシュに変わりは無いがCPU動作周波数に大きく違いがある

今までは0.1GHz刻みで上昇してきたものがCore i7-4790Kでは定格で4.0GHz Turbo Boostで4.4GHzと
一気に0.4GHzも上昇したのだ!これにはびっくり、その分TDPも88Wに上昇したが、
それは0.4GHzも周波数が上昇したのだがら仕方ないし納得出来る。

Core i7-4770KとCore i7 4770の場合定格で0.1GHzの差、TB時は同じ3.9GHz
実質、倍率可変が有るか無いかで(厳密には vProの有無等の差が有る)
K付きの違いはオーバークロックするかしないか、一般用途ではCore i7 4770で十分だった

しかし今回はCore i7-4790KとCore i7 4790を比較すると定格、TB時の両方0.4GHzもの違いが有る
選ぶとすれば迷わずCore i7-4790K!と私ならそうなる。

そんな魅力たっぷりのDevil's Canyon Core i7-4790Kなのだ!


カテゴリー: CPU , ニュース

2014 年 7 月 11 日

ダブルグリスバーガーでの熱問題を解消した新しいCPUを発表

開発コードネーム第3世代「Ivy Bridge」第4世代「Haswell」は高熱になる問題があった、

|¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯| ←CPUクーラー

¯¯¯|¯ ¯ ¯¯ ¯ |¯¯¯ ←グリス

|¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯| ←ヒートスプレッダ

¯¯¯|¯ ¯ ¯¯ ¯ |¯¯¯ ←グリス

|¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯| ←CPUコア

¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯ ¯

上の図の様に 熱伝導率の悪いグリスを2度使う為にダブルグリスバーガーと呼ばれていた。

第二世代「Sandy Bridge」はヒートスプレッダの接合に「はんだ」を使っていて熱伝導率は「Ivy Bridge」「Haswell」とは比べ物にならないほど良い、

「Ivy Bridge」「Haswell」は「Sandy Bridge」に比べTDPは低いがコアとヒートスプレッダの接合に使用されている
TIMペースト(グリス)の熱伝導率が5W/mKと非常に悪い為、オーバークロックすると高温になる問題を抱えていた、

ちなみにSandy Bridgeがヒートスプレッダの接合に使用している「はんだ」の熱伝導率は80W/mKと桁違いにイイ!

「Ivy Bridge」「Haswell」の熱問題にオーバクロッカー達は「殻割り」と言われるヒートスプレッダを剥がす荒業も!

殻割りは剃刀などでヒートスプレッダを剥がすらしいが、破損するリスクが多分に有るのでオススメ出来ない。
Intelの新CPU「Ivy Bridge」が高熱になる「ダブルグリスバーガー症候群」状態参照

インテルはこの熱問題を解消した第4世代Coreプロセッサ を2014年半ばに投入すると発表した。

特にオーバークロッカーには要注目のCPUである。

オーバークロックせずに定格周波数で使用する私は性能面に向上があるのかを注目したい、今後スペックなど解り次第お知らせします。

カテゴリー: CPU

2014 年 3 月 24 日



最新のパソコンを比較して選び方をアドバイス

BTOのパソコンを比較するなら ©2003